話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

T.T.S.

沖 鴉者

FileNo.4 『Sample 13』 Chapter 5-10

10
~2168年9月9日AM7:24 アリススプリングス~ 

 世界最大の一枚岩に向けた背中を、叫び声が追いかける。

「……私はキミにメッセージを伝えるためだけに置かれた一時保存のデータだ!用件が済むまでここに存在し続ける!もし話を聞いてくれる気になったら、その時は来てくれ!」
「誰が来るかクソッたれ」

 シオンのコピーの声にボソリと返しながら、源は歩み続ける。やがて、肩に担いでいた少女の体が一瞬ビクン!と緊張し、目醒めた。

「んん……あれ?……源?シオンは?」
「……」

「……そっか」
「“そっか”ってのはどぉいぅことだ?」

「……えっと……」

 口を噤んだAIをドサリと降ろし、源はしゃがみ込む。食えない幼子の顔を真正面から覗き込んだ。

「そぉいやお前言ってたな、“シキネがいないとカンセイ・・・・しない”ってよ」
「うん……シオンにそう言われたから……」

 その言葉に嘘はないだろう。彼女の戸惑いの視線が、何よりの誠意だった。

「……お前さっき何された?」
「……さっき?」

「……いや、何でもねぇ」

 今一度源は考え直す。紫姫音との僅かな会話で、少しだが冷静さが戻って来ていた。
 そうしてシオンのコピーの言葉を思い返して、不審な言葉を思い出す。
 荒野を駆ける風の熱が、段々とその温度を上げていくように、源の頭の中にも、画が完成しつつあった。

「そぉいやあの野郎、俺を見て“我が息子よ”って言ったな……」
「そうなの?」

「あぁ……」

 考え得る可能性は、一つだけ。

 今回の源とシオンの接触には、最初からアモロウナグも一枚噛んでいたのだ。


~2176年12月24日PM4:24 東京~

 猿轡を噛まされてなお、視線で殺そうとでもするかのような亜金の目を正面から見据えながら、鈴蝶は両手を口の前で結ぶ。

「それで?実際に貴女はシオンと源ちゃんを合わせる計画に加担してたの?」

 ガシャン!と拘束具を鳴らしながら、亜金が唸る。
 しかしながら、応答する脳内無線の声は苦しむような悲しむような、悲痛な口調で響いた。

《そうよ、私たちはしくじれなかった》
私たち・・・、ですか……ちなみに、そこに紫姫音ちゃんも含まれます?」

 鈴蝶の傍で顎に手を当てて問い質す絵美言葉に、アモロウナグは頷く。殺気満々の血走った目線を真正面から受け止めながら、絵美はその瞳の奥を探った。
 今のT.T.S.は、源たちが接敵している相手の情報に乏しい。ほぼ何も分かっていないとさえ言える。
 だからこそ、滅多に使わない“応接室・・・”にアモロウナグを通して情報を引き出そうとしているのだが、彼女は何らかの事情でT.T.S.本部ここでは決して口を割ろうとしない。
 しかも、その女は今にも鈴蝶を絞めて源の居場所を聞き出し、そこに向かおうとしている。
 ならば、絵美のすべき事は決まっていた。

「……Master、提案します。私とアモロウナグで源の救援に行かせてください」
「……そうだね。それしかない。源ちゃんを死なせるわけにはいかない」

 言うが早く、鈴蝶は応接室を飛び出した。
 一方で絵美は亜金の前に膝をつき、落ち着いた声で言い聞かせる。

「ということで、よろしくお願いします亜金さん。即席ですが、私が貴女の相棒バディです。源を失いたくないのは私たちも同じ、どうか一旦矛を治めてください」

 ほんの少しだけ怒りのトーンが収まった亜金の目を確認して、絵美はマダムに目配せする。
 先ほどの絵美との諍いに加え、拘束されながらも暴れ続けたツケ・・が、亜金の身体に傷になっていた。
 即座に治療にかかる主治医を確認して、絵美はそっと亜金に耳打ちする。

「……ちなみに、これは個人的な感情ではなくて、T.T.S.の立場で戦略的観点から見た戦友の立ち位置からの話でして……一応、その、念のため」

 早口で一気に捲し立てる絵美に、亜金は「はぁ?」と怪訝な目で応え、マダムはクスクスと笑う。
 緊迫した空気が僅かに弛緩したところで、明朗な鈴蝶の脳内無線が響いた。

《絵美ちゃんアモロウナグを地下したに連れて来て。五感遮断、忘れずにね》

「T.T.S.」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く