話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

大罪の魔女達

黒猫

呪いの魔女

零は泣き止むと呪いの魔女の処遇について聞いた。
「落葉は…」と忍さんが言いかけるとドアがバンッと開いた。
「報復の魔女!!私と勝負しなさい!!」と呪いの魔女落葉が言った。
「一回り小さくなってません?楽ちゃん」私が言うと、「あんたのせいでしょ!!てか楽ちゃんって何よ!!」楽ちゃんがかっかしていると姉さま達が入ってきた。
「呪いの魔女は、和の国預かりになったわ今更虫のいい話だとは思うけど…」楽ちゃんが望んだ事らしい。







数日後…
「報復の魔女!!勝負よ!!」楽ちゃんが毎日のように私に挑んで来るようになった…なんで…あの時…「じゃあ私に勝ったら大罪の名前譲りますよ」って言っちゃったんだろ…でもまあ…忍さんに会えるしいっか!!

「大罪の魔女達」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く