T.T.S.

沖 鴉者

FileNo.0 The Christmas Miraculous offstage Chapter 2-8




――A.D.2014.12.24 18:32 日本国 東京都渋谷区――


「……そう、やっぱり。……ええそうね、“案の定”って所よ」


 拡散された情報というコンプレッサーが、莫大な圧を生んでいた。
 駅前で起きた事件を追って、民衆が津波を起こしている。
 スマホを耳に当て、歩道の端を縫って、絵美はセンター街の人の波を逆流して行く。
 今し方二部署・・・から返信された内容は、ストレートフラッシュが思い描いた画を補強するのに充分だった。奇妙な話だが、この事件は、発生こそが原因だったのだ。


「何て事はないわね……“初めてのお使い”が時を越えた先にあったって……だけ」


 スマホを耳から離し、睨む。
 フリードニッヒ・ニーチェは言った。
 “事実と言うものは存在しない。存在するのは解釈だけである。”と。


「……じゃあどんな解釈だって言うのよ」


 一体、玄山英嗣は何を思って時を超えたのだろう?
 彼の人生の大半を覆っていた屈辱は、一体どこに注がれるのだろう?
 そして、もう一人。


 城野夕貴。
 彼女は何を思ってその名を捨て、真実を歪め、遠い異国の地へ身を隠したのか?


「裁かれるべきなのは、誰?」


 未来の基を成す過去の世界の只中で、一人、重い重い真実と向き合う。
 途方もない孤独感が人波を泳ぐ自身の境遇に似て、寂寥感だけが募って行く。
 時代の逆風、或いは、偏見の逆境。
 こんなものを抱え込んだ彼等には、精々同情する他ない。
 じりじり募る耐えがたいストレスに苛まれていると、そこにふと、聞き覚えのある声が混じった。


《どぉだぁ?何か分かったか?》


 それは、念頭にあった訳でも待ち望んでいた訳でもないのに、何故か心強く、そして力強く、絵美の精神に響いた。
 そうだった。
 今となっては、味方は彼しかいない。
 信用の置けない、でも異常な程頼りにはなる相棒バディの声に、少しだけ、肩の荷が下りた気がした。


「事実確認は取れたわ。そっちの彼も交えて“お話”しましょう」


 前方5M先を歩くトレンチコートを睨みながら、絵美はそう返答する。
 しかしまあ、そうは言っても気は進まなかった。
 何せ、これから彼等は完全なる冤罪を生まなければならないのだから。



「T.T.S.」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く