チート過ぎる主人公は自由に生きる

治部郎

2話 またか戦争だ

兵士1『たっ大変です。帝国の者が攻めて来ました。』
家臣『バカな。ここは、不可侵入地域なはず。どうやっても許可無く入る事は、許されない。そもそも入れないはずだ。』
兵士1『それが、よくわからないのです。時空が歪み無理矢理入ってきたみたいで。』
兵士2『こちらからも報告が』
大臣『なんだ』
兵士2『只今、魔王軍の軍勢がこちらにきています。あと、不可侵守護結界魔法は破られました。』
大臣『破壊魔法か』
メース『我らは守りの國守り抜いて勝つ。第2海神隊はワレと共に続け』
隊員『おおー』

第2海神隊は魚人と人魚と人間で組まれているチームだ。約1000名。そもそも、ここの種族は数が少ない。その分、相手に自分から攻撃は出来ないが、守りの面で追い返しているのだ。いつもはその調子で勝っていたが、今回は分が悪いと言えよう。帝国と魔族が同時に攻めてきたのだ。まるで組んだんかと思わせる様に。2つの勢力とも、目的が人間界の支配だから。組んでもおかしくないか。なぜこの様な事を知っているかって。それは2つの元メンバーだからだ。王がご帰還になるまで持ちこたえて見せます。ですが、出来るだけ早く戻って来て下さい、我が王よ。


僕達勇者25名は観光を楽しんでた。緊急の鐘が鳴った。もうここ以外、居場所は無い。守り抜いて見せる。第2海神隊と共に敵のいる所に向かった。




部下による俺たちだけの会議
フカ『いっえーい』
整水『なぜ貴方はそんなにテンションが高いのですか。』
孝明『えー1名足りないですが始めようと思います。まず、私が作った不可侵守護結界魔法が破られました。なので、新しい守護結界魔法を張りたいと思います。』
フカ『えーこわれたのーやっばーい』
整水『では私は、魔族を攻めますか。フカは王の迎えを。』
フカ『ハーイ(棒)』
孝明『まあまあこれにて終了。ハイっ各自現場に戻って。始めるよ。』


孝明  LV75
種族  深海族
体力  86000
攻撃  86000
魔力  86000
速力  90000
スキル 不可侵守護結界魔法 深海魔法
            不可視  守護結界魔法 

フカ  LV69
種族  人魚族
体力  79000
攻撃  92000
魔力  90000
速力  80000
スキル 俊速 高速 水魔法

整水  LV73
種族  魚人族
体力  50000
攻撃  80000
魔力  80000
速力  65000
スキル  水砲弾  水流  水龍召喚 

メース LV82
種族  海王族
体力  85500
攻撃  86500
魔力  96000
速力  95000
スキル 破水  滅水  潜水



「チート過ぎる主人公は自由に生きる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 刻殺 歌姫

    もしかしてコピペ作品?

    4
  • 治部郎

    悩み中

    1
  • ノベルバユーザー74205

    言葉が並びすぎてて読みにくいし、内容も空っぽ。
    絵も他作品のものだし駄作過ぎるわ

    2
コメントを書く