世界にたった一人だけの職業

Mei

1章 目覚める。そして、陰謀始動。

目が覚めると、俺たちは全く知らない居場所にいた。足元にはさっき先生が発動した魔法陣と同じような模様をした魔法陣があった。
 クラスの皆はあいにく混乱しているようで、
「どうして、こんなことに……」
「先生……なんでなの?」
 などと口々に呟いていた。
 だが、ここには先生がいない。何でだろうと俺は疑問に思った。
 なぜ俺がこんなに冷静なのかと言うと、わめいたり、現実逃避をしていてもなにも始まらないからだと思ったからだ。
 そんなこんなしていると、俺たちのいる場所の巨大なドアの外から足音が聞こえてきた。足音からして二人分くらいか……?
  俺とその他何人かの落ち着いたクラスメイトがその足音に警戒する。すると、巨大なドアはギギギ……と大きな音を立てて開いた。すると、やはり俺の予想通り二人の人物が中に入ってきた。俺たちは目の前の二人が敵かもしれないと思い警戒を緩めなかった。
 目の前の二人のうち、一人は幼く見える女で、もう一人はひげをはやしたそこそこ歳のいってるおじいさんだった。幼女のほうは金髪で、容姿も整っており白いネグリジェ姿に、白いスカートという清潔な格好で、おじいさんのほうは、黒を基調とした執事服のような格好をしていた。少しの間重たい空気が場を支配していたが、やがて幼女が口を開く。
「…あなた方が、リシール・パラティーナに召喚された方たちですか」
「リシール・パラティーナ?」
 高峰が聞き覚えのない名前に反応を示す。
「ああ……あちらでは坂井舞花先生で活動しているんでしたっけ?」
「あ、あの人が……!?」
「ええ。パラティーナは、あちらの世界で、こちらの世界に召喚できる人材を探していました……。その人材として選ばれたのがあなた方です」
「そ、そんな……」
 呆然としている高峰は置いといて、俺は当初から気になっていることを尋ねた。
「あの……。ところであんたら誰?」
「あ、すいません申し遅れました。私はメラルース王国第一王女のリファード・レミリーです。以後お見知りおきを。そしてこちらは、サイラス・リオーネです」
「以後お見知りおきを。因みにここは王宮ですのでご安心を」
 おじいさんすなわちサイラスは、王女から紹介を受け、軽く一礼した。
 しばらくしてクラスメイトたちの混乱がおさまり、それを見計らった王女は、
「詳しいことは、謁見の間にて国王陛下から直々にお話されるでしょう。……サイラス。この者達を謁見の間まで案内してください」
と言って案内を促した。
「かしこまりました」
 王女にそう言われたサイラスは、俺たちを謁見の間まで案内した。
 謁見の間についた俺たちはその造りに驚かされた。謁見の間は広大な空間で、国王陛下のいるところ以外赤いマットが一面に敷かれており、目の前の一段高い場所に椅子に座った国王陛下がいた。天井には、淡い光を放つシャンデリアが設置されていて、場の静けさや荘厳さが一層強調されている。謁見の間の両サイドには、護衛の騎士たちが綺麗に整列している。
「陛下。ただいま戻りました」
 幼女……いやレミリーが跪き、短い報告をする。レミリーが跪いたので、俺たちも慌ててそれを見習い跪く。
「そうか。ご苦労だったな。レミリーよ。して、時にソナタたちが召喚されし者達か?」
「は、はい」
 少し戸惑いながらも、きっちり答えを返す高峰。さすがクラスのリーダーだな。
「ソナタたちに問うが、自分の職業は確認したか?」
「職業?」
 誰かが疑問の声をあげる。
 それに答えるように王女が国王陛下に代わり、職業について説明を始める。
「はい。職業とは、錬金術士、勇者、剣士などのことです。それぞれ人によって適正も違って、その人にあった職業がこちらの世界に召喚された時にランダムで選択されているはずです」
「……どうやってみるんですか?」
 高峰が皆が思っているであろうことを代表して聞いてみる。
 「ステータスオープンと心のなかで唱えてください。そうすれば、ステータスが表示されます。もちろん、人に見られたくなければ、名前以外は非表示にできます。それができたら、ステータスの名前の右側を確認してください。職業がそこで確認できます」
 王女が一通り説明を終える。そこで国王陛下が口を開く。
 「今ここでステータスを確認してほしい。職業が勇者だった場合は私に直接申し出て欲しい。勇者はソナタたちの中から一人だけ選ばれる。かしこまらんでもいいから、立ってステータスを確認してくれ」
 国王陛下にそう言われ俺たちは立ち上がり、ステータスを表示する。
 皆自分のステータスを見て、驚いたり、落ち込んだり、喜んだりしている。召喚された時の皆の動揺はどこへいったのか。……まあ考えても仕方がないか。
 俺は少し溜め息をつきながら、心の中でステータスオープンと唱え、ステータスを表示する。
 ステータスはざっとこんな感じだ。

