話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生して3分でボスバトル!〜ボスを倒したら邪神になったので異世界の学校に通う〜

銀嶺夜空

学校行ったら殺された()



2125年人類は完全なVR…俗に言うバーチャル空間を作ることに成功した。




それから25年、つまり2150年にはVR空間を利用した通勤システム、学校、さらには娯楽にも使われ、日常的にVR空間は利用されるようになった…




娯楽といえばVRゲームという時代になったのである。
中でも"MMORPGジェネシス"というゲームが発売されてから世界は劇的に変わった。




ジェネシスには100種類を越える基本職業、さらに派生職業(一般的には上級職と呼ばれている)が5000を越え、豊富なスキルやフィールドの広さなど


やり込み要素が途轍もなく多くまた多くの世代に人気になった。




やはりゲームという事はランカーというものが存在する…




「魔王倒し飽きたなぁ…ってかレベル今どのくらいだ?」


ジェネシスには最強と呼ばれるモンスターが10体存在し魔王〇〇という名前がそれぞれついていた。


魔王モンスターは一度倒すと1時間経てば復活する、運営が「一回で無くなったら退屈しちゃうでしょ?」という意味でそういうシステムにしたらしい。




「もうレベル2300かぁ…レベル制限なしってところだけは糞ゲーだわこれ」




先程からちょくちょく喋るこのプレイヤーはジェネシスのトップランカーなのだが魔王を経験値かなにかだと勘違いしていると言わんばかりに魔王サタンを殺しまくっていた。




「ふわぁ…眠くなってきたしランキング見て寝るか、うわぁ二位の人レベル1500になったんだ、おめでたいな」




今更だがこの男の名前は神谷真かみやしん、プレイヤネーム《シン》で知られるジェネシス最強プレイヤーなのだが…




「ログアウt、おっと仲の良さそうな男女パーティがいるジャマイカ、コロソ」
18歳童貞引きこもりのクズプレイヤーなのである。




「よし死んだな、今度こそログアウトっと」
相変わらず汚い部屋だな、とログアウトした後部屋を見ながら頭部に付けているゲームハードを外し、ベットに入り目を閉じるのだった…






朝になり、目を開け制服に着替える。
引きこもりの俺は当たり前だが基本学校に行かない…が今日は行かなければならないのだ…




うちの学校はVR学校ではなく今時珍しい普通の学校なのだが、俺の担任の谷岡という男…熱血教師なのだ…




「おい神谷!引きこもりは体が鈍ってしまうのだ!辛い中すまないが一ヶ月に2回!いや1回でいいから学校に来てくれ!」
といきなり俺の家に来て土下座をして来たのだ…




「わかりました、毎月28日には学校に行きます、だから頭をあげて下さい…」
俺はゲームの中では強気だがリアルではメンタル弱い引きこもりなのだ、勢いで来られたら困る。




というわけで今日は28日なので行かないといけないのだ、めんどくさいなぁ。




…学校に着いた、引きこもりの俺だが友人は一人だけいる…
「ようしん!相変わらず28日だけは来るな!」
3歳の頃からの付き合い、幼馴染の 雨宮光あまみやひかるである。


「東進みたいにいうな、28日はイベントないから来てるんだよ」


「まあ俺は会えるだけでも嬉しいぜ?俺はこう見えても友達少ないからな!」


ひっかー(光のあだ名)は明るいがオタクなのである、一ヶ月に一回しか来ない俺を歓迎してくれる奴はこいつ以外担任の谷岡だけなのだ、少し心が軽くなる。




教室に着くと周りが俺をみて、サボり、不潔、変態、などと言ってくる、変態っておかしくない?何もやってないんだけど?


少し心にダメージを負いながらひっかーと会話しているとチャイムが鳴った…だが谷岡先生が入ってくる様子はない




周りの生徒が先生に何かあったのかと話合っていると生徒会長(俺のクラスの学級委員)の藤本響ふじもとひびき
「みんな席について、多分会議か何かで遅れてるんだと思うよ、自習でもして待っておこう」




相変わらず真面目でカリスマ性のある奴である、周りが席に座り静かにしている。
ここまでくると催眠術か何かだと思えてくる…怖いめう




俺も自習をしようとバックを漁ろうとした時だった…
「あー、あー、マイクテストーマイクテストー、聞こえますかぁ?」
突然教室のスピーカーから声が聞こえて来た。




「唐突でゴメンね!君たちは異世界に転移してもらうことになったよー、イェーイ!」


は?意味が分からないこいつ何言ってんだ?


「ん?意味が分からないだって?そんな君たちに説明してあげよう!」


いや、しなくていいよ…まだやり残したこといっぱいあるしね(ゲーム)


「因みに拒否権はないです!ゴメンね〜」


は?何言ってんだコイツ頭おかしいだろ。


「心の声聞こえてるんだからな?お前失礼すぎだろ死ね」


え?怖すぎだろコイツ、マジキチサイコパスじゃん。


「よしおっけ!そんなに死にたいなら殺してあげるよ!」
よく分からないそいつがそう言った瞬間俺は上半身と下半身で真っ二つにされた…




それは唐突過ぎる出来事で俺は一瞬何が起こったのか分からなかったが…18年の人生に終わりが訪れた事だけを理解した…








…死んだと思ったがまだ生きていたらしい。
目を開けるとそこには50mはあると思われる黒いドラゴンが俺の方を向いて低く唸っていた…

「転生して3分でボスバトル!〜ボスを倒したら邪神になったので異世界の学校に通う〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く