T.T.S.

沖 鴉者

FileNo.1 Welcome to T.T.S.  Chapter4-4




「派手な目晦ましもあったものね」


「あぁ……してやられた」


 浮かない表情のバディと共に梁を退け、顔にこびり付いた埃を払った源は立ち上がる。
 腹を潰す様に圧し掛かっていたそれは、ゴキブリやネズミの糞や死骸と夥しい数の綿埃を撒き散らし、ボロ家屋の中を地獄絵図に変えていた。
 入室を拒否したマリヤを手錠で拘束した絵美さえも、正直長居はしたくない。


「……っ!っくっそ!」


 埃塗れの身体を払う源が歯を食い縛りながら呻く。
 フィジカルスキャンで軽く走査しただけでも、赤字表記レッドシグナルの重篤損壊箇所がスクロールを埋め尽くす程満身創痍な彼だが、のんびりしてもいられなかった。


「エリから通信は?」


「あったわ。そしてビンゴよ、2149年12月24日。中華栄民国が公表をひた隠しにしていた大禍流出日時とピッタリ合致する。間違いなく、奴はそこにいる」


「成程な、お前の読みは最悪の正鵠を射た訳だ」


 つい今し方、ギルバートはここを発った。
 その際の目晦ましとして、彼は梁を踵で落として行った訳だが、その目的は、紛れもない。
 タイムマシンに乗る為だ。
 では、何故ここでタイムマシンなのか?
 その目的をストレートフラッシュは知っていた。
 唯一的明星军团イーパッケージが奪ったウイルス兵器を横取りする事だ。






 2058年。
 中華人民共和国国内で、共産政権中最大規模の暴動が勃発した。
 切っ掛けは、埋まらない所得格差と改善されない生活環境に業を煮やした低所得者層や地方市民が、華僑の力を借りて起こした小さな暴動だった。
 中国政府は鎮静化の、陸軍と空軍に出動を要請。
 しかし、これを一部の空軍部隊が無視した所から、話が拗れ出す。
 軍規違反を犯した部隊への判決が下る日、陸軍の一部部隊が裁判所を襲撃したのだ。
 ここまででも十分に複雑な事態にも関わらず、頭痛の種は更に芽吹く。
 裁判所襲撃と時を同じくして、別の陸軍部隊と一部海軍部隊が、共産党本部を占拠したのだ。
 中国政府は、非常事態宣言を発令し同盟諸国に応援を要請。
 だが、これに呼応する国はなかった。
 暴動を支援した華僑が、裏で外交的手回しをしていたのだ。


「衰退が無視出来ない中国経済より、我々生え抜きの華僑が展開する経済にシフトした方がいい。中華人民共和国は敵も多い国だ、同盟国でいる事でメリットが生まれる時代は終わった。それならば、我々が目指す新しい国家に賭けた方がいい」


 期待と不安の天秤を話術とデータで引っ繰り返し、彼等は中国共産党を孤立させる事に成功していた。
 しかしながら、この騒動は妙な形で収まりを見せる。
 一連の騒動全てを裏で指揮していた人民解放軍陸軍、楊陽林大佐が、共産政権の存続希望を表明。
 同時に、「祖国消失は望まぬし、国の在り方に優劣もない。我々は別の可能性を求めての建国を目指したまでである。故に、我々が求めるのはただ一つ。独立の権利のみである」として、中華人民共和国を半分に割ったのだ。
 無論、牽制も忘れない。


「ここまでの譲歩には勿論理由がある。我々は核兵器に変わる新たな兵器を開発した。当然傾国の威力を持つ物だ。もし我々を軽んずる行為、及び意に反する行為を人民政府や諸外国が取った場合、我々はこれを用いて軍事を行使する」


 こうして、中華人民共和国の傍らに全く別の自治形態を持つ国が生まれた。
 その名は、中華栄民国。
 初期の暴動こそ死者が出たものの、犠牲者の少ない独立を成した事により、世界中が中華栄民国を高く評価した。
 その影響は経済面でも如実に表れ、建国から五年を待たずして中華栄民国は母国の経済を圧倒。
 あっと言う間にGDPで世界第三位を捥ぎ取った。
 しかしそうなると、人々の関心は別の問いへとシフトして行く。
 核と並ぶ程の脅威とは、一体何か?と言う問いに。
 その正体を突き止めようと、世界各地の団体、組織が様々なアプローチを試みるが、結果として分かった事は二つだけだった。
 即ち、その兵器が国際法に違反する細菌兵器であろうという事。
 そしてもう一つが、それを中華栄民国政府は“大禍”と呼んでいる事だった。






「まさか本当に大禍狙いとはね……」


「どぉした?予想が当たったんだ、もっと喜べばいいじゃねぇか」


 そう、絵美はこの展開を予想していた。
 有島高尾の記憶野から抽出した情報と照らし合わせ、彼等が時間跳躍した場所を割り出し、同時に現地の警察組織に周辺全てのインフラに設置された監視カメラの映像を提供して貰う。
 ギルバートと思しき人影を只管探す地道な追尾と懸命な継ぎ接ぎの結果、遂に彼女は中華栄民国の旧軍本部に佇む怨敵の姿を捉えた。
 源から聞いた情報とギルバートに接触した際のプロファイリング、入手したばかりの映像証拠、揃いも揃った材料から、彼女はある結論を導き出した。


“帷子ギルバートは存在理由レーゾンデートルに疑問を持っており、その事で世界を憎んでいる”


