話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

T.T.S.

沖 鴉者

FileNo.4 『Sample 13』 Chapter 5-3



 荒涼という言葉がこれほど似合う地はないだろう。
 地下資源こそ豊富なオーストラリア大陸だが、その地表は広大ながらも、ほとんどが砂漠や岩場ばかりだった。草木は少なく、見回したところで低木と雑草が僅かに見えるのみだ。
 赤い砂ぼこりと沸く陽炎と乾燥と高温とハエの群れ。
 そんな絶望的な環境に、WITを裏返して実体化したAI少女は溜息を吐く。
 せっかく源にせがんで買ってもらった彼女のビーバーテイルは、今や大量のハエに覆われて真っ黒になっていた。碌な栄養源のない荒野で暮らす彼らにとって、カナダが生んだ極甘のパイ菓子は、またとないご馳走だろう。
 全粒粉の生地はあっという間に溶けたアイスでグジュグジュになり、メイプルシロップやシナモンと共にハエを大量に呼び込んでいた。

「……これ、すてていい?」
「……好きにしろ」

 一体どれだけ集っているのか、ビッシリと群がるハエの量に、さすがの源も頷くしかなかった。
 ビーバーテイルを捨ててもなお、指に着いたシロップやパウダーを舐めに来る昆虫たちを煙たがる紫姫音を他所に、源は宣言する。

「ま、まぁ取り敢えず、食い終わったんだから行くぞ」
「……はぁい」

 露骨にガッカリした顔と共に溜息を吐き、AI少女はその身を縮めてWITとなり、源の手首に戻った。
 同時に、源の視界にナビゲーションシステムのARガイドアイコンが被さる。ただしそれも、交通手段なんざ意味ねぇ、との源の言葉に従って直線距離のみが《およそ25km》とザックリと表記されるのみだ。

「案外近ぇな。っと、こっちだな」

 両手を組んで肘を伸ばした源は進行方向に背を向け、そっと赤茶けた大地に手をつき、徐々に重心を腕に乗せて行く。

《なにしてるの?》
「ん?いぃから目ぇ瞑っとけ……って、目ねぇんだったな……とにかく行くぞ」

《さかだちでいくの?》
「そぉだよっと、んじゃ行くぞ」

《ジカンかかりそう》
「……で?次はどこに行きゃいぃんだ?」

《んえ?どういうこと?》
「もぉ着いたぞ」

《え?……》「ウソ……」

 源がWITを外し、放り投げる。
 そうして有機人工人体バイオロイドに戻って紫姫音の目の前には、世界最大の一枚岩の巨大な影があった。
 自然な会話の中で消えた25kmに首を捻るAI少女を他所に、源はマーカーを頼りにさっさと歩き出す。
 答えがもうすぐそこに迫っていた。

「T.T.S.」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く