話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生して3分でボスバトル!〜ボスを倒したら邪神になったので異世界の学校に通う〜

銀嶺夜空

自己紹介って何言ったらいいか困るよね。


朝起きて、目の前には銀髪の幼女...ではなく少女が裸で俺の上に座っている。


冷静に考えるんだ俺、相手はレイだ、きっと寝ぼけているんだろう。

「シン様...朝食はパンじゃ無くてレイを食べる...」


ダメだ、完全に起きている目だ...果たして朝からそういうことをするのは良いのだろうか、そもそもこんな幼い子とヤッて捕まらないだろうか...


様々な思考が脳内を過ぎる、結論は出た、ヤるしかないこのビックウェーブに。

「....ま.....する」

ウッ、頭が痛い。

「...様....だと...くする」

何処からか声がする。


「シン様、このままだと遅刻する...早く起きて」

「うわぁぁあ」

「ん、起きた...ずっと唸ってた、悪い夢でも見た?」


どうやら夢だったようだ、俺はまだ犯罪者じゃなかった…

「あっあぁ、悪い夢では無かったかな...いい夢なのかは分からん」


レイに何故かジトっと見られた。

「えっと、取り敢えず飯にするか!」


こういう時は早々に話を変える方がいいのだ。




場所は変わって寮と教室の間の道...首席のレイは視線を浴びていた、因みに生徒人数約2500人もいるだけあって校舎は多い。


一年生と二年生の教室がある第一校舎。

三年生の教室と成績優秀者用の研究室がある第二校舎。

四年生と一部の先生の研究室がある第三校舎。

五年生と職員室、学園長室や保険室などがある第四校舎。

そして四年生以下立ち入り禁止の第五校舎。


これだけで充分デカイのだが更に訓練場が10個、更に女子寮と男子寮がある上他にも建物がある、途轍もなく大きい学校なのだ。



歩いて15分、ようやく教室に着いた。


教室の時計を見ると7時53分だとわかる、一時限目が8時だったので結構ギリギリだったようだ。


2分程経ち担任がやってきた

「取り敢えず全員適当に座れ〜、ちょっと早いがもう自己紹介始めるぞ〜」

そう言われ、全員席に座る。


「おっ、今年のAクラスは真面目だなぁ、というわけで自己紹介をして貰うぞ!
   まずは俺から、名前はボーン・バスター、得意魔法は火魔法だ、一応このクラスの担任という事になる、一年間よろしく頼むぞ!」


結構明るい教師のようだ、クラスメイトに指を指している...あぁ、指された生徒は自己紹介するのか。


「えっと、アリス・ミクロソフィアです、得意魔法は光魔法です、よろしくお願いします。」

一番目に当たったのは金髪の幼女...ではなくレイと同じくらいの大きさの子だ、かなり可愛い、よく見たら第二試験の時に一緒に合格したあの子だった。

「じゃあ次は〜そこの君!」

と言ってボーン先生はまた指を指す、どんどん当たっていき、途中で入学式の時に絡んで来たウィルとか言う名前のうるさい奴もいた。


そしてレイが指を指された。

「...レイ・ジェネス、得意魔法は...闇?一応首席らしい...よろしく」


おぉ!定型文の様なものに何か1つ足して言うのか...レイの奴、なかなかやりおるマンだ...


そしてクラスの俺以外の人が全て終わり、ついに俺の番になった...最後ってなんか嫌じゃない?

「えー、シン・ジェネスです、隣のレイとは一応従兄妹です、得意魔法は無くて、大体全て使えます...」

言い切った!完璧な自己紹介だろう?やり切った顔で俺は再び座った。


クラス中から笑い声が聴こえて来る、「冗談にしても酷すぎるww」「首席の従兄だからって見栄張らなくていいのにw」とか言われる。


嘘じゃないんだが少しイラッと来た、担任ですら「ちょっとwみんな落ち着いてwwジョークだからといって笑っちゃダメだよw」と笑って来る...


その瞬間レイが殺気を出した、教室中どころか他クラスまで届いているかもしれない。


全員が黙ったが3時間目まで従妹に守られる気持ち悪いヤツ呼ばわりされた。


ずっとイライラしたが俺は我慢した、そう4時間目は実技の授業なのだ。

「転生して3分でボスバトル!〜ボスを倒したら邪神になったので異世界の学校に通う〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く