 当初は、まるで思春期の子供の様な犯行動機だと思った。
 だが、神も仏もいないこの世界で、それでも神と追い駆けっこをする事を運命付けられたギルバートを、笑う気にはなれなかった。
 それは勿論、バディに対してもだ。
 気楽に絵美をからかった源の口元は硬い。
 当然だ。
 彼はこれから、単身で正体不明のウイルスをドンパチ奪い合っている中に身を投じなければならないのだから。


「Neuemenschheitherstellungplanで免疫は強化されているのよね?」


「あぁ、フィトンチッドで時代遅れの花粉症になる位だ」


「その中に大禍のデータは?」


「入ってる訳ねぇだろ、サンプルは核で消滅、データは隠蔽中だぞ」


 アッサリ且つキッパリと、表情も変えずに言ってのけた相棒バディを、絵美は注意深く観察した。
 座っているのに僅かに傾いた姿勢と、呼吸音に混じる液体の気配。
 出血著しい箇所に貼ろうとセロファンを剥がす手は薬指が動いておらず、全身から噴き出す汗で患部に埃がこびりつたままだ。


「……ねぇ、やっぱり私が」


「駄目だ」


 堪らず発した提案は、言い終える事も許されずに却下された。
 聞く耳も持たない意思表示に背中を向けた源に、食い下がる。


「アンタはもう武器じゃない」


 沈黙で表す拒否の姿勢が、絵美の心を寂寥に突き落とす。


「アンタは私の相棒バディなの。人間なのよ。T.T.S.のNo.2で、ストレートフラッシュの片手間ワンサイドゲーマーとして違法時間跳躍者クロック・スミスに恐れられる立派な人間なの。どうしてそれが分からないの?」


“本作戦に於いて、基本的に正岡絵美は後処理に当たる事。もし状況が2149年まで進行した場合も、正岡絵美は事後処理の為1893年に待機。時間跳躍者及び帷子ギルバート確保はかなはじめ源のみとする”


 到着時報告ランディングレポートが告げた余りにも残酷な指示に、当初は困惑した。
 何故なら、絵美はギルバート追跡と平行して、彼の攻略法をも独自に編み出していたからだ。
 ただ、その方法には、どうしても絵美のWITが必要だった。


 “5m以内、時間は同時刻に”


 その条件が、崩れ去ってしまう。
 然るべき時に源と打ち合わせが出来ればよかったのだが、ギルバートの足跡追求と攻略法考案だけで手一杯だった。
 いっそ今言ってしまえばいいとも考えたが、待ち受けるギルバートがどんな迎撃手段を採るか分からない以上、浅薄は厳禁だ。
 状況は、世界の分水嶺に差し掛かっているのだから。


 ただ、嫌な予感は拭えなかった。
 ギルバートの懐く疑問を、源もまた懐いた筈だ。
 戦争の為に造られた兵器は、平静の世では無用の長物でしかないのだから。
 ならば、源の選択は、一体どこに流れ着き、終着するのか?


 それを考えると、絵美は怖くて堪らなくなる。
 止めたいのに術がない。
 急騰するジレンマで頭が可笑しくなりそうだった。


「ちょっと何~?外まで響いて来たんだけど」


 だから、不意に加わった女の言葉に返す言葉が見つからなかった。
 出来る限り足元を見ない様にしているのか、一見壁に向かって話し掛ける様にして、梁でぶち抜かれた部屋を渡るマリヤ。
 転ぶ事請け合いの歩き方に案の定すっ転び、絶叫している。


「あ!」


「あぁあ、馬鹿だなあの女。ちゃんと面倒見とけよ」


 自力で起き上がる事も出来ずにのた打ち回るマリヤに大慌てで駆け寄る絵美へそう投げ掛けて、源は立ち上がる。
 丁度、背後でタイミングよく、TLJ-4300SH-吽の来訪を告げる雑音がした。
 マリヤを助け起こすのに手こずっていた絵美の頭は、フル回転ですべき行いを選定する。
 どうすれば秘策を伝えられるか、彼女の思いはどうすれば伝わるのか、そして、源に存在理由を与えるのに最も有効な事は何か。
 かくして。


「じゃ、ちょっくら行って来「源!」……あ?」


 光には到底及ばない音速の制止を追って、放物線が疾駆する。


「ちょおま、結構なドSっぷりだな……っておい!WIT俺に渡してどうすん「勝って!」……へ?」


 ギリギリキャッチした反動で再出血した部分を押さえる源に、畳み掛ける。


「勝って私達を迎えに来て!ここで待っているから!絶対に生きて戻って!勝手に終わらせようとしたらこの時代に生きながら恨み続けるからね!」


 源も、そしてマリヤでさえも、ポカンとした顔で絵美を見ていた。
 まあ、それも致し方ない。
 T.T.S.のWITには、時空を隔てて通信出来る機能が備わっている。
 それを預けるのは、自ら軟禁を申し出る事に等しい。
 そんな馬鹿は、まずいない。
 ただ、愚行は時に場を和ませる効果を持つ。
 今回もそうだった。
 実際、源の肩が僅かに震えている。


「……らしくねぇ事しやがって、傷開いたらどぉすんだ馬鹿」


 くっくっと暫く俯いていた彼は、そのまま両手のWITに絵美のそれを加える。
 幾分和らいだ目元で笑い、源はもう一人の相棒に指示を飛ばす。


「紫姫音、同期頼んだ」


「わかった」


「んじゃまぁ、改めて言うのもなんだが、行って来らぁ」


 ひらひらと手を振った源が扉を閉める瞬間、絵美は最後の一言を投げた。
 大事な最後のピースを、たった一言で埋める。


「GOD bless you」


 刹那、源の目が驚きに瞠り、絵美は意思が伝わった事を確信する。
 時を超える為の雑音が聴覚を支配する中、絵美は笑った。

「T.T.S.」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く