話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生して3分でボスバトル!〜ボスを倒したら邪神になったので異世界の学校に通う〜

銀嶺夜空

目標はあった方が楽しいだろう?

携帯ぶっ壊れて投稿できなかった...申し訳ないby作者

─────────────────
   寮に帰り、晩御飯を作りながら俺はレイと話していた。

「レイよ、俺天才かも知れない...」

「...シン様は邪神、天才なんてものじゃない...」

「そういうことじゃなくてだな、今後どうするかを考えたって訳よ」

「ん...レイと幸せに暮らす」

「まぁそれもそうなんだが...取り敢えずこの国でどうするかって話よ」


   にんじり (人参のようなもの)という野菜を切りながら俺は考えを言う。

「魔法国家ゲイザー...つまりはこの国なんだけど支配しない?」

「ん...そうする」

「何も聞かないのかよ...まぁいっか。」

「ん...シン様がしようとした事をする、、それがレイの存在理由...」

「ははは...でも絶対怪我したり俺を庇ったりするなよ?」

「ん...シン様が悲しむ事もしない。」


   よし、しばらくの目標が決まったな!ついでに晩御飯も完成した!


   「じゃあレイ、俺ちょっと出かけてくるから留守番頼むぞ」

   俺はそう言い、窓から魔法を使って飛びある場所...国の中心にある王宮へ向かって行った。


   「新しく作った魔法を試すか...《時間操作》」

   これは最近ようやく完成した魔法の中でも最高傑作...世界の時間を操作する魔法...

といっても極端なもので自分が現在いる時間より後の0時か12時になるまで自分の存在を世界から切り取りなった瞬間再び存在を元に戻すというものだ。

   まぁ簡単に言うと瞬きしたら0時か12時になります、ただし過去にはいかないよって感じである。


「...0時か、腹も減ってないし眠気も感じないのに辺りが急に暗くなるのは違和感がすごいな...」

俺は闇魔法で姿を隠し王宮内へ入ろうとした。


   そこまでは良かったのだが王宮内へと足を踏み入れた瞬間途轍もなく大きな音で「シンニュウシャ一名、正堂マエ」と機械っぽい声が聞こえて来た。

その声が鳴った直後何人もの魔法士や兵士が俺の周りを囲った。


   俺は自分の姿を見ると、魔法の効果が発動していない事を確認する。

「攻撃しないのかい?」

試しに魔法士の一人に声をかける

「巫女様が到着するまでそこを動くな、動いたら攻撃する。」


おぉ、目的の人物がわざわざ会いに来てくれるとは...ラッキーだなぁ。

「そうかそうか、ならせめて座らせてくれないかな?立っているのはしんどいのでね」


   いつもとは違う口調で俺は言う、これもこの後の展開の為の芝居だ。


   しばらくして、ピンク髪?桃色髪?なんというかそんな感じの髪色をした16歳程の美しい女性がやってきて俺に話しかけて来た。


「はじめまして、私は魔導神様の巫女...ウルハ・ヴァーテルク。貴方が王宮にやってきた不届きものって事で合ってるわね?」

「この状況を見てそうじゃないと思うなら俺の信者も随分と落ちぶれたものだね。」

「俺の信者?...貴方の目的は何?」

「君か、この国の王か、王子か、王女か...まぁ誰でもいいから会う事だよ。」

「そう...そして貴方は誰?」

「天界での生活が飽きたから下界で暮らしてたらなんやかんやでこの国に来てね、せっかくだから遊んでやろうと思ってね。」

「天界?...だから貴方は何者なの?」

「こう言うものだよ」


   俺はそう言い、ゲイザー国内に存在するウルハ以外の全ての生物の意識を刈り取り、この国に流れている魔力を全て自分に流れるようにした。


「っ...一体何が...」

「世界の魔力を返して貰った...俺は魔導神ジェネス、君たちが崇める神様だ」


   大嘘を吐く、まぁ神様というところは間違ってはいない。

「何を言ってるの!?今すぐ発動している魔法を解きなさい!」

「嘘じゃないのになぁ...これでも見たら信用してくれる?」

 
   俺は魔力操作で抑えている魔力を解放する。

「そんな...化け物...」


   ウルハはそう言いながら気絶した、巫女という存在が他人の放出する魔力も見れるというのは本当だったようだ、俺はウルハを担いで王宮の屋上へと向かって行った。


「起きてくれないと困るんだけど〜」

   俺はそう言いながらウルハの頬を優しく叩いて起こす

「うっ...私は何を...」

「ねぇ、そろそろ起きてよ」

「頭が痛い...って貴方は!」

   あまりにうるさいので風魔法を全力で顔の右側に叩き込む、耳から出血しているがまぁいいだろう。


   闇魔法を発動して洗脳しながら話し続ける、自分は魔導神だと信じ込ませる、近頃魔族が動き出すという嘘を信じ込ませる、俺が心配して下界に降りて来たというさっき言った事とは真逆の事も信じ込ませる...



   2時間ほど経っただろうか、ウルハの様子が変わって来た...

汗を掻き、目がトロンとしている、心なしか足から液体がツーっと流れている気もする。

「ジェネス様ぁ...」


   ...やばい、完全にやり過ぎている。

「ハァハァ...このウルハ・ヴァーテルクハァハァ...、短い一生をジェネス様の為だけにハァハァ...使う事を誓いますぅ...」

   目がハートになっている気もするが完全に気のせいだろう.......

「あぁ...これから頼らせて貰うよ...俺は魔法学校の生徒として偽装しているから何かあった時は来るんだよ」

「はい!」

これ以上ここにいてはいけない気がして俺は魔導調律を解き空を飛んで寮へと戻って行った...

「転生して3分でボスバトル!〜ボスを倒したら邪神になったので異世界の学校に通う〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー167873

    間違ってたらごめんなさい。『何事にも目標があった方がいい。』というタイトルが2つあると思うのですが

    2
コメントを書く