話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生して3分でボスバトル!〜ボスを倒したら邪神になったので異世界の学校に通う〜

銀嶺夜空

当面の問題、、よし冒険者になるか



サタンの魔法で吹き飛んだ城の瓦礫は俺の魔法で吹き飛んだ。


お陰で座りやすくなっていて、俺はレイの頭を撫でながらこれからどうするか考えていた...




レイの城完全に無くなっちゃったしなぁ、誰だよ吹き飛ばした奴! (ほぼ自分)




住む場所が無い、食べ物も無い、頼れる人もいない...どうしましょうかねぇ、




「なぁレイ、これからどうする?お前の城も無くなっちゃったし。」
俺は撫でながらレイに話しかけた。


「.....レイはシン様に着いて行きます、何処に行こうとも...何をするとしても」
うーん可愛いこと言ってくれるねぇ。




一つずつ問題を解決して行こう。




まず一つ目少し前から少し感じていた違和感を無くすことにした。
「眷属、レイ・ブラッドに命ずる、俺に対して未来永劫素の喋り方で喋れ」




俺はレイを眷属にしたことによって命令する事が出来るようになったのだ。


ん?なんでそんな事分かったのかって?
上手く説明できないが"なんとなく"出来る気がしたのだ。




これも器の昇華ってのに関係するんだろう...




「.....シン様、眷属にして最初に命令する事がそれって...ちょっとおかしい」


おっ、違和感が少し無くなった。
シン様ってのは無くならないのね。




よし次の問題は...
「レイ、サタンが言ってた一族ってのはなんだ?なんで初めてあった時にレイ・ブラッドって名乗らなかったんだ?」


レイが隠している事を知っておきたい。




「ん...今はまだ言えない」


うーん言ってくれないか、無理矢理命令して聞くのもアレだしなぁ...


「分かった、俺は追求しない、いつか言える時が来たら言ってくれ」


レイはこくっと頷いてくれた。




問題解決...とまではいかないがレイの事はいつかしっかりと聞いて行こう。




次が本題だ、これからどこに住むか


これについてはすぐ解決した、と思ったが解決しなかった。


俺とレイが初めてあった場所、俺は外観を見ていなかったから気付かなかったがあそこは邪竜が眠る塔でかなりデカかったらしい。




そこで俺とレイはその塔でしばらく暮らそうと思いまた飛んで行こうとした。




飛んで行こうとしたらレイの翼がなくなっていたのだ、これについてもすぐ原因がわかった。




俺の眷属になったお陰で魔力の総量が大幅に上がったらしい、魔力を使って飛べるから必要がなくなった翼は無くなったんだろう...多分




翼がなくなったレイはもはや魔王らしさが少しも感じれない途轍もなく可愛い幼j(殴 少女だった。




話は戻り塔に行こうと魔力を使って飛んで行ったのだがなんと邪竜が復活していた。




もう一回殺したのだが40分ほど経つとまた復活した、この作業を続けるのも面倒なので俺たちは塔から出た...






と、言うことで問題はスタートに戻り結局住む場所がなくなった。




しばらくは野宿である。






異世界に来て、ドラゴンを倒し、銀髪の女の子に懐かれ、逆に俺もその女の子の事を大切な存在に感じて、城に行き、その城が爆発して、大魔王を倒して、レイを眷属にして生き返らせ、またドラゴンを倒して、またまたドラゴンを倒して...




一日をめちゃくちゃ長く感じた




俺とレイは塔と城の跡地の間くらいにあった森の中で野宿することになった。




川で身体を洗って木の上で二人で一緒に寝た。




木はゴツゴツしていて自宅のベッドが恋しくなる。


レイの髪の毛はさらさらしていて頭を撫でているだけで心がほっこりする。


こんな生活も悪くないなと感じた、空は星々が美しく輝いていて感動する。




ただの引きこもりなら絶対こんなにスムーズにいかなかっただろう、ジェネシス内でパーティープレイなどをして鍛えたコミュ力が役にたった。




地球のひっかーやクラスの奴等はどうしているんだろう、そんな事を考えながら俺は眠った。








「....シン様、早く起きて」
何事も無く朝を迎えた、俺は目を覚まし耳元で囁いているレイをどかし...


囁いている?いや完全に耳を口に咥えられている...




俺は落ち着いている雰囲気を出しながら何事もなかったかのようにレイにおはようといった。




レイの白く綺麗な顔が少し赤くなっていた。






俺達はそこら辺にいた魔物を狩り、毒の無さそうな部分を魔法で焼いて食べた。




食事を終え、俺はこれからどうするかをレイに伝えた
「人間の街に行って、冒険者にならないか?」


「...冒険者?、、なんでそんな急に?」


よし、適当に言ったが実際に冒険者という職業はあるんだな、俺は少しホッとしながら続けた


「冒険者になって金を稼ぎながら情報を集めて行こう、人間の事やほかの魔王の事を知りたいからな、後ついでにもっと強くなろう」


「...少し怖い、けどシン様が行くなら...」




レイが勇気を出して了承してくれた。


俺は今度こそ絶対レイを何からでも守り、傷つけないようにしようと心に誓う。




「そうと決まればすぐ行こう、人間の街へ」




俺はレイに一番近い街を教えてもらい、レイと喋りながら飛んでいった...



「転生して3分でボスバトル!〜ボスを倒したら邪神になったので異世界の学校に通う〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • リムル様と尚文様は神!!サイタマも!!

    自称大魔王じゃなきゃ

    1
コメントを書く