話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

T.T.S.

沖 鴉者

FileNo.4 『Sample 13』 Chapter 5-12

12
~2176年12月24日PM4:34 東京~

 クリスマスイブの夜が近づいているというのに、T.T.S.本部にいる人間は誰一人帰ろうとはしなかった。
 それも、何となく帰宅しづらい雰囲気だから、などという理由ではなく、誰もが血眼になって自らの仕事に打ち込んでいる。
 エージェント以外の人間を伴った同時間異地点への反復型時間跳躍。
 T.T.S.史上初の試みを、一気に2つも行わなければならない緊急事態を前に、聖夜への高まりはとうに消え失せていた。
 そんなピリピリした空間の片隅で、マダム・オースティンは絵美に緊急救援時用回復ナノマシン投与アンプルを差し出した。

「はっきり言って源ちゃんは危ないわ。生命兆候バイタルを見る限り、もう余談を許さない状況よ。合流したらすぐにこのアンプルを打って。すぐにナノマシンが作動するから」
「この大きさのは初めて見ますね」

「そうね。けど、いつもの鎮静剤アンプルの少し大きい型だから基本的な取り扱いは同じよ」
「了解です……亜金さん。私の代わりに持っててもらえますか?源の生命を預けられる人は貴女以外いません。よろしくお願いします」

 拘束された亜金は、険しい表情のまま食い気味に頷く。
 この提案に込めた絵美の思惑は単純で、戦線から亞金を遠ざけ、なおかつ、一部の目的を共有化することで団結までの導線を上げる目的もあった。
 だが、極秘裏に研究開発を推し進めていたマダムからすれば、廃忘怪顛この上ない。

「ちょっ、ちょっと待ってちょうだい絵美ちゃん。ソレは……」
《待ってマダム。貴女には申し訳ないけど、絵美ちゃんの提案、呑んであげて。今の私たちにはアモロウナグが、亜金・アモル・リオの持つ情報が必要よ》

 第三者に極秘開発品を持たせるという絵美の提案に、T.T.S.Masterが乗った以上、マダムは意見を呑むしかない。
 だが、それでも、まだ当て擦りを言うくらいの権利はマダムにも残っていた。

「ソレは源ちゃんを繋ぎ止める最後の軛で、開発直後の一点物よ。絶対にミスしないで」

 その大きな体を縮めるように目を伏せて吐き出されたのは、力なき鼬の最後っ屁とも言うべき注意事項。
 しかしながら、それに応えたのは、絵美ではなく亜金だった。

「源ためにそんな貴重な物を私に預けて下さってありがとうございます。源が今まで無事でやって来れたのも貴女のような方がいてくださったお陰です。本当にありがとうございます」

 そう言って丁寧に頭を下げる姿勢が示すのは、アモロウナグと呼ばれる女賞金稼ぎの凶暴さと豪快さではなく、亜金・アモル・リオという1人の人間の、愛する者を救ってくれる恩人に対する敬意と感謝だった。
 その凶暴さゆえについ忘れがちだが、亜金とて治安維持と賞金のために凶悪犯罪者を捕まえる賞金稼ぎバウンティーハンターであり、無法者を取り締まる“逞しき善人”であるという点では、T.T.S.と何も違わない。
 何より、T.T.S.本部に来てからの亜金の荒れようは、全て彼女なりに源を思ったからの激情であり、滅多矢鱈に怒りをぶつけるほど不作法な女性でもない。
 冷静な時の亜金は、ごくごく淑やかな女性なのだ。

「……源ちゃんのこと、助けてあげてね」

 そっと目を伏せたマダムに今一度深々と頭を下げて、亜金は絵美と共に時間跳躍に向かっていく。
 焦燥と緊張に張り詰めた背中を見送っていると、アモロウナグの導火線に火を点けた放火魔が話しかけてきた。

「さすがマダム。期待通りね。アモロウナグの怒りを見事に収めちゃった」

 コロコロと楽しげに笑いながら、甘凛蝶は女性の身体でマダムをペチペチと叩く。
 まるでサプライズパーティーの仕掛け人が協力者を労うような鈴蝶の軽薄さに、絵美の言葉で傷つき、亜金の言葉で小康状態まで持ち直したマダムの心が再び痛み出した。
 あまりに身勝手で、あまりに理不尽な自身への仕打ちに、トランスジェンダーでありながら力仕事も要求される医療人として生来の性別である男性の身体を貫き通してきた優しき女性も、遂に堪忍袋の尾を切ったのだ。
 自慢の膂力で鈴蝶の首根っこを掴み、壁に押し付けるように持ち上げたマダムは、T.T.S.のメンバーが聞いたこともないようなドスのきいた声で呻いた。

「アナタも絵美ちゃん・・・・・も本っ当にいい性格ね。心底腹が立つそう言うところ、大っ嫌いよ!」

 ドンッと壁に鈴蝶を叩きつけて、マダムは足早に去っていく。
 強い衝撃で肺の空気を奪われた鈴蝶が息を整えていると、階下でチェックを終えたT.T.S.No.3の身体情報のエラー情報が送られて来た。

 エラー報告
  T.T.S.No.3 正岡絵美 身体摩擦係数:0

 およそ人体にはありえない数値を叩き出した正岡絵美の異常を見て、改めて鈴蝶は確信する。

「……流石だよマダム、貴女は全く持って正しい。でも、だから貴女が必要なんだ。こんないかれた事を考える絵美ちゃんや私みたいな人間がいる組織じゃ、貴女のような鎹がいてくれなきゃいけないんだよ」

 回生すら果たす奇跡のアンプルを作った優秀なエンジニアとドクター。
 そして、自らの身体から摩擦を消し、アンプルすら持てない身体になった絵美。
 いつだって優秀な部下に頼り切りの自分に不甲斐なさを感じながら、鈴蝶は別の通信を受信する。

「……そう。わかった。すぐ行くわ」

 だから、自らの責務はきっちりと果たす。
 責任を負う、という仕事のために、鈴蝶は踵を返す。源やギルバートという強力な力を手にしてしまった代償を、早速払うことになりそうだ。

「T.T.S.」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く