死んで神を殴りたいのに死ねない体 ~転生者は転生先で死を願う!?~

八神

11. 最終回待ったなし

 「出来てるー?」

 軽い感じで、工房に入ると親方の元気な声が聞こえてきた。
 ここは、この町にある道具作りの工房なんだけど、領内だとピカイチの腕を持つ親方が居る。
 俺も色々作ってもらったっけな……卵焼き用フライパンとか……。

 最初はガキだと舐められていたが、話をするうちに意気投合し少しくらいの無理は聞いてくれる。
 というか親方は最近引退してしまったから、割と暇だったりする。


 「おう、ぼっちゃん。出来てるぜー! 相変わらず妙なもんを思いつくな。だがまあ面白かったぜ」

 「ぼっちゃんは止めてくれよ、俺ももう16だぜ?」

 「はっはー! わしにとっちゃぼっちゃんはぼっちゃんよ! ほら、ちょっと具合を見てくれよ!」

 親方……ドミンゴは俺を息子みたいに扱ってくれるのだが、少し気恥ずかしい。ま、良い人だけどな!
 さっそく足こぎボートの具合を確かめるとしよう。

 カチッ

 「このハンドル? ってやつを動かすと、後ろの羽が動くのは完璧だ」
 キコキコとハンドルを左右に回すと、尾翼が動く。うん、これで方向転換は問題なしだな。

 「足で何度も踏めば、水車みたいなやつが回って前に進む……いや、ぼっちゃんの発想はすげぇぜ」
 すいません……前世の知識で……。子供の頃、親に連れて行ってもらった湖にあった白鳥の足こぎボート……懐かしいな。
 これは屋根しかついてないけど。

 <ほうほう! いいじゃないですかぁぁぁぁ! これはポイント高いですよ? 港町やビーチ……いや待て、猟師にも売れるのでは!? 進水式しましょ!>

 「やかましいわ! 黙って見てろ! 言われなくても持っていくよ!」

 「ぼっちゃん……」
 俺が怒鳴ったせいで、ちょっと涙ぐんでいた。問いをとると涙もろくなるって本当なのね! って違う!

 「ああ、いやドミンゴせいじゃないんだ、俺は昔から発作があってな、急に口が悪くなると言うか、その……」

 「……いや、大丈夫だ。ぼっちゃんはそんな貴族じゃねぇってことは分かってる。おっと、早い所海へ持っていこうぜ、へへ楽しみだ」

 強がっているのは分かるが、あえて何も言うまい。

 <ところでその汚らしいおっさんは誰です?>ズズー……

 「一言余計な上に失礼なんだよお前は!」

 「おう……ぼっちゃん……」

 「あ! ごめん! 違うからな、今のはドミンゴに言ったんじゃないからな」
 
 <おっと、交代ですか? チャンネルはちゃんと変えておいてくださいよ?>

 カチッ

 切ったか……。たまに不穏な事をペラペラと言うなあいつは……。

 それはともかく、すごく落ち込んでしまったドミンゴと一緒にボート(二人乗り)をビーチへと運んだ。


 ---------------------------------------------------


 そしてここがビーチ。


 「この辺でいいか」

 今日は海で泳いでいないから、今は俺一人だ。
 ボートを制作するのに三日かかった(早いけど)から滞在時間は明日までである。

 え? アモルと一緒に寝た日? ……思い出せないでくれ……色々危なかった。いわゆるパターン〇というヤツだ……。
 (※その話を読みたいと思ったあなた! お便りください!)

 ボートを海辺近くまで運んでいると、ホテルから出てきたウェイクと母さんが俺を見つけて歩いて来た。

 「あら、ドミンゴじゃないー。いつもクリスがお世話になってるわね」

 「いえいえ、ぼっちゃんは昔から手もかかりませんでしたし……」

 「当たり前じゃない」

 「……っ! 今も発明品を作らせてもらったところでして……」
 
 「母さん、威圧するのは止めてくれ。ドミンゴが困ってるだろ」
 またも涙目になるドミンゴの前に立ち、母さんを牽制する。

 「あ、あら、ごめんなさいねドミンゴ!」

 「あ、あはは、大丈夫でさ!」

 強がったな。
 
 「わ、またクリス兄さん何か作ったの?」

 「ああ、足こぎボートって言ってな? これなら腕力が無くても足で漕ぐから、例えば力が無いお前でもすいすい進むんだ」
 腕力が無い所でぷうと頬を膨らますが、自分でも遊べるとなっては好奇心が勝ったらしい。ぺたぺたとボートを触りまくっていた。

