奴隷の少女は処女を守りたい

メジェド神

奴隷に転生しちゃったのですが。

皆さんこんにちは、朝比奈雛子、ゲーヲタク現役JKです。
今回私、不慮の事故(エロゲ歩きながらやってたら車に轢かれた)に会い運悪く死んでしまいましたが、女神様(ツインテロリ美少女)に都合のいい転生先を紹介してもらい楽し異世界ライフを送るはずだったのですが、あのバカ女神転生先をとち狂ったようで(おそらく)奴隷の少女として生きることになりました。

運が良かったといえば、黒髪黒目だというもののそこそこの可愛さだったこと。
胸は平均にあること。
視力はよかったこと。

いいんだけど、いいんだけどさ。

まさか、ヤる直前の奴隷の少女に魂入っちゃうなんて思わないんじゃない?
目を開けたら天井に鏡あるし服ひん剥かれて鎖で身動き取れないし。
金髪碧眼おじさんが盛っております。
物はでかいです。
私に入るとは思いません。
濡らされてません。


ふと、耳にクソ女神の声が届きました。
「ごっめん、とち狂って転生先間違えたんだけど転生し直しは出来ないから頑張って☆」


「アサヒ…、股開け」

耳に聞こえる低くて甘いの声が背筋をなぞる。
だから、私は、朝比奈雛子は叫ぶことにした。


「お前のでけぇ物が私に入るわけないだろ濡らしてねぇんだぞ殺す気かぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」


「奴隷の少女は処女を守りたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ただのアニオタです

    続き待ってます

    0
  • ノベルバユーザー254418

    続け~!

    0
  • オットセイ

    続きお待ちしております!

    0
  • kako

    続き全裸待機

    0
コメントを書く