世界にたった一人だけの職業

Mei

宿へ。そして、救出計画。 ー1

「そうか……。それで、その後は?」

「……っ。その後ににいにとお父さんが殺されたの……! その後、あたしは……! あたしは……!」

 少女が辛そうな声音でその続きを言おうとするが……。

「……ありがとう。もういいよ。……辛かったんだね……。君はよく頑張ったよ」

 蓮斗が優しく包み込むように少女を抱きしめ、それを制した。

「うぅ……。うわあぁぁぁぁぁん!!」

 少女は今まで我慢していたのだろうか。一気に感情を爆発させたように泣き出した。蓮斗も少女の話を聞いたが……想像以上に辛いものだった。先程までは、蓮斗の戦いに興奮していたせいで一時的に悲しさに耐えられただけだったのだ。蓮斗は暫くの間、その少女を抱き締めながら、少女の乗っていた馬車を襲った「ザティック盗賊団」について考えていた。奴等の本拠地は、グライシアス鉱山という場所にある。"地図マップ"で調べたところ、ソリューカの森の更に奥に位置する所だった。連れ去られた奴隷を助けるにしても、「ザティック盗賊団」のことはあまりわかっていない。どのくらいの規模なのか、どの位の奴隷を抱えている状態なのか。少なくとも奴隷を得たその日に売り払うということは無いだろう。今日は川崎も心配してるだろうし、一旦宿に戻って……。

 蓮斗がそんなことを考えていると、安らかな寝息が蓮斗の耳に届く。

「……泣き疲れたのか。取り敢えず宿に戻るか……」

 蓮斗はそう呟き、少女を抱え宿に戻ろうとしたが……。

「……もう一度試すか」

 蓮斗は先程試みた魔法をもう一度試してみようと思い、魔法を唱える。今度は詠唱付きで。

「我、死者に再び生を与える者なり。精霊よ、我の願いを聞き届けたまえ……。"蘇生リバイブ#"」

 蓮斗が魔法陣を想像しながらそう唱えるが……魔法は効力を発揮せず、辺りは相変わらず静寂だった。

「…………はぁ……。駄目か……」
 
 蓮斗はやっぱりかという風に溜め息をつき、項垂れる。一回目も無詠唱でやってみたものの結果は失敗に終わったのだ。何か決まった方法や手順でもあるのだろうか?

「……考えてても仕方ない。一旦宿に戻るか」

 蓮斗は、今度こそ宿の方へ魔法"速度上昇スピードインクリーズ"を使い、超スピードで向かっていった。





「もう! 蓮斗くん! 何でこんな遅いの!」

 宿に帰ると案の定川崎がご立腹の様子で宿の外で待っていた。

「悪い、川崎。ちょっと色々あってな……」

 蓮斗はそう言いながら自身の腕に抱えた少女を見せた。川崎はそれを見て、少し溜飲を下げたようで。

「……何があったの?」

 冷静な口調で蓮斗にそう問うた。蓮斗も川崎の怒りが少し収まったことにホッとし、これまでの経緯を説明する。

「……実はこの少女が乗っていた馬車が先程盗賊に襲われたんだ。その際に周りにいた護衛は全滅。挙げ句にはこの子の兄と父親も殺されたようだ。少女は盗賊に弄ばれそうになっている所を俺がたまたま見つけて助けたんだ」

 川崎は蓮斗の話を聞き、そうなのね……と俺の腕で安らかに寝息を立てて寝ている少女に哀れむような表情を向けながら言う。

「……事情はわかった。この子は私の部屋で預かるよ。丁度レミリーもいるし、いいんじゃないかな」

「そうだな。宜しく頼むよ」

 蓮斗も川崎の提案に同意のようで頷いて答える。実際、川崎から提案がなければ蓮斗から言い出そうと思っていたのだ。それを川崎から言い出してくれたのだ。川崎に怒られた直後の蓮斗としては非常にありがたいことだった。

「川崎。俺はこれから秀治の所に行ってくる。この子の事、宜しく頼む」

 蓮斗はそう言いながら川崎にその少女を渡す。川崎がその少女を受け取ったのを確認すると、蓮斗は急いで秀治の元へ向かうーーが。

「……蓮斗くん。あんまり無茶はしないでね?」

 その前に川崎が心配そうな声で蓮斗にそう言う。蓮斗はやっぱり川崎に隠し事は出来ないなと思いながらも川崎の言葉に答える。

「……ああ。無茶だけはしない」

 蓮斗はそう短く言葉を返すと急ぎ足で秀治の元へ向かったーー。

 



 


「世界にたった一人だけの職業」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く