 「まずは俺が試運転だ! 着水!」

 一応、沖まで行って帰れなくなってはとドミンゴがロープを屋根にくくりつけてくれた。
 しかし、俺は今日、沖に出て帰ってくるつもりは無いのだ。すまんな。

 バシャバシャ……。

 「お、良い調子だな」

 キコキコとペダルを踏んで前進すると、周りの人達がなんだなんだ? と注目してくる。
 後ろを見ると、日傘を差した母さんとウェイクが手を振ってくれた。

 ありがとう母さん、俺を産んでくれて! 楽しかったよ!
 ウェイクもアモルに負けないよう、俺の代わりに頑張って生きるんだぞ!

 しゅるしゅるとロープも伸び、結構沖までやってきた。
 ふう……いざとなると緊張するが……行くか。


 「あーバランスがー(棒)」

 ざぶん! わざとらしく海に投げ出されるように飛び込むと、俺は一気に底を目指す。
 服を着ている人間は溺れやすいと聞いたことがあるし、ここなら助けに来れる人もいまい。

 カチッ

 <あ!? ちょ! 何してるんですか! そんなことをしたらしんでしまいますよ!>

 「#ごべばべばいば__そのつもりだぜ__#! #じんばらぼぼえべろびょ__死んだら覚えてろよ__#!」

 <さっぱり分かりませんが!? 自殺じゃないでしょうね? 自殺は書類上、私に責任はありませんが、『貴方を選んだ』のは私ですから、監視役からしばらく外されてしまうんですよ! エリートのこの私が……!>


 「#びぶが__知るか__#! #ばばあびぼ__ざまあみろ__#! #ば__あ__#!? #びぶぼぼんば__水飲んだ__#……」

 <あ、ああ……!>

 オルコスの絶望した声が聞こえてきた。バカめ、どうせ何もできまい!
 あ……意識が遠くなってきた……起きたらオルコスの前だと……らく、でいいな……。



 ---------------------------------------------------

 【あの世】


 <ぐう!? まさか自殺を図るとは!>

 <ていうか、オルコスがちょっかい出しすぎなんじゃない? ボーナスが欲しいからってスイッチ使いすぎなんだよ>

 <……しかしそれでいい思いをしてるのは貴女も一緒ですよ?>

 <ぐ……で、でも本人も嫌がってるし、トイレとそのボートで結構ポイント入るでしょ? だから……>

 <人間の欲望には限りは無いんですよ?>

 <私達神だからね!? 二級神だけど、れっきとした神よ!?>

 緑のショートカットの女性神が慌てて訂正する。
 そしてその女性神がモニターを見て何かに気付く。

 <あ? あれ、何かな? 黒いのがクリス君にもう接近してるけど>

 <ん? ……ほほう、まだ神は私を見捨てていませんでしたね>

 <だから私達がそうだからね?>


 モニターに映る謎の影、それは一体何なのであろうか!
 

 ---------------------------------------------------


 足こぎボートを作り上げ(てもらい)見事海中へダイブすることに成功したクリス。

 だが、そこへ迫る謎の影とは一体!

 そして、オルコスの横に居た女性は何者なのか? いい思いとは何の事なのか?

 物語はここで終わってしまうのか。


 次回『お城のような建物』

 ご期待ください。
 

 ※次回予告の内容とサブタイトルは変更になる可能性があります。予めご了承ください。

「死んで神を殴りたいのに死ねない体 ~転生者は転生先で死を願う!?~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 八神

    >ラノベ大好きサムライさん
    いいねありがとうございます! 読んでください、是非……!

    0
  • 垂直抗力(元ラノベ大好きサムライ)

    よみたいお♡

    1
コメントを書く