話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生して3分でボスバトル!〜ボスを倒したら邪神になったので異世界の学校に通う〜

銀嶺夜空

3日もあれば億万長者


ドラゴンが住んでるらしい山に着いた、もちろん飛んで来た。

「ドラゴンねぇ、邪竜より強いかな?」

「.....邪竜はあれでもレベル700相当...多分この山のドラゴンの方が...弱い?」


800万相当のクエストだから強くてかっこいいドラゴンを期待していたがそこまで強くないらしい。


山の頂上に着くとそこには青いドラゴンが寝ていた。


試しに上級魔法を70%くらいの力で打って見た。


「...死んだな」

「ん、死んだ」


一撃で死んでしまった...面白くねぇ


俺とレイは討伐した証拠となる部位、ドラゴンのツノを持ってギルドに帰った。


「ただいま〜」

「へっ、あのクソガキ逃げ帰って来たんだ、初クエストでドラゴン討伐とか調子に乗るのが悪いんだ」


ハゲがなんか言っているが気にせず受付の所に完了報告に行った

「ドラゴン討伐やってきました〜」

「あのー、、証明部位のツノは何処に?」

「あっ、ここです」


と言って俺は何もない空間からドラゴンのツノを取り出した。

ジェネシスみたいにストレージ機能が欲しくなり魔法で再現できないかと練習した結果できたのだ、マジ便利。


「シン様は空間魔法が使えるんですか!?ギルマスを倒す程魔法が上手いのになんで冒険者なんか...」


この後なんかギルド内がお祭り騒ぎになっていた、俺のパーティに入れて欲しいやらレベルはいくつなのか、使える魔法の種類や弟子にしてくれなど色んな人が話しかけてきた。


聞いてみると、俺が使っているのは空間魔法とやらで空間魔法が使えたのは歴史上に一人だけらしい。


俺は当然パーティは全て断り、適当に質問に答えてこれ以上人混みにいるとレイが吐くかもしれなかったので新しいクエストを受注してギルドを出た...



それから3日経った、俺とレイはひたすらクエストを受けては報酬を貰った、ギルドに入る度に何十人に話しかけられる為ヒルが俺たち専用の裏口を作ってくれた。


そして稼いだ金は...

「聖金貨100枚...100億か」

いやぁがんばった、これでもうしばらくは金に困らないな!さらっと流してたけど俺SSSランクになったらしいし、ここら辺の高難易度クエストはもうやりきったから何処か違うところに行くか?


「ん、ご飯...シン様...早くいこ?」

「そうだな、今日はパーっと使うぞ!」


とりあえずギルドで聖金貨を両替して行く作業から始めないといけないけど...

「転生して3分でボスバトル!〜ボスを倒したら邪神になったので異世界の学校に通う〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く