チート過ぎる主人公は自由に生きる

治部郎

〈閑話〉 勧誘

勇者『魔王は死に全ての魔族は死に去った。後はお前だけだ、魔王軍最強裏幹部黒龍ダークグリフォン。貴様を倒し、世界を平和にして見せる。』

幹部『そうはさせん。貴様を倒して亡き魔王の意思を継ぎ魔王軍を再結して、人間共を滅ぼす。』

2人がぶつかる。最後の戦いだ。2人の攻撃が交わる瞬間の事であった。気づいたら2人の攻撃は消えていた。

?『まてまて。慌てるでない。そこのダークグリフォン、お前を勧誘しに来た。我が主がお前を欲しがってな。だから、ここで死なせる訳にはいかねぇ。俺らの領地に来てもらう。』

勇者『何者だ、貴様は。』

?『魔神軍幹部の1人ファラキオスだ。』

そういって、立ち去って行った。




魔神軍とは、基本的に地上の事には関与しません。地上の者が攻撃して来るのなら別ですが。魔神軍の主は一千年前封印されたはず。封印は解けるはずもない。(焦焦)

「チート過ぎる主人公は自由に生きる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く