チート過ぎる主人公は自由に生きる

治部郎

9話 魔族との戦い

俺は今、前線に立っている。つまりどういうことか、わかるか。戦争ということだ。我ら魔王軍の長、魔王様の為に人間国を襲ってる。しかも、情報により、今勇者は、王国に居ないということ。これを機に私こそ第2番隊団長代理の副団長 雷砲のアクとその部下魔族と魔物合わせて5万の兵で向かうとした。


兵士1『魔族だー』
兵士2『なにっ。すぐに、冒険者に連絡しろ』



冒険者ギルド
受付『緊急連絡、ただいま、魔物を連れた大勢の魔族が、こちらに向かっています。Bランク冒険者以上の方々は、門の前に集まって下さい。』
ギルドマスター『これより魔族討伐に向かう。この戦い死ぬかもしれないが、この街を守るためだ。了承して欲しい。この戦い、逃げたい奴は逃げてもいい。いるか?いないか、なら行くぞ。』
冒険者達『おおー』
冒険者1『そういえば、この間紹介されていた、勇者はどうしたんですか』
ギルドマスター『少し離れたダンジョンにいるらしい。先程、兵士が、呼びに行ったから、来ると思う。それまで、こいつら魔族に、指一本でも、街にいれさせるな』
冒険者達『ハイ』


???『何が守るだ。馬鹿馬鹿しい』
???『行くぞ』
???『はーい』

のちに龍の仲間になる2人の兄弟である。


王族達はーーーーー
貴族達は逃げようとしていた。王様は、戦うことを考えいた。家臣は止めた。
家臣1『ダメです。貴方は王なんです。貴方がいれば、また復活できますが、いなくなれば終わりなんですよ。』
王様『民が困っておる。その為に何もできないのは、それは王ではなくて別のなにかだ。我は王として生き王として死ぬ。』
家臣2『ですが・・・。』
王様『今から儂らは、闘う。オイ兵士、騎士団集めて王城の門に呼び集めろ。』
兵士『ハッ』



王国騎士団副団長レントと防衛軍副隊長コウカは考えた。王様を守る事を。誓いを立てたのだ。この誓いは、決して破ることは、許されない。騎士団副団長は王を命を賭けて守る事。防衛軍副隊長はこの王城を命がけで守る事。2人のトップがいない今、この2人に、かかっている。そして、王様から呼ばれた。この王国を守れと。2人を待ちながら。



1時間の激闘の内、緊張状態になった。



王城から悲鳴が聞こえた。その真意はすぐに分かった。王様が、死んだのだ。その後次々と王族は死んでいった。貴族達も。コレはどういう状況だ。僕らには、分からなかった。そう、さっきまで、ダンジョンにいたのだから。でも分かった事がある。僕らが遅かったせいでここ、王国が、世界地図から消されたのだ。

「チート過ぎる主人公は自由に生きる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く