話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生して3分でボスバトル!〜ボスを倒したら邪神になったので異世界の学校に通う〜

銀嶺夜空

番外編:クラスメイト


「「「「うわぁぁああああああ」」」」

四人程叫びながら吐いた、他の人は突然の出来事で声が出なかった。


それもそうだろう、いきなりクラスメイトの一人の身体が上半身と下半身で綺麗に二等分されたのだから。

いや、クラスメイトだからというわけではないだろう、何故なら死んだ奴は月に一回しか来ない引きこもりだからである。


何が起こったのか理解できない、人はグロテスクなものを見ても平気だとかいう奴もいるが実際リアルで見ると吐き気が込み上げてくるものなのだ。


「キャーキャーうるせぇなガキが、黙って私のいうことを聞け、聞かなかったらそいつみたいに殺す」
自称神さまの喋り方が乱暴になる、しかし誰一人文句は言わず全員黙り込む。


「それでいいんだよ、チッ一人減っちまったじゃねぇか、まぁ私が殺したんだけどなww」


笑いながらそういう、サイコパス神なのだろう。


「まぁいい、今からお前ら全員には異世界に行ってもらう、拒否権はないし逃げようとしたら殺す、念のため窓や扉から出れないようにしてるから安心しろ」

全く安心する要素がない、だが拒否や生意気な口を聞けば一瞬で殺される...


全員が頷くしかなかった。


「よし、私は優しいからお前ら一人一人に何かしらの能力を与える、そして異世界に転移してもらったら多分アストリア王国の王都ってところの城の中に居ると思う、以上、後は自分達で頑張れ」


そこで一人が声を出した
「神様、少しだけ質問をしてもいいでしょうか?」
学級委員の藤本響だ、この状況で質問をしてもいいかときける精神力に少し神は驚かされた。

「いいよ〜、私は優しい神様なの、君のその勇気に免じて3つまでなら答えてあげるよ」


すぐに響は質問した

「その異世界はどうゆうところなのか、僕達にくれる能力とやらはどのくらいのものなのか、そもそも何故転移させられるのか、、、この3つでお願いします」


「その世界は剣と魔法の世界、簡単に言えばゲームみたいな世界だよ、君たちにあげる能力ってのは残念ながら完全にランダム、その人の才能によるよ、何故転移させられるのかは偶々向こうの世界で《勇者召喚》という魔法をアストリア王国の姫が使ったからだね」


神は少し期限を取り戻しちょっと前の口調に戻った。


「俺たちはどうやったら帰れるんだよ!」
クラスの一人が言った

その瞬間そいつは消えた、
「質問は3つまでって言っただろ聞いてなかったのかぁ?」


また機嫌を損ねてしまったことに響は悩んでいると神が「じゃあもう飛ばすわ」と言った。


その瞬間教室の全てが光り始めた、魔法陣の様なものが浮かびこのクラス、、3年C組は異世界に転移した。
"2人"死んだが

「転生して3分でボスバトル!〜ボスを倒したら邪神になったので異世界の学校に通う〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く