陽が昇る前に

沖 鴉者

第一部 軋む歯車  頭文 宵闇に哭く

頭文  宵闇に哭く


 広い平原にポツリと建つ小屋の中に、二人と一頭がいる。


 一人は腕を組んだ男、一人は剣を持つ幼児、一頭は怯える子羊だった。


 これ以上ない程シンプルな作りの小屋の事だ。
 木製の骨組みが僅かな温かみを与えるが、殺風景な室内には机も椅子も棚もなく、僅かな光源である蜜蝋は中央の柱に架かっている。
 土の地面が立ち上らせる冷気が骨から足を侵す中、聞こえる音は僅かだった。


 サワサワと降り続く小雨と、
 屋根からの雨垂れ、
 そして、所在無く鳴く羊の声。


「さっき言った通りにやるんだ。早くしろ」


 ゆっくりと、冷たい男の声が空を裂いた。


 それを受け、まだ少年とも呼べぬ幼児が頷く。
 彼の手に握られた剣は重く、ベタベタとして、何より氷の様に冷たかった。


『さっき言われた通りに、さっき言われた通りに』
 躊躇う自身を宥める様に、心の中で復唱する。


 だが、剣を握る腕は他人の物の様に動かない。


 躰が震える。
 それは寒さから来るものだけではなかった。


 暫く蟠っていると、背後から溜息が漏れる。


 ビクリと身震いした幼児が振り返ると、変わらず腕を組んだ男、彼の父が、怜悧な視線と共に告げた。


「早くしろ」


 今、幼児の周りに温もりはなかった。


 否、全くなくはないが、彼はその僅かな温もりを斬り捨てる事を強いられていた。


『アユカ…』


 幼児は視線を前に戻す。


 そこにはアユカ、幼児が自身の手で育てて来た一頭の子羊がいた。


 細首を震わせ、全身を委縮させ、懇願する様に、警戒する様に、アユカは恐怖を訴え続ける。


「ロード」


 父の声が幼児を締め上げる。


 室温も、剣も、父の声と視線も、着ている衣服も、全てが冷たい。


『アユカ……アユカ……』


 幼児の脳裏に去来するのは、これまでアユカと過ごした日々。


 初めて世話を任された日から今日これまでの、全ての記憶。


「やれ、ロード」


 冷熱が背を炙る。


 緊張が体躯を震わせる。


 愛着が胸を締め付ける。


 板挟みに声なき断末魔を上げた幼児は、遂に切先を、








 振り下ろす。

「陽が昇る前に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く