話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

T.T.S.

沖 鴉者

FileNo.4 『Sample 13』 Chapter 6-4



 自身を見下ろす紫姫音の目は、果たして自愛なのか慈愛なのか、気の毒そうに向けられるそれの意味を、Sample 13は計りかねる。

《貴女は、何?》

 わからない。
 何故同じ顔なのか。
 何故敵になっているのか。
 オカシイのは自分なのか、紫姫音この子なのか。

《何でお兄様といるの?》
《わかんない……けど》

 紫姫音はSample 13の前に膝を突き、彼女の頬に触れた。

《アナタはなんだかとってもイタそう》

 その言葉を聞いた途端、何故だか知らないが胸が締めつけられる心持ちがした。Sample 13が抱いた初めての感情だった。
 源やギルバートという、自身と同じ存在に対しての好奇こそあったが、自身を根底から揺るがすほどの心の動きは、これまでなかった。

『イタそう……?……私が?』

 紫姫音がゆっくりとしゃがみ込み、頬に触れてきた。
 人工憑依人体バイオロイドの生温さが、痺れた肌に沁み込んでくる。

《……何で?痛いの?私が?そんな……だって……》
《ちがうの?ココ、くるしくないの?》

 頬に触れる手とは別の手で、紫姫音がSample 13の胸に手を置いた。今度は胸に広がっていく温もりに、少女はようやく気づく。
 心臓を引き裂かれ、血が滴っていくような痛み。

《な……何をしたの?》
《なにもしてないよ。けど、ナノマシンがシんでるみたいだから、源のつかってるナノマシンをつかっておくね》

《やめて!そんな得体の知れないもの!》
《だいじょぶだよ。源とおそろいだもん》

《……》
《あ、うれしいの?》

《なわけあるか!やるならさっさとやってよ!》

 言われるが早く、紫姫音がまだ塞がっていない傷に指を差し込む。痺れの奥の僅かな異物感に耐えていると、やがてSample 13の身体からの血の流出は止まった。そうして傷こそ塞がったものの、彼女の疲労物質や乳酸は取り除かれていない。
 モタモタともがくばかりのSample 13を、紫姫音は気遣うように見守っていた。
 その安心感からだろうか。

「時間だ。Sample 13」

 その嗄れた声を聞いた時。ほんの少しだけ、Sample 13は自身の立場を忘れていたことに気づいた。

「……失礼しました。お父様」

 そうしてシャンと立ち上がって居住いを正して、ようやく少女は気づく。源とギルバートの双方が、朧げな意識を繋ぎ止めてその・・老人を睨んでいた。
 小柄で細身、枯れ果てた老木のような佇まい。
 鋭い眼光でSample 4とSample 9を睨め回し、老人はシワまみれの口を動かした。

「不良品では所詮完成品には及ばん。残念だったな、息子たちよ」

 ジョセフ・クラークは呻くように源に向かって吐き捨てて、震える手で銃を取り出す。
 生気のない瞳でボンヤリとそれを視認していた源は、動かない身体を気持ち少しだけ硬らせた。もはや抵抗する術はそれ位しかなかった。
 震える銃口が源の頭を捉え、リボルバー式拳銃の撃鉄が上げられる。
 引き金に掛かったジョセフの指がゆっくりと遊び・・を消費し尽くす前に、意外にもその銃身をSample 13の手が下げた。 

「お父様。もう行きましょう。コレ・・はもう死にゆくだけの輩。そんなものよりこちらの亜生インターフェイスFIAIの方が重要かと」

 Sample 13がそう言って紫姫音の首根っこを掴んで突き出すと、ジョセフの表情は一変した。

「おお!阿形のNtCSTか!これは確かに素晴らしい」

 ジョセフはリボルバーをSample 13に渡して、両手で包むように紫姫音の顔に触れる。
 憮然とした表情の紫姫音に睨み返されたが、なおもジョセフの機嫌は良くなった。

「なるほど、よく似ている。いいだろう。コレに免じて今日は退いておこう」

 そうして、源は霞む意識の中で不思議なものを見た。
 ジョセフとSample 13、紫姫音の体を、薄緑色の光が包み出す。それはさながら、T.T.S.が時空間跳躍する時のようだ。
 だが、そんな光景を前に感想を思い浮かべることも、増してやその光景を記憶しておく力も、源にはなかった。

《源》

 そう呟く紫姫音の声が、どんな感情を乗せて放たれたのかさえ、今の源には推して知ることも儘ならない。
 徐々に輪郭を失っていくSample 13たちは、やがて完全にその姿を消した。

「T.T.S.」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く