T.T.S.

沖 鴉者

FileNo.1 Welcome to T.T.S.  Chapter5-3




 腹に響く重い打撃音が、間断なく、徐々に強くなっていた。
 非常灯のみが照らす不気味な静寂の中にあって、その音は殊更高圧的且つ無慈悲に響き渡る。
 施設内の電気回線や自家発電区画は、唯一的明星军团イーパッケージの作戦初期の段階で破壊されており、今は災害時にも内臓電力で作動する物だけが動いていた。
 故に。


「っと、まぁたこの類かよ」


 突如飛来した紫電を纏った二本の棘を躱しつつ、地上から20cm程の高さに滞空する掌大の小型ヘリに対峙する。
 プロペラを四枚で滞空するソレは、警備用の自律起動型ロボットで、機体上部に取り付けられたレールが飛ばす二本一組の電極で相手を拘束する。
 ロボットヘリが次の電極をリロードするまでの僅かな間隙を突いて、源は唯一的明星军团イーパッケージからくすねたマガジンを向ける。
 迷わず、最上部に顔を出す弾丸を指で弾いた。
 その気になれば光速で動く源の指は、銃のスプリングよりも尚速い。
 音速にやや遅れを取る速度で放たれた弾丸は、見事に機体中央を捉えた。


「ほんとにロボットとめなくていいの?」


「あぁ、今は大禍の開放が優先だ」


 空になったマガジンを放り投げた源は、あと二つ角を曲がれば怨敵と再会する事を確認する。
 足を止め、相棒に問うた。


「紫姫音」


「なに?」


「大禍解放まで後どん位掛かる?」


「もうすぐでおわる」


「そぉか、宜しく頼む」


 決着の時が迫っている。
 予想外の絵美の行動で、源の思い描いていた結末は大分ズレて来てしまっていた。
 正直、源はギルバートと大禍を使って心中する心積もりでいた。
 ただ、それではバディを明治時代に置き去りにする事になってしまう。
 紫姫音の起動条件は源自身の生命活動とリンクして起動している為、後始末を任せる事は出来ない。
 これはT.T.S.の内部情報を護る為の仕様であり、仕方がない。
 だから、源は何としてもギルバートに生きて勝利しなければならなかった。
 しかも、この勝利には重大な意味が加わっている。


“GOD bless you”


 源以上に実力主義者リアリストな絵美が放った、余りにも他力本願ファンタジーな言葉。
 そこに込められた大量の意味は、紫姫音の報告で理解した。
 気付いた時には呆れたが、絵美らしい推察と手段はどこまでも彼女の手垢を感じさせ、実に愉快だった。
 では、それにどう応えるべきなのか。


『なぁに、簡単な事だ』


 身の振り方を考える時は、いつだってこの考えに立ち返って来た。


『俺は武器だ。武器は使用者の意のままじゃなきゃなんねぇ』


 正岡絵美は、明確な意思でかなはじめ源を送り出した。
 ならば、源は“Die Haendeum Gott zu fangen”としてではなく、T.T.S.No.2ストレートフラッシュの“片手間ワンサイドゲーマー”としてギルバートに勝てなければ意味がない。


『アイツの為に戦い、アイツの為に勝つ。そんだけだ』


 幸い、絵美は逆転のカードまで用意してくれている。
 これで勝てない様では、そもそも絵美の相棒バディである資格がないという事になる。


『厚かましぃ期待に応えんのも武器の役割だぁな……そんじゃ』


「いっちょやってやっかね」


 決意と頭の中に渦巻いていたあらゆる感情を洗い流す様に溜息を吐き、決意も新たに肺に深く酸素を送り込む。
 熱を帯びた身体中の患部から心音を辿り、耳を澄ませる。
 自らの奥底から湧き上がる地鳴りの様な脈動が、生命体としての証明を叫んでいた。
 ふと、絵美の言葉がフラッシュバックする。


“アンタはもう武器じゃない”


『……そぉでもねぇさ』


「紫姫音終わりそぉか?」


「うん、カウントダウンひょうじするよ」


「宜しくどぉぞ」


 呟いて、歩み始める。


『だって俺ぁな』


 光学迷彩カメレオンを起動させ、源の姿は景色に溶けた。
 マガジンパックを持った両手を孔雀の雄の様に低く上げ、歩調を強める。
 口元が、自然と緩んだ。


『俺ぁこんなにもお前の武器になれて喜んでいる』


 大禍の詰まったパンドラの匣が開く。

「T.T.S.」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く