話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

T.T.S.

沖 鴉者

FileNo.3 The truth in her memory Chapter-1-1


~2176年10月6日AM7:23 東京~

 台風一過の青天が、鬱陶しいほど眩しかった。

「当て擦りかしら、こんな晴れ渡ってくれちゃって」

 過ぎ去った夏を回顧するような、憎たらしいほど煌びやかな陽光の誘いは、自宅謹慎もあと僅かという身にはもどかしくて、正岡絵美は溜息を吐く。

――指揮系統に多大な混乱を招く行為に及んだT.T.S.No.3正岡絵美に対し、T.T.S.Master甘鈴蝶は1週間の自宅謹慎を命ず――

 組織に従属する身の上では到底許されないことをした訳だが、それにしては処罰は驚くほど軽すぎる。
 T.T.S.Masterたる甘鈴蝶の意向故不服はないし、そこに温情があることは十二分に理解しているが、弱音くらいは見逃して欲しい。
 いい加減、手持ちのトレーニング機器での自主トレにも飽きがきていた。
 それゆえ、呼び鈴は天啓だ。ましてやそれが自分への訪問者の鳴らしたものなら、願ってもない状況といえる。
 だが、それにしても限度がある。
 よりによって最も身近で厄介なトラブルメーカーが来るとは思わなかった。

「……」
「んだよ、折角寄ってやったのに、随分な表情かおじゃねぇか」

「あ、間に合ってます」
「なにがだ。ふざけてねぇで中入れろ。こっちもヒマじゃねぇんだ」

 絵美の相棒バディかなはじめ源は玄関先で顰め面だ。
 別段、この男が自身を襲うかも、とかそういった危惧はない。そんなことをすれば、源が自分の女に殺されるだけだ。
 だけど、この男が呼び込むトラブルはいつだって面倒ばかりで、関わったが最後、どこまでも巻き込まれていくことになる。
 謹慎も終わりに近づき、身体がウズウズしてきている身ではあるが、復帰一発目に源関連は若干重たいのも事実だ。
 出来ればご遠慮願いたいが、こうして来てしまった相棒バディを追い払うほど、絵美も薄情ではなかった。

「いいわ、入って……なにか飲む?白湯?」
「……好きなもん出せ、飲み干してやる」

「お、言ったね。じゃあ張り切って飲み干してもらいましょ」

 他愛のない会話をしながら、旧プラネタリウムの大広間に源を通す。犬猿の仲であるT.T.S.No.1が任務出向で不在なのは、なんともタイミングがよくて助かる。
 案外、源もそれを狙って来たのかもしれない。
 いつぞやの意趣返しが出来そうで、ほんの少しテンションが持ち直したところで、本題を尋ねてみる。

「それで?何の用事で来たの?」

 出された白湯を躊躇うことなく口に運びながら、源は一枚の画像データを送って来た。

「そいつ、知ってんな?」

 画像には、1人の男の姿がある。
 源の言う通り、絵美の知る人間だ。
 忘れるはずがない。
 そいつは、絵美の人生でとても重要な位置にいる存在だ。

「跳んだの?コイツ」

 わざわざ相棒バディの源が1人だけで来て、周到に画像が用意されていて、分かり切った関係性を確認して来る。
 ならば、そういうことだ。
 画像の男は、違法時間跳躍者クロック・スミスになったのだ。

「絵美、一応確認しとくが」
「無関係よ。もう知らない男」

「……そぉか」

 そう。もう無関係だ。
 昔付き合っていた男がどうなろうが、知ったことではない。

「T.T.S.」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く