話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

生産職を極めた勇者が帰還してイージーモードで楽しみます

ヨナ

やっぱり東京




「ふんふんふふんふ〜ん」

自動車を確保してから2時間強、俺は東京に向かって車を走らせていた。車を走らせているというと語弊があるか。俺が改造した魔導車は完全自動運転だ。俺はアクセルもブレーキも踏んでいないし、ハンドルも操作していない。ハンドルに手を置いているので一見俺が運転しているように見えるだろう。

『マスター、聞いてもいいですか?』
「なんだ?」
『どうして転移しないのですか?」
異世界魔法の代名詞の1つ転移魔法を俺は使うことができる。行ったことがあるところなんて制限はない。座標を指定すればいいだけだ。向こうの世界ではもっと不便だったがこっちでは緯度経度なんて便利なものがあるからかなり楽だ。

「《転移》を使わない理由は特にない。強いて言うならドライブを楽しみたいからだ。ほら、向こうでは自動車なんてなかっただろう?」
『なるほど』
「と言ってもそろそろ飽きてきたし転移してもいいかな。金がないから高速に乗れなくて進むのが遅いんだよね」
俺は金がない。残り少ないとかではなく、全くない。無一文である。

「じゃあそろそろ転移しようかなぁ」
『どこにしますか?』
「そうだな。もうだいぶ暗くなってきたしあそこにしよう《ポイント・東京渋谷》」
『イエス。転移します』
俺達は車ごと転移した。夜の渋谷は小遣い稼ぎにちょうどいい場所である。適当に稼いで美味いもん食おう。


渋谷に転移した俺達は自動車を丸ごと異空間にしまって夜の渋谷を歩き出す。
「タッタラララ〜♪さてさてどこかなぁ」
俺は辺りをキョロキョロ見渡しながら進む。色々な人達がいるものだな。帰りを急ぐ会社員、稼ぎどきだとせいを出すキャバ嬢、思春期真っ盛りのチンピラども、今日もせっせと悪事を働く本職ヤクザ。かなりの人でごった返している。

「う〜ん、なかなかいないもんだなぁ」
お目当ての奴らがいなくてボヤく。
「ーーーーーーーーあっ!見つけた」

俺の視線の先には裏路地があってそこで1人の女子高生?がチンピラ5人に囲まれていた。他の人は関わらないようにしているところに俺はズンズン近づいていく。

「いいじゃんかぁ!遊ぼうぜぇ!」
「そうそう。ちょっとだけだって」
「や、やめてください!」

「おうおう、嫌がってんじゃん。やめてやれよ、兄ちゃん達」
ニヤニヤしながら俺は突っかかっていく。
「あ?んだよおっさん!」
「すっこんでろや!」
俺はさりげなくチンピラと女子高生の間に身体を割り込ませる。
「ここは任せて行きなさい」
大人の余裕でニカッと笑ってやる。女子高生はどうしようかと迷った末、ぺこぺこ頭を下げながら逃げていった。自分が怖くても俺の心配ができるとは優しい子だな。

「おいおい、おっさん!何してくれてんだよ!」
「いい歳こいて正義の味方のつもりかぁ!?」
いきり立つチンピラ相手に鼻で笑って見下してやる。
「はっ、情けねぇな!テメェ1人じゃナンパも出来ずに群れて脅しとはなぁ!」

「あぁ!?」
俺の言葉にキレて殴りかかってくる。俺は狙い通りとニヤリと笑って5人全員ボコボコにした。魔族どころか向こうの世界の一般人よりも弱いコイツら相手なら目を瞑ってでも勝てる。


「「「「「すんませんでした!」」」」」

数分後、俺の前に5人揃って土下座していた。
「粋がるのもいいが相手を見てやれや、小僧ども」
「「「「「は、はい!」」」」」
「じゃあ、誠意ってものが必要だわな。全員財布出せ」
「「「「「っ!」」」」」
「おう、ガキのくせに全員3万も持ってやがんのかよ。夜にこんなに持ってたら危ねえからよ。俺が貰ってやるぜ」
俺は合計15万を巻き上げてその場を離れた。

向こうの世界でもこうやって盗賊どもで小遣い稼ぎをしたものだ。俺の持論だが「小悪党は金になる」日本にいた頃は暴力は良くないとか思ってた気がするけど20年も戦場で過ごしたらそんな倫理観は無くなっている。

『マスター、あの人達の記憶を操作しなくてもいいんですか?』
「ああ、いいんだよ。ミシェ、いいこと教えてやろう。目に見えなくても金ってのは繋がってるんだよ」
『どういうことでしょう?』
「ん〜、すぐにわかるから内緒。それより腹減った。飯を食いに行こう」

近くの夜でもやってるファミレスに入って腹を満たす。向こうで過ごしたせいか俺は結構な大食いで3人前は軽く食べる。それにやっぱり日本の料理の方が向こうのより美味い。
「あ〜、美味い飯はいいなぁ」
『マスターは他の生産職は極めましたが料理だけは壊滅的でしたね』
「そうなんだよなぁ。何故か料理が爆発するんだよ」
俺は唯一料理だけが鬼門なのだ。


ステーキを5枚平らげて食後のコーヒーを楽しんでいると
『マスター』
「ああ、わかってる」
俺がいるファミレスにいかにもって感じのチンピラが10人ほど入ってきてまっすぐ俺の所に来る。
「おう、ちょっとツラ貸せや」
「逃げんじゃねえぞ」
威嚇するように言ってくるが俺としては子供が粋がっているくらいにしか思えない。

「店員さん、ここに金置いとくよ。お釣りはいらない」
万札を1枚テーブルに置いて立ち上がる。
「じゃあ、行こうか」

チンピラの後について店を出ながらミシェにこそっと話しかける。
「これが金は繋がってるってことだ。財布が自分から来てくれただろう?」
『成る程。流石はマスターです』
そう。あの手合いのやつは一度痛めつけられたくらいでは反省しない。仲間を呼んでもう一度くるのがわかっていた。俺としては回収する財布が増えて喜ばしい限りだ。

因みに俺以外にミシェは見えていない。存在が見えないのではなく、見えないようにしているのだ。つまり幽霊の類ではなく、魔法的な光学迷彩を使っていると思えばいいだろう。


この後、ビルの一室に連れていかれた俺はそこで待っていた奴らも合わせて26人ほどボコボコにした。収入として30万近く手に入れた。
魔物を倒して、その素材を売って金を得る。人間を倒して財布をとって金を得る。似たようなものだ。



俺は食後の運動もできて少々お高めのホテルで気持ちよく眠った。




「生産職を極めた勇者が帰還してイージーモードで楽しみます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • べりあすた

    何回読んでも飽きない!!!

    3
コメントを書く