T.T.S.

沖 鴉者

FileNo.0 The Christmas Miraculous offstage Chapter 2-1

Operation Code:G-3840-2 [Efforts below the surface]


――A.D.2014.12.24 18:15 日本国 東京都渋谷区――





『毎度の事ながら、嫌になるわね』


 2014年12月24日18:15。
 渋谷スクランブル交差点の一角、QFRONTの前にて、城野夕貴が刺突された。
 刃渡り二十センチのナイフにより、彼女は胸郭と腹腔の境を失い出血多量。
 急激な血圧低下により、意識は混濁。
 冬の冷気をその身に感じながら、城野夕貴は2分後に絶命する。
 後は、誰かがこの事件を発覚させれば世は殊もなし。
 人知れず事件を見送った絵美は、周囲を見回す。
 場合によっては、目撃者の役割を引き受ける必要性があるからだ。
 だが、その心配は杞憂に終わった。
 雑踏の中から、絹を裂いた様な女性の声が上がる。
 冬の張り詰めた空気に響いたソレは、澄んだ空気も手伝って、民衆に恐怖を伝染させる。
 ただし。


「おい!誰か飛び降りたぞ!」


「はあ?頭おかしいんじゃねえのか?」


 その注目は、QFRONTの上空へと注がれていた。


「は?え?何?」


 意外な民衆の反応に驚いて、空を仰ぎ見る。
 そこには。


「あの…………馬鹿!」


 彼女の相棒バディがいた。

「T.T.S.」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く