チート過ぎる主人公は自由に生きる

治部郎

11話 仲間(?)

ー僕は王国が、そんな事を知らずにいた頃ー
         1人の暗殺者と闘いをしていた。
奴は木の下、自分は木の上にいた。相手は、気付いていないだろうと、思い、武器を手に取り、首を取りに行った。だが、手応えがない!だが、こんなことで、慌てる俺ではない。                           (気配察知・気配隠蔽・無音速移)  この間  5秒
敵に気取られない様、殺しにいった。この間3秒  刺して2秒コレで終わり。俺は10秒で、殺す男    なのに、負けた。その男は、龍。この男に         『 負けた。生きる意味もない。殺せ。』と話したが、『俺の眷属となれ』と言われ眷属になった。眷属とは、いわゆる、部下という事だ。今日からこの方の為に動く事になった。

ロイ    LV50
種族   魔族
職業  暗殺者

体力   43000
攻撃   43000
防御    10000
魔力(隠)  500

能力       気配察知・気配隠蔽・無音速移
ユニークスキル  無音状態
10秒間、全ての音を消す。

武器   ナイフ 

称号   元魔王の刺客
          黒田龍の加護
          黒田龍の眷属


スライド 次


new
ロイ   LV1
種族  人間
職業  無し

体力     80
攻撃   100
防御     50
魔力   200
運         30
 
武器   なし

スキル 火魔法  闇魔法

称号   龍の眷属




いきなりなんなんだというんだ。俺が結界術の訓練をしているのに、アサシンか?なぜ、おそってくるのか。返り討ちにしてやるか。結界術(中).これは、『創造』の力で作った。結界術は、レベルによって、威力が異なるんだとか。いつも常に決着術(小)を付けているが相手の強さがわからないから、一つ上げた。(小)でもそれなりに強かったからだ。そして、結果は俺の勝ち。俺は、そのまま、こいつを見捨てても良かったんだが、目の前で死なれたら縁起が悪いので眷属にしてやった。なかなか使えそうな奴だ。俺には新たな夢ができた。その為こいつ仲間という者を集めようと思う。そして、コイツが、言ってた魔王軍第0番隊団長決定戦に出ようと思う。この第0番隊は自由だと聞く。実際、初代魔王は、初代0番隊団長を、手の内に、おさめなかったらしい。まぁ、そんな過去の話どうでもいいんだ。そう、俺の夢は、この世界の実権を握る事だ。




遅れていた分ドーンとね。











「チート過ぎる主人公は自由に生きる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • カルラ

    奴は木の下、自分は木の下にいた。

    自分は木の上、ですか?

    0
  • 刻殺 歌姫

    一行目からおかしいです。
    僕は王国がそんな事を知らずにいた。
    に直した方が読者に伝わるのではないでしょうか?

    3
コメントを書く