 柏沢 蓮斗Lv.1  職業:生成魔術師
 
 生命力    2700
 魔力     3000
 魔法展開速度 3500
 魔法耐性   4000
 想像力    4000
 スピード   2200
 攻撃力    3200
 防御力    2600
 
 スキル
 魔法生成、無詠唱、全属性耐性、気配遮断、気配察知、状態異常耐性

 そして職業説明欄には……
 想像力次第で、どんな魔法でも打てます。
 それだけだった。
 …………説明少なすぎだろおおおおおぉぉ!!
 なんだよこれ!?まあ確かに、確かにすごいんだけども……!もう少し詳細に説明してくれええええぇ!!
 そんなことを心の中でのたうちまわっていると、
 「……ねえ大丈夫?」
不意に声が聞こえ、少し驚いたが声のした方を向いてみる。
 すると、そこには学校一の美少女川崎春香その人がいた。
「どうしたのって何が?」
「だって……頭抱えて唸ってるような仕草してたから……」
 出てたんだなー。仕草。あははは……自重しなければ。
「ね、ねえ柏沢くん。ステータスどうだった?」
 川崎が少し頬を赤らめながらそう聞いてくる。
 なぜ頬を赤らめるのかわからなかったが、まあステータスは見せても問題ないだろう。そう思い、ステータスを川崎へ見せる。
 すると、
「……柏沢くん。こ、このステータス値ちょっと高すぎじゃない?」
「………………へ?」
 府抜けた声が出てしまった。
「ちょ、ちょっと川崎のも見せてくれないか」
 川崎は頷きステータスを見せてくれた。

 川崎春香Lv1  職業:治癒師
 
 生命力     900
 魔力     1200
 魔法展開速度 1100
 魔法耐性   1300
 想像力    1500
 スピード   1000
 攻撃力     800
 防御力    1200

 スキル オートヒール(一定時間内に10ずつ回復)、聖なる光(全体回復、単体回復)、

 これが川崎のステータスだ。
 「…………は、はは。勇者の高峰よりは低いだろう?おれのステータス」
 そう。勇者は高峰なのだ。本人の喜びようからも間違いないし、何より国王陛下に報告していたのが証拠だ。
 俺は冷や汗を流しながらも言葉を紡ぐ。だが、川崎はそれを否定した。
 「いや……高峰くんが見せてくれた……といっても強引に見せられたんだけど、ステータスは柏沢くんよりも低かったよ?」
…………………………
「まじかーーーーーーーーーーーーー!!」
ついに耐えきれず叫んでしまった。
皆が一斉にこちらを向いたが、気づかずに一人だけ叫び続けていた。


ー皆が寝静まった夜の王宮の一室にてー
「レミリーよ。もう少しじゃな」
「ええ。もう少しで国王陛下の望みが叶います」
「あの、駒どもがきちんと布石通りにうごいてくれるか……」
「そこが国王陛下の頑張りどころだと思います」
「そうじゃな」
 今話しているのは国王陛下と第一王女のレミリーである。二人はあの勇者たちに向けていた笑顔とは異なる不気味な笑みでこれから始めることに高揚感を隠し切れなかったのだった。


 


 
 
 

 
 

「世界にたった一人だけの職業」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー262265

    頑張りどころっていうのは陛下に失礼だから、陛下の手腕にかかってます。みたいな感じの方がいいと思います。すいませんでした

    2
  • ノベルバユーザー276254

    勇者達の先生もグルなんかなぁ〜。

    2
  • ノベルバユーザー284939

    悪い人だ!

    2
  • shoka

    ネグリジェって今まで下着の一種だと思ってた

    3
  • 如月 時雨

    大体召喚する側って酷い奴らだよね
    あと、勇者と周りがクズ

    5
コメントを書く