チート過ぎる主人公は自由に生きる

治部郎

3話 追放

ついに僕の番だ。僕は堂々と前にでた。
黒田   龍
職業  召喚士
体力  50
攻撃  50
防御  50
魔力  70
運      70
スキル  召喚
称号  老師の加護

クラス中から笑い声が聞こえる。
大臣『・・・』
王女『・・・』
王様『そこらのゴミには用は無い。貴様には王宮から出て行ってもらう。』
王女『ですね。そこの兵士達、その者を外に連れ出しなさい。』
兵士『はっ』
兵士1『もうここには来るなよ』
兵士2『来る用事もねーけどな』
2人は笑いながら戻っていった。
そうして僕は王城から追い出された。







龍『いっやったー。自由だー。何しよっかなー。いやーでも、今、金無いし。よしっ今までの持ち物全部売るか』
持ち物  スマホ 
『ってスマホしか無いやん』
まぁ売る事にした。金貨15枚となった。
うえから大金貨=1000万  白貨=100万   金貨=1万   銀貨=1000   銅貨=100となっている。そして、15万になったので服を買いに行った。店長がドタバタなにやら大騒ぎでやってきた。
店長『この服を買わせて下さい』
龍    『あぁ、良いですよ!代わりに僕に似合う服を下さい。』
店長『はい。この者に似合う服を持ってきなさい』
店員『はい』
       『またのお越しをお待ちしております』
金貨10枚貰い5枚払った。今、持ち金は20枚となった。旅人か冒険者かどうしようか悩んでいたらSランクになれば旅人になれるらしいので、冒険者となった。1番下のFランク冒険者に。
龍『よーし・頑張るぞい』
こうして僕の異世界生活は始まった。






一方その頃、王城では
千夜『遥華やめなって』
遥華『離して』
加世『いってなにができると思ってんだ。』
遥華『それは・・・。』
真司『加世の言う通りだ。今に出来る事は力を溜める、次へ進む事ではないか。』

王女『話はまとまりましたか?では次の話になります。これからこの方々と訓練してもらいます。』
クラス全員『ハイ』
王様『王国騎士団長オガルと防衛軍団長ライオネルだ。オガルは剣をライオネルは魔法を教えてやれ』
両方『はっ』

王国騎士団長側
メニュー
走り込み
筋トレ
素振り
精神統一
長座
副団長と手合せ



防衛軍団長側
メニュー
座学
戦術・罠
魔力制御
魔法練習


王女『これを1ヶ月続けてもらいます。その後、ダンジョンに行きレベルを上げて下さい。』
団長『いくらなんでも1ヶ月は早いと思います。』
王女『王様にも許可はとっております。』
(勇者様方には早く強くなって、あの忌々しい魔族共を討ってもらわなければ、馬鹿にしている貴族達に示しがつかない。そして、いずれ、私の兵へと。ふふふ。)
こうしている間に、王国に黒い影が迫って来たのだがまだ誰も知るよしもない。







オタ『出番はいつ?』
作者『忘れてた』
作者『といっても本編ではオタはそれ程と関係ありません。』
オタ『それゆーなー!』












「チート過ぎる主人公は自由に生きる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • はるしお

    話の展開早すぎw 場面ごとの中身が薄い

    1
  • べりあすた

    がんばるぞい!

    0
  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    王様と王女ひでーな…www
    ほんの少しの(例えば食べ物なんか帰るお金とか)お金もやらずに追い出すって…読んだの自分達なのに…自分勝手すぎるだろ…よく王としてやってけるな…www

    0
  • 真砂土

    月さんちょっと言葉が強いけど、同感自分もそうだけどめんどくさがらないで頑張ればいい作品になると思いますよ!

    3
  • ノベルバユーザー145242

    言葉並べてあるだけみたいで展開早すぎてよくわからない。

    追放も・・・だけで周囲の状況もなしでは他の小説の主要部分コピーしてはってるみたいな小説

    3
コメントをもっと見る / 書く