チート過ぎる主人公は自由に生きる

治部郎

15話 勇者の仲間達


魔物共を倒した先に魔族がいた。なぜ魔族がいるのかはわからないが、目の前で親子が殺されかけている。助けに向かった。
千夜『水魔法、放水』
魔族『うっ』
千夜『大丈夫ですか。すみません私もは回復魔法を使えないのでこのポーションで回復してください。』
親子『ありがとうございます』
千夜『では行って下さい』
魔族『くらえー闇魔法 ウォ『させません。土魔法 ウォール・ライ』なにぃーーなんなんだ、この力は』
魔族は倒した。そしてまた、次々と倒して行く。






一方守備軍は悩んでいた所、聖女がきた。
臣下達『なぜ、このような場所に?』
聖女『集中全体結界魔法『二重』集中全体回復魔法『治癒』中級ポーション生成』



みんながより良い姿になっていく。人に笑顔が戻るのは、見ていて気持ちがいいものだ。ん?真司君から黒いなにかが。




真司は考えていた。どちらをとるか。いや、もう決まっていたのかもしれない。まぁ俺だってもうガキじゃねぇんだ。魔族と対面することに決めた。




俺は魔王軍第2軍団団員
黒鉄  哲也。何故人間である俺が魔王軍にいるかなんて理由は、闘いに挑み負けたから。一応、人間国では名が通ったんだが。『迅速の鉄者』Aランク冒険者として。そして、同じ人間と相見える。




剣士VS剣士  2人の剣士の戦いが始まった。連なる技のやり取り。見方によれば、戦いながら強くなっている。常人では見えない、瞬地の域に達してた。だが、真司にはまだ、早すぎてた。



哲也『疲れただろう。これで終いだ。』
真司『お互い様だ。』
哲也『神速のインパルス』
真司『剣鬼発動 武神切り』



決着がついた。真司の勝ちだ。団員でもこの強さ、まだまだ鍛えねば。




ーーどこかの国ーー
兵士『リトラス王国崩壊』
???『報告ご苦労。下がって良いぞ。』
兵士『はっ。失礼しました』

騒めきが落ち着かない。人間国は5つあった。ひとつは、荒れていて。ひとつは、潰れかけで。ひとつは、海であり。ひとつは、神殿の人達で作られ、もう一つは、先程、潰されたばかりである。ここでは、各国のトップが集まっていた。帝国は皇帝、小国は伯爵、海国(大國)は海王、神国は神父長。今日、会議に行くはずだった、王国の王様は潰れた。そした、この場は、争い事や、法廷を決める場所『人類会議』と呼ばれる所。今日もまた、話し声が響く。

「チート過ぎる主人公は自由に生きる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く