チート過ぎる主人公は自由に生きる

治部郎

10話 魔族の襲撃

1時間前、僕らは考え事をしていた。
桐生 加世 の場合
僕らは勇者。いきなり異世界召喚なんかされて、魔族を滅ぼせと、言われた。闘うなんていわれても、僕らはどこにでもいるような、一般人の高校生なんだ。力を持たされ戦えを言われても、ついさっきまで平和だったんだ。戦えるわけ無いじゃないか!ステータス公開日なんて、役立たずだ。なんて王様が言って2人追放された。勝手に召喚したのは、そっちなんだから、援助を与えることをしない事に不思議に思った。それから、1カ月が経ち、数名立ちや倒れ繰り返していた。倒れた人もいた。騎士団の団長は『これきしの程度で倒れてんじゃない。世界中の人々達は、これ以上に魔族共に苦しめられいるんだ。勇者がここらで倒れてどうする。』言われてみればそうだ。僕らはこの世界の住人の為に、この世界を平和にしなければならない。こんなことを思い、僕は前を向いた。

加瀬 真司  の場合
僕は加瀬真司。スポーツ抜群 自分で言うのはアレだが、かなり良い方だ。いきなり、
異世界召喚された時は、ビックリしたけど、小さい頃から、爺ちゃんや親父から『大人になったら道場の師範になるんだぞ。』なんて言われ続けていたから、剣術は好きだった。その、好きな剣術で、何かを出来ることは、嬉しく思った。最初に出て行った奴が、いたが、あまり気にしなかった。力が無いのが悪い。いや、冒険者になれるんだから、いいなぁと羨ましくも思う。実際、この世界の事何も知らないからあるのかも知らないが。



花咲  遥華 の場合
私達はいきなり、異世界に召喚された。で、ステータスを公開した日、私の好きな人、龍君が、追放された事を知った。今すぐにでも、飛び出して追いかけて行きたかったが、あの頃の私には力がなかったので、向かう事は出来なかった。私はこの気持ちを伝えたい。だから、また会える日を。この心に灯して。



荒咲 千夜  の場合
異世界に召喚された時は何かのドラマの撮影かなんかと思ってソワソワしていた。が、実際そうではなかった。先に2人追放されて、訓練中に脱落者が増え、魔物と戦ったり、能力(スキル)を見たりして、ここは、元の世界と同じ死んだら終わりの剣と魔法の世界、今まさに、ファンタジーの世界にいる事を実感した。私の職業は、魔術師で、主に後方からの援助と、言われたけども、頑張って倒そうと思います。


そして、勇者を紹介されるパレードが行われた。勇者は1人ずつ紹介された。(脱落者は除いて)その次の日から、王国から少し離れたダンジョンに向かった。ハードだ。ある程度たおせるようになっていった。その時、王国にいる兵士から、緊急連絡が入り、王国が危ないとの知らせが入った。騎士団の団長が凄い顔になっていたので、王様を助けるべく、直ちに王国へ向かった。




「チート過ぎる主人公は自由に生きる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    世界中の人々達は、これ以上に魔族共に苦しめられいるんだ。勇者がここらで倒れてどうする。』そっちが勝手に呼び出しといて何言ってやがるw俺ら(私ら)この世界の人じゃねぇし知らねえよwなんてひねくれた考えはしないのか…

    1
コメントを書く