T.T.S.

沖 鴉者

FileNo.0 The Christmas Miraculous offstage Chapter 2-4




 スペイン坂を下り切り、渋谷センター街通りを駅に向けて左に折れてすぐだった。


「よぉ!久しぶり!」


 突然彼は、ライダースーツを着た褐色肌の外国人に行く手を遮られた。
 かなりの長身で、見上げないと顔も拝めない。
 すぐに目を伏せた彼には、その男の長い黒髪が揺れる様しか見えない。
 当然、彼は男の事を知らない。
 だから、彼は自国民の様に流暢な日本語を話す男に警戒の色を強めた。


「俺の事覚えてっか?昔同じクラスだった……」


 見え透いた嘘だ。
 彼が机を並べた他人種は大学時代に二人だけ、どちらも英語を母国語とする白人だった。


「……ごめん、覚えてないや。勘違いじゃないか?」


 出来るだけ顔を伏せ、顔を上げずに一息で告げる。
 相手が何者なのかを推す事はしない。
 この街で見知らぬ人間に平然と声を掛ける人間など、大体決まっているのだから。


「すまないが急いでいる。キャッチセールスは違法だし、もう少し工夫した方がいいな」


 声を覚えられるのも旨くないので、彼は腕で男を押し退ける。
 だから、その腕を掴まれて、耳元で囁かれた時は驚いた。


「“止まれ”っつってんだよ、片手間ワンサイドゲーマー直々にな」


「な、何なんだお前」


 何故この外国人がここまで執拗に呼び止めるのかが分からない。
 ワンサイドゲーマー?何かの隠語だろうか?


『どうする?』


 ポケットの重みに意識が向き掛け、思い止まる。
 今ここで騒ぎを起こすのは、ハッキリ言って芳しくなかった。
 これから騒動の渦を生む身としては、今この瞬間は波風を立てるべきではない。
 乱暴に路地に引き摺り込まれながら、彼は考え続ける。


『どうする?どうする?』


 今すぐにでも振り解きたい褐色の手を睨んでいると、不意に男がその足を止めた。
 釣られて立ち止まり、男の顔を見る。


「さぁて」


 二重瞼の下でウインクする瞳は、まるで悪戯っ子のそれに似た煌きを宿していた。


「もぉちょい抵抗してくれても面白かったんだが……」


 直後、彼の意識は暗転する。
 視界の端で微かに光る紫電だけを瞼の裏に隠して。

「T.T.S.」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く