話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生して3分でボスバトル!〜ボスを倒したら邪神になったので異世界の学校に通う〜

銀嶺夜空

受験開始!


それから3日、予想よりも3日早くゲイザーに着いた俺たちは門の前までやってきた。

「列が3つで門は2つか...」

「...貴族用と一般人用と...受験生用?」

「多分そうだろう、受験生用に並ぶか」

「ん...」


受験生用の列は人が少なく1分程で俺たちの番になった、以外と受験生は少ないんだろうか?


「魔法学校の受験生だな、身分証明と魔法士称号を見せろ...ってSSSランク冒険者で1級魔法士!?えっと本当に受験生なんですよね?」

「大きな声を出すな、受験生だから列に並んでるんだよバカなの?」

「すっ、すいません!こちらが受験票になるので無くさない様にしてください」


貰った紙を見ながら門をくぐる、3500と書いてあるが3千人以上受験生がいるのか...レイの方を見ると3501と書いてあった。


「とりあえず当面の宿を探すか」

「ん、大きな部屋でベッドは1つが希望...」

「シャワーも欲しいな」


というわけで王都ゲイザーの中で一番いい宿《黄金の噴水亭》とやらにやってきた。

「ガキは帰んな、ここはあんたら見たいな5級魔法士が来る宿じゃないよ」


入った瞬間言われた、少しイラッと来たから1級魔法士称号を見せつけた。


「これはこれは、1級魔法士様でしたか...お茶でもどうぞ」

「ん、大きい部屋、ベッドは1つ、シャワーとご飯付き...」

「3階の一番奥の部屋をどうぞ、何日のご予定で? 」

「9日泊まる、幾らだ?」

「金貨9枚になります」

「釣りはいらん」


俺はそう言って大金貨1枚を渡した、この宿屋の主人からは人間の屑の匂いがした。


部屋に入り俺たちは早速シャワーを浴びた、水魔法と火魔法の応用で出来ているらしく温度の調整が出来た、流石魔法国家の王都という事だけはある。


その後、本屋に行き魔導書を9冊買った、一冊一日と考え入学までの9日間を埋める為のものだ。

魔法国家ということもあり様々な魔導書があった。


宿に戻り魔導書を読みながら3日を過ごした、俺とレイは動きやすい服を着て受験票を持ち魔法学校へ向かった。


受験は学校内の訓練場で行われるらしく校門前には誘導者が何人もいた。


俺とレイも誘導されるがまま歩いて行くとそこにはとんでもない大きさの訓練場が10もあった。


「受験番号1から500の人は第1訓練場へ〜、501から1000は第2、1001から1500は第3といった感じで動いて下さーい!」


教師と思われる人が魔法で声を大きくしながら言う、第10に向かっている人がいるあたり5000人近くいるのか、というかレイと俺は別々の場所なのか。

「一応言っておくが落ちるなよ」

「ん、当たり前」


そう言ってそれぞれの訓練場へ別れた。


「いきなりですが模擬戦をしてもらいます、試合での傷は自己責任でお願いします、ただし相手を殺してはいけません、審判がそこまで!と言うか相手が降参するまでは続けて下さい、番号を呼んだら3分以内にグラウンドに降りて来て下さい、呼ばれてない人は入り口の左右にある階段から観客席へ行って下さい」


少し面倒だなと思いつつ俺は観客席へ向かった、まず最初に3025番と3346番が戦った、番号を見るからに完全にランダムなのだろう。


1試合1分程で審判がそこまでというが500人もいるわけで当然250試合あるのだ、暇すぎてイライラして来たところに3500番と呼ばれた。


あぁ、イライラする、なんで2時間近く待たないといけなかったのか。

「君は運が悪いね、この天才、アイル・ビーン・トルバロスと当たってしまうなんて...同情してしまうよ全く」

対戦相手が何か言って来るが全く耳に入ってこない。


「なんだあいつ、杖を持ってないぞ!」
「ほんとだ、きっと貧乏なんだよ」

観客席も何か言っているのが聞こえる、だが全く耳に入ってこない。


俺は待つ行為が苦手だったのかとイライラしながらそう思う、相手が水魔法を放って来る、痛くも痒くもない。


傷は自己責任って言ってたからいいか...と俺は相手の右腕を吹き飛ばす。

「あぁぁあぁぁあ、痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い、お前何をしたぁぁああああぁぁああ!!」


相手がうるさい、俺はもう一発魔法を打ち今度は左腕を吹き飛ばした。

その瞬間ブザーが鳴り審判がそこまでといった。


「勝者3500番!」という声と共に対戦相手が数人に運ばれていった。


俺は何故かその光景を見て口をニヤリと歪ませた。

「転生して3分でボスバトル!〜ボスを倒したら邪神になったので異世界の学校に通う〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く