T.T.S.

沖 鴉者

FileNo.0 The Christmas Miraculous offstage Chapter 3-2




 相棒バディの到着は早かった。24時間営業のカラオケ店に玄山が入ったのを見届けた直後には、源はその入口に光学迷彩カメレオンを纏って立っていた。


「いぃ場所見付けたな、ここなら防音から人の出入りまで対策バッチシだ……ほれ、早く追わねぇと逃げちまうぞ」


 二メートル近い長身の男が肩に担ぎあげたダッフルコートの男は、フラフラと空中に浮かび、可視化フィルターを通さなければ随分奇妙に見えるだろう。


 その原因を捉える事の出来る目で、絵美は源のボンヤリした立ち姿を見る。


 長身痩躯と言う言葉がこれ以上なく当て嵌まる体型をしているが、この男の持つ尋常ならざる膂力を、絵美は知っていた。


 実際、彼女はそれで命を救われてさえいる。


 だからかも知れない。


 フィルター越しの朧な立ち姿が何かを象徴している様で、絵美の心中は複雑だ。


「どした?」


「……光学迷彩それ、解いたら?」


「あぁ……忘れてた」


「おい元軍属……しっかりしてよ」


 どうにも、この男の光学迷彩カメレオンに対する認識が甘い。


 源が所属していたと言う部隊は、光学迷彩カメレオンも調達出来ない貧相なものだったのだろうか?


『そんな訳あるか』


 機械による戦争ノーワンデッドウォーになって久しい昨今の戦争の事情を、一警察官だった絵美は詳しくは知らない。


 だが、予算を出し渋る所轄警察署にまで浸透した光学迷彩カメレオン如きを、民間軍事会社や国軍が所持していない筈はない。と、そこまで考え至った所で、絵美は気付いた。


「……お前ぇに言われたかぁねぇよ」


『ああ、そうか』


 これは、彼なりの激励だ。絵美を捕える動揺を敏感に感じ取り、それを排除し、T.T.S.での立ち位置ポジション、几帳面でしっかり者の正岡絵美へと引き戻す為の言動プロセスだ。


 それをさり気なく、自らのミスと言う形で出す程、源には余裕があるのだ。


『随分余裕があるわね、真実を知らないから……だけでもないか』


 機械による戦争ノーワンデッドウォーの時代に、それでも軍籍を置いた男。


 では、と絵美は考える。


 哀れとさえ言えるそんな経歴を選択した男が見た光景は、これから絵美達ストレートフラッシュが侵す最悪の歴史改変・・・・・・・と比べると、どちらがより心を痛めるものだろうか?

「T.T.S.」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く