異世界ピアノ工房

平尾正和/ほーち

25 導かれる意思

「クロードはさ、なんで、ウチに来たの?」
「なんでって……なんとなく、かな?」
「ふふ……だよねぇ……」

 漏れ出た声に力はなく、口元に浮かぶ笑みは儚げで、涙は止まらず流れ続けていた。

「クロードが店に入ってきたとき、すごく、困ってるみたいだった」
「まぁ、実際困ってたからな」
「だから、力になってあげようって、思ったの」
「うん」
「ピアノを弾く姿は、凄く素敵だった。クロードの演奏を聴いてるうちに、どんどんあんたに惹かれている自分に気付いたの」
「おう……」

 こうもストレートに好意を表現されると、さすがに照れて口ごもってしまったが、ライザはそんな蔵人の様子を気にせず続けた。

「クロードの力になりたいと思ったのは、なんとなく頼りなさそうだったから。クロードに惹かれたのは、素敵な演奏をするから。そう思ったんだ」

 相変わらず儚げな笑みを浮かべながら語るライザの口調は、どこか淡々としていた。

「どこか遠くの知らない場所から来たピアニストが、偶然ウチの店に現われて、素敵な演奏であたしの心を奪ったんだ」

 ライザの目からは、いまだ途切れず涙が流れていた。

「運命だと思った」

 運命、という言葉に、蔵人は思わず息を呑んだ。
 突然訪れた異世界で最初に出会った女性に惹かれ、身体を重ね合った。
 勘違いかも知れないが、心も通い合っていたと思う。
 恥ずかしくて到底口にはできないが、蔵人のほうでも運命的なものは感じていたのだ。

「でも違った」

 ライザの口元から、笑みが消えた。

「うぅ……クロードは……渡人わたりどで……」

 笑みが消え、小さく歪み、小刻みに震える口から嗚咽が漏れる。

「だったら……ひっく……あたしは…………守護者だ……」

 溢れる涙の量は著しく増し、ライザは両手で顔を覆って俯いた。

「ううう……だから……この、想いは……うぐ……あたしの、意思は……うああ……」

 顔を覆い、力なく丸めた背中が細かく震えている。

「ううう……」

 そこからはもう言葉にならないようだった。

渡人わたりどに、守護者、か……)

 断片的な情報ではあったが、不思議とライザの言いたいことが蔵人には理解できた。

「つまり、俺が渡人わたりどで、ライザが守護者だから、本人の意思とは関係なく惹かれ合ったと?」

 クロードの問いかけに、ライザは顔を覆ったまま、大きく頷いた。

 おかしいとは思っていた。
 突然見覚えのないところに放り出されたにもかかわらず、妙に落ち着いていた。
 多少警戒はしたものの怖れるというほどではなく、知らない街を歩き始め、何のトラブルもなく人のいる店にたどり着いた。
 日本でさえ初見の店に入るのを躊躇することがあるのに、なぜか迎え入れてくれるような気がして、すんなりと足を踏み入れた。
 街並みから少なくとも日本でないことは確かで、言葉が通じない可能性があったにもかかわらず。

『いらっしゃい!』

 綺麗な女性だと思った。
 彼女に声をかけられたとき、心の底から安堵したのは、言葉が通じ、態度が友好的だったからだと思っていたが、いまにして思えばそれだけではなかったような気がする。

 こちらの世界のことわりはよくわからないが、どうやら渡人わたりどという存在は守護者なる者がいるところへ導かれるようだ。
 そして守護者はその名の通り、渡人わたりどを護る存在なのだろう。
 だからこそ蔵人とライザは出会い、惹かれ合ったのだと。
 これまで得た少ない情報からこうも易々とその答えにたどり着き、しかもそれに間違いはないとの確信を持っているのもまた、何者かに思考を誘導された結果かも知れない。
 なるほど、ライザが自身の想いを“まやかし”と言いたくなるのもわかる。

 だが――。

「それがどうした?」
「え……?」

 蔵人の言葉に、ライザは思わず顔を上げた。
 彼は穏やかな笑みを浮かべ、ライザの顔を手で覆い、親指で頬を拭ってやった。
 驚きのせいか、彼女の涙は止まってしまったようだ。

「初めて見たとき、いい女だと思ったよ」

 ライザはまだ涙の残る潤んだ目を大きく見開いた。

「こんないい女がどうやら俺を好いてくれているようで、そのうえ夜までともに過ごせて、夢じゃないかと思った」
「ぁぅ……」

 その言葉で最初の夜を思い出したのか、ライザはまだ嗚咽に喉を震わせながらも頬を染め、視線を泳がせた。

「でも朝になって目が覚めても隣には君がいて、次の日も、その次の日も……それから何日もライザと過ごせた」

 それだけではない。
 ピアノを弾いて、客に喜んでもらって、うまいメシを食って、うまい酒を飲んで……。
 それはとても幸福な時間だった。

「ライザ、俺は……」

 蔵人の言葉に反応してか、ライザは再び視線を戻した。
 涙に潤んだ赤い瞳に見つめられ、蔵人は言葉を詰まらせた。
 いちど口を硬く結び、黒い瞳で彼女を見据えたまま、蔵人は大きく息を吸い、意を決したように口を開く。

「俺は、ライザのことが好きだ」
「……ぁ」

 ライザは目を見開き、口をぽかんと開けて小さく声を漏らした。

「詳しいことはよくわからんが、いまもそれは変わらん。ライザはどうなんだ? 俺が渡人わたりどで、君が守護者とやらで、だったらもう、俺のことはどうでもいいのか?」

 たたみかけるような蔵人の問いかけに、ライザは口を固く閉じ、眉根を寄せ、ふるふると頭を振った。

「……好き……あたしだって……」

 頬を手で覆われたまま、ライザは蔵人の目を見つめながら小さな声を絞り出した。

「あたしだって……いまもクロードのこと、好きだよぉ……!」
「だったらそれでいいじゃないか」

 お見合い、友人の紹介、マッチングサービス等々、人と人の出会いに他者が介在するなどよくあることだ。
 事前の情報次第で思考が誘導されることもあるだろう。
 勘違いで始まる恋など、有史以来いったい何度繰り返されてきたか。

「ライザはこの想いがまやかしかもしれないって言ったけど、恋愛感情なんてのはそもそもがまやかしみたいなもんだろ?」

 得体の知れぬ何者かに導かれたとして、そこに何の問題があろうか。
 いまお互いを想い合っているのであれば、始まりはどうであってもかまわない。
 刹那的な考えかも知れないが、蔵人はそう考えていた。

「いま、俺は君を好きで、君も俺を好きなら、それでいいじゃないか」
「うあぁ……クロードぉ……!」

 止まっていた涙が再びあふれ出す。
 蔵人は彼女の頬を手で覆ったまま、あふれ出した涙を指で拭ってやったが、それはとくに意味のない行為だった。

「ライザ……」

 愛おしげに名を呼び、蔵人が顔を近づけると、ライザはまつげの先まで濡れたまぶたをゆっくりと閉じた。

「異世界ピアノ工房」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く