T.T.S.

沖 鴉者

FileNo.0 The Christmas Miraculous offstage Chapter 2-5




『あれ?……なにこれ?』


 どうにも妙な感じがして、電子少女はおずおずと声を上げた。


「……うーんと、ねえ源」


 ただ、彼女の言葉をガン無視して、主は煙草に火を点ける。
 人通りの少ない落書きだらけの路地だけあって、倒れたダウンコートの男に注意を払う者はいなかった。
 だが、すぐ横にセンター街通りが走っているとあれば、いつ人が来てもおかしくはない。
 長居が賢明でないのは、明らかだった。
 にも関わらず、悪い顔をした主はクツクツと笑って暢気に紫煙を吐いている。


「まぁでも、ここらで一騒ぎ起こすのも一興だぁな、歯応えなさ過ぎて軽く萎えたし」


「ねえねえ、源……」


「んだよ、どした?」


「なんか……へん」


「変って何が?」


「んっと……」


 どうしても歯切れの悪くなる発言に、痺れを切らせた主が命じた。


裏返れアドゥヴェントゥ


 主の延髄に埋まったチップと連動するコアを中心に、WITの分子構造が裏返り、内蔵物理機構が比重の重い二酸化炭素を内部注入する。
 それは風船が膨らむ様に似て、どこか非現実的な光景ですらあった。
 しかしながら、サイドテールの紫髪をクリーム色のダッフルコートの肩に流し、チェックのミニスカートから生足を伸ばして飴色の革のブーツに結んだ姿は、どう見てもローティーンの少女にしか見えず、ゆっくりと開かれる二重瞼から覗く碧色の瞳も生気に満ちている。
 だが、如何に生々しくとも、これ等は全て模造品イミテーション
 その実態は、WITを構成しているゴム素材だ。
 故に、その総重量は5g、顕現所要時間も3秒とお手軽な仕様になっていた。
 張り詰めた12月の空気に音も響かせず着地した紫姫音は、主たる源を仰ぎ見る。


「気になんならテメェで調べろ、これ吸い終わるまでなら待ってやっから」


「……わかった」


 先端で輝く橙色が勢いを失い、源は興味なさ気にストリートアートの鑑賞を始めた。
 すんなりと意を汲んで貰えた信頼が嬉しくも恥ずかしくもあり、紫姫音は俯きがちに頷き、ダウンコートの男の傍らにしゃがみ込む。
 何度スキャニングしても、彼女の受容器センサーは男の骨格をサンプルと合致していると判断した。
 それは、瞼を捲った虹彩でも同じ。
 検証結果だけを拾えば、ほぼこの男が玄山英嗣である事は間違いない。
 だが、たった一点。


「……やっぱり」


「どした?」


 男の項を中指の背で撫で上げた紫姫音は、源に向き直る。
 違和感が確信に化けて指先に触れる事が不快で、自然と表情は歪んだ。


「ないの、エンズイのチップが……さっきから、なんどもなんども、アクセスしようとしているのに……ハンノウがないの」


「……あ?」


 自分の言っている事に自信が持てなくて、どうしてもどもり気味になる言葉に、源の表情は曇った。
 当然だ。
 その言葉の意味する所は、つまり。


「このヒト、クロックスミスとおなじヒトだけど」


 源の煙草の先から、溜まりに溜まった灰がポトリと落ちる。


「ワタシたちのジダイのヒトじゃない」


 その瞬間。
 源がニヘラと笑った、気がして。


「……え?」


 気付けば紫姫音は、強い浮遊感と共に渋谷の上空200mにいた。
 目の前に広がるのは、月と僅かな星をあしらった黒い黒い夜の帳。


「どぉなってんだ……ったくよぉ」


 苛立たしくもどこか楽し気な源の言葉に目を向けると、抱えられた玄山の向こうに、美しく光り輝く渋谷の夜景が広がっている。


「わぁ……」


 思わず零れたのは、感嘆と感動と快感の溜息。
 胸一杯に広がるはち切れんばかりの感情の津波に、紫姫音の頭は空っぽになった。
 だから、と続けるのは言い訳にしかならないが、源に釘を刺された。


「感動しきりんとこ悪ぃんだけど、一旦戻ってくんねぇ?正直、今お前の嵩はキチィ」


「あ……ゴメン」


 腕輪型に戻って行く最中、着々と近付くQFRONTの真下で、主の相棒が呟くのを紫姫音は感知した。


「“あの…………馬鹿!”だって」

「T.T.S.」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く