ダンジョン経営なんてロクなもんじゃない!?

Mei

プロローグ

「あなた、ダンジョンマスターになりなさい!!」
 今、開かれた家のドアの傍に立ち、こちらを指差すフードを被った、身長も小さい少女がいる。
「……え?」
 僕の耳も遂に悪くなったかー。何か変な言葉が聞こえた気がするなぁ。まあ、聞き間違いもあるしもう一回聞いてみよう。
「そこの……えーと……幼女さん?もう一回言ってもらっていい?」
「私は幼女じゃない!! こう見えてもあなたよりも大分年上なんだけど!?」
 幼女さんは腰に手を当てプンスカ怒っている。……うん。威厳が全くない! むしろ幼さがより一層強調されたように思える! 
「はあ……。私はシーリー・レイフォルン。ドワーフ族よ。一応、これでも九ダンジョンマスターの一人なんだけど」
 ドワーフ族のシーリーと名乗った少女は、やれやれという風に溜め息をつく。
「あの……。住居不法侵入罪で捕まるから早く帰りな? 結構真夜中だから危ないよ?」
 僕はシーリーを優しく諭す。うん! ここは寛大に接した方がいいよね! 女子には優しくしろって誰かが言ってた気がするし。
「だーかーらー! 確かにそうかもしんないけど!! あなた人の話聞いてる!?」
「うーん……。何だっけ?」
 シーリーは額に手を当て、再び溜め息をつく。
「……。あなたにダンジョンマスターになってもらうために私はここに来たの」
「……え。えええええええぇぇぇぇ!!」
「今更驚くのね……」
 ぼ、僕がダンジョンマスター!? 確かにダンジョン探索は好きだけど……。ダンジョンの運営となると面倒くさいんだよなぁ……。縛られるのは僕の主義に反する。丁重にお断りしなくては。
「あ、あの……。誠に申し訳ないんですが……」
「あ、因みに九ダンジョンマスター会議で決定したことに拒否権は認められないから。訴えるのなら九ダンジョンマスターの長にでも訴えてね」
「なんでだよ……」
 何が悲しくてダンジョンマスターなんかやんなきゃいけないの? 何で、九ダンジョンマスター会議で僕の名前が出てくるの? あり得なくない? ……。いや、あいつなら軽く僕の名前を出しそうな気がする。はぁ……。しょうがない。
 僕は頭をポリポリと掻きながらシーリーに問う。
「……ダンジョンマスターって基本的にどんな事をするの?」
「そうね……。基本的には……」
 シーリーの話を要約するとこうだ。
 ダンジョンマスターの主な仕事は、危険なモンスターの駆除、ダンジョン内の冒険者の監視と安全の保証、ダンジョンコアの管理、ダンジョンの修復、ダンジョンの定期探索、ダンジョンのモンスターの管理である。
 ダンジョンコアとは、ダンジョンの構造の中心となっているコア(中核)のことで、これはこまめに管理しないとやばいらしい。
 次にダンジョンのモンスターなんだけど、これは、魔石が構造の中心だが肉体は本物なので当然襲ってくるし、切ったら血だって出る。まあ、これはこの世界なら誰でも知ってるよね。
 僕は一通りシーリーから説明を受け終えて、一つ溜め息をつく。
「……。何か大変な仕事を持ちかけられたよ……」
 僕は、そう呟きながら俯いていた顔を上げ、シーリーを見る。
「……。どうせ拒否権はないんだろ」
「無論ね」
「即答かよ……。仕方ない。ダンジョンマスターやるよ」
「じゃあ、決まりね。ここに書類があるからそれに書き込めば手続きは終わりよ」
「わかったよ」
 僕は書類に名前、性別、冒険者ランク等の必須事項を記入した。因みに僕の冒険者ランクはない。だから、無しと記入しておいた。だってギルド入ってないから。これは仕方がない。
 僕は書類の書き込みを済ませ、シーリーにその書類を渡した。
「はい。確かに受け取ったわ。名前は……ルーク・ハインド。性別は男。冒険者ランクは……。はあ? 無しってどういうことよ!?」
「いや、だって僕ギルド入ってないし……」
 シーリーは今日何度目か分からない溜め息をつく。
「まあいいわ。明日、あなたがダンジョンマスターをするダンジョンへ案内するわ。その時にあなたの実力も見せてもらうわ。もし、実力が示せなかった場合はダンジョンマスターを交代してもらうことになるかもしれない。……。明日、朝九時。またこの家に来るから。じゃあ」
 用件を伝え終えたシーリーは家のドアを閉めずにその場を後にする。
「人の家のドアくらい閉めてくれよ……」
 僕はそう言いながらドアを閉め、ベッドの傍まで移動すると、そのまま仰向けに倒れ込むようにベッドに身を預ける。
(はあ……。今日は一段と疲れた……。今日はもう何もする気力もないな……)
 僕はそのまま目を閉じぐっすりと眠り、明日に備えるのだった。
 




「ダンジョン経営なんてロクなもんじゃない!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く