話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

T.T.S.

沖 鴉者

FileNo.0 The Christmas Miraculous offstage Chapter 2-2




A.D.2014.12.24 17: 48 日本国 東京都渋谷区


 8階建てのビルの屋上でも、その眺めは中々に絶景だった。
 スクランブルを行き交う人々はネオンの照明を受けて生き生きと躍動し、街に命の脈動を与えている。


「平和なもんだ……いぃ時代だな」


 片足を虚空に投げ出し、頬杖で視界を支えつつ、い(かなはじめ)源は紫煙と共に言葉を漏らした。
 ポニーテールに結わえた長い黒髪がたなびき、白く揺蕩う言霊と紫煙とほけが強風に流されて行く。
 常人ならば恐怖の勝る絶壁にあって、源は全く恐怖を感じさせないリラックスした様子で、ワイヤレスヘッドホンに身を揺らしていた。
 周辺状況確認と言う名目でぶらついた際、血気盛んにも絡んで来た若者から奪ったヘッドホンは、お高めな見た目にマッチしたいい音を奏でる。
 紫姫音に探させたこの時代の音楽も、夜の東京にはぴったりだった。


『普通にいぃな、誰ん曲だ?』


 視覚に広げたイコライザーにはBOOM BOOM SATELLITESの字が明滅していた。
 ビッグ・ビートの抉る様な低音が雑踏と喧騒を刻み、かき鳴らされるギターがクラクションの様に冬空を裂く。やがて二つの饗宴はモッシュし、人々はただそれに巻き込まれて行く。
 師走の名を持つ月の終わりに相応しい、1年と言う時間が螺旋の滑り台へルタースケルターを転がり落ちて行く様な聴き応えだ。
 無情な時の刻みの速さを前に、人々を襲う混乱や狼狽を、BOOM BOOM SATELLITESは叫び続ける。
 その狂騒的で混沌とした音色が、人の死ぬ瞬間を目撃すると言う、給金以外には何も得る事のない仕事を前にした今の源には、心地良かった。
 少し上機嫌に、曲の一部をハミングした時だった。


〈そろそろ時間だけど。今どこ?〉


 骨伝導音で聴覚器官に直接伝わる音声と共に、視界一杯に広がる眼下の光景にカーソルが現れ、ハチ公像前の女をロックする。
 受信と共に完了した逆探知機能が、送信者の顔をズームアップする。
 言わずとも知れた源の相棒バディ、正岡絵美の姿がそこにあった。
 一面に広がる群衆の中にあって、その場所だけスポットライトが当たった様だった。
 十頭身のスラリとした身体に、黄金比の顔立ち。
 ただそこにいるだけで絵になる強烈な存在感に、周囲は辟易としている。


「ここにいるよ」


 敢えて返信と言う形は採らず、源は手を上げてみる。
 勿論、この応えが届く訳もなくて。


〈……ちょっと、何か言いなさいよ〉


 断熱性と保温性に優れた任務用のスーツに、寒気が走る温度の声が聞こえた。


「怖ぇ怖ぇ……紫姫音、時間になったらちゃんと行くから待ってろっつっとけ。そんでも何か言う様なら適当に応えといてくれ」


〈りょーかーい〉


 間の抜けた少女の声を聞き届けると、源は吸殻を思い切り指で弾いた。
 両腕を光速で動かせる特異体質の放つデコピンは、亜光速に達する。
 吸殻は摩擦熱に焼かれ流星の様に燃え尽きた。


「さぁてと」


 大きく伸びをし、源はおもむろに絶壁から距離を置く。
 屈伸と肩回しをし、首を数回捻ると、気分も整って来た。


「俺も一仕事しとくかね」


 落下防止のフェンスを登り切り、天辺で両腕に力を込める。
 本任務の難点は、臨機応変さを求められる事だ。
 故に、状況確認とその更新は確度に関わる。


「まずは奴さんの場所確認から行きますかねぇ」


 気を利かせた紫姫音が、咄嗟に違法時間跳躍者クロック・スミスの顔写真を載せる。
 男前だが、どこか華のない半眼顔がこちらを窺っていた。
 整ってはいるが特徴のない顔は、雑踏の中では強いステルス機能を持っている事だろう。
 玄山英嗣。
 それが、今回の違法時間跳躍者クロック・スミスの名だった。


「見付けんのえれぇ大変そぉだな」


 吸い出した骨格データをオートスキャン設定し、源はフェンスを蹴ってスクランブルの空に飛び立つ。
 同時に、任務ツールから光学迷彩カメレオンを展開。
 その身を無色透明に溶け込ませ、光速移動のナイトクルージングを開始した。

「T.T.S.」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く