チート過ぎる主人公は自由に生きる

治部郎

〈閑話〉 記録2

魔神達は封印された。鍵式となっている。その鍵は、それぞれの神が持っているため、神以外は持ち込めない。つまり、復活はあり得ないのだ。今、現時点で脅威となる者はいない。だが、先程、龍族最強の黒龍と魔神軍幹部を名乗る男が現れた。今、確認されている2人ではなにもならないので、神々達は放置している。だが、僕らにとっては、脅威である。ついでにまた相手戦力が増えるのではないかと。早く討伐しないと。勇者様を主として、戦力を固め、戦おうと決意した。





          ーー第30代国王アメスティーナーー

「チート過ぎる主人公は自由に生きる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • MINAMI

    内容は、
    悪くない。
    書き方を
    変えれば
    良くなると思う。\\\\٩( 'ω' )و ////
    ガンバ! (*´∀`)♪

    1
コメントを書く