話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

T.T.S.

沖 鴉者

FileNo.4 『Sample 13』 Chapter 5-2



 源が紫姫音と出会い、豪州の地へ降り立った頃。
朝鮮半島の地下の一室でSample 13は目を開いた。
 そこは、かつて彼の地に存在した北朝鮮朝鮮民主主義人民共和国と呼ばれる国が、隣国の生化学技術の盗用しようとした研究施設の成れの果て。かつて使用されていたのであろう数多の古い機材と、彼女の“お父様”が持ち込んだ機材が入り混じった歪な風景が広がっていた。
 長い年月の中で渇き、縮んだボロボロのリノリウムの床に素足で立ったSample 13は、汚れた壁に残されたハングル文字での案内表記を確認して、流暢な北朝鮮由来の朝鮮語で“お父様”に主命を乞う。

「排除対象は?」
「私の後方1.5kmだ。大方シオンの雇った傭兵どもだろうが、肩慣らしにはちょうどよかろう」

「承知しました」

 ドイツ語で返された主命に笑顔で応じ、歩き出そうとした少女を、お父様は呼び止めた。

「重畳だが、服ぐらい着ろSample 13」
「……失礼しました」

 あらゆる言語、武器、道具の使用法をインストールされていても、倫理観や道徳観念といった時々刻々と変化するものは、適宜アップデートしていかなければならない。
 だから、手早く着替えを済ませたSample 13が次いで口にした質問に、お父様は驚いた。

「殺害した場合、死体は遺棄することになりますが、後々騒ぎになる懸念があります。どうされますか?」
「……ふむ、では……相手の損耗を最小限・・・・・・・・・に撃退しろ」

「かしこまりました」

 意味不明な指示に笑顔で応えながら、Sample 13は生体の感触を確かめ、楽しむように歩き出す。
 足の裏から伝わる神経刺激の新鮮さに目を輝かせ、迸るようなパルスの刺激と遊ぶように、その歩調は徐々にステップのように弾む。
 かくして、完全武装の兵士達の撃退に服1枚の少女1人を差し向けるという、不安と絶望しかない指令が臆面もなく下され、少女の鼻歌に彩られながら実行に移された。

「T.T.S.」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く