チート過ぎる主人公は自由に生きる

治部郎

〈閑話〉オタの楽しい異世界生活

オタ『よし、獣人国に行ってみよう。』
皆    『『『『えっ』』』』
ヤハメ 『お』
4人『私じゃ不満ですか?』
オタ『だって本物見てみたいもん。異世界だよ。見なきゃ損じゃん。』


獣人国に行った。魔族との戦争中だった。人間との交流はあまり無いが、皆忙しくしてたので、あまりゆっくりできなかった。それでも、来て良かったと思う。ムキムキの獣人戦士やリーダーぽいのが、よく戦ってた。僕らは何もできない。だから、ふりふりの獣人っ子や美しい女狐達と遊んでたと言うわけでも無い。僕ら客人だけ楽しいなんてこの国の人達に申し訳ないと思った。ある日、獣人国のギルドに行ってみた。手助けになりたいと思ってた。けど自分はCランク冒険者。しかも今、両手に華状態。だからとあってか、怒られた。なにかのテンプレだとも思った。そして、奴らはこんな状態なのに、ナンパをしている。アニメでよく使う強い剣を召喚して、退治した。そして、結局は猫耳少女達と遊んでしまった。お礼だとか言って。こんなに大変なのにと思いながらこの国を後にした。後で新たな仲間、召喚してみようかなぁ。





ミミ  LV1
種族  獣人
体力  500
攻撃  600
防御  300
魔力  600
スキル 獣人化 萌え 
称号  オタ様の僕 愛でられる者


オタ『新しく仲間になるミミだ。』
ミミ『ミミです。よろしくなのー。』
4人『『『『きゃー可愛い』』』』
ヤハメ『まぁいいかもしれんな』
オタ『やらんぞ』
ヤハメ『褒めただけだよー』



新しい仲間が増えた。まだ、旅は続く。




作者『まぁここの主人公弱いしね。強くするつもりないし。ここは平和的仲良く楽しくしないとバトルシーンは少なめで』
戦士『平和だった頃のあの光景見せてやりたいよ。』
作者『同士なのかな』
       『次は海にしよう』

「チート過ぎる主人公は自由に生きる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 治部郎

    ありがとうございます。頑張ります。

    2
  • 治部郎

    早めに書き直したいと思っております。

    2
コメントを書く