話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

T.T.S.

沖 鴉者

FileNo.4 『Sample 13』 Chapter 5-16

16

 源とギルバートはそこまで強く意識していなかったが、神資質Heilige持ち同士の戦いには間合いという概念がない。
 そんなものは、意識する前に埋められるからだ。
 幼い頃から拳を交えていた2人は自然とそれを意識した立ち回りをしていたが、しっかりと戦術として叩き込まれた訳ではなかった。
 そもそも神資質Heilige持ち同士の戦いなど、彼ら2人が育てられた段階では想定されていなかったのだから、仕方がない。
 だが、その2人を敵に回すことになったジョセフはしっかりと対策を組んでSample 13に対神資質Heilige持ちの格闘術を仕込んでいた。
 そうとは知らない源とギルバートにとって、これは致命的なハンデだ。実際、ここまで2人はいいようにあしらわれてきた。
 だが、2人とて格闘技や武道の素養がないわけではない。いかに彼我の差が絶望的であろうとも、挑み続けた成果が確かに2人の中に堆積していた。
 だから即応できる。
 少女の指がピクリと動いただけで、源とギルバートは互いを突き飛ばし、あるいは蹴飛ばし合って、2人を直線的に狙ったSample 13の飛び蹴りを躱した。僅かなモーション確認後の緊急回避という神資質Heilige持ちだからこそ可能な戦法だが、2人は徐々に対応し始める。
 腕を壁につけて減速し、足で着地した源を狙って即座に追撃に走るSample 13の横っ腹をを、死角から迫ったギルバートが長い足で突き刺した。
 間合いの生まれる静止と、間合いの消える亜光速戦闘の落差ギャップが産む、僅かな間隙。そこを突くという、一歩間違えれば源が即死する危険な罠を、2人は打ち合わせなしにしてみせた。
 皮肉な真実を言えば、かつて2人が中心にあった頃のNeuemenschheitherstellungplanの真骨頂はここにある。
 腕と脚、それぞれの特性を活かしたスイッチ戦法は、上手くハマれば例え相手が上位互換のSample 13だとて、機能していた。
 地下空間は奥まるほどにその体積を増し、今や大型の体育館ほどの広さが延々続く通路になっている。とは言え、光速に近い速度で移動する3人にとっては閉鎖空間そのものだ。
 スーパーボールよりも読めない軌道で跳ね合い、衝突し合いながら、3つの亜光速物質はトンネル内を奥へ奥へと潜っていく。
 ストップ&ダッシュを変則的に繰り返すコンビネーションのT.T.S.と、知性をかなぐり捨てて対光速の戦闘術をぶん回すSample 13の激突は、莫大なエネルギーで大地を揺すった。

 その影響は、未だに地上で機械部隊との交戦を続けるホセ・セサール・チャベスたちにも波及する。

「T.T.S.」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く