T.T.S.

沖 鴉者

FileNo.1 Welcome to T.T.S.  Chapter4-3




 ギルバートは手を伸ばす。


「俺と来いよ源。俺にお前が必要な様に、お前にも俺が必要な筈だ」


 嘲笑う程自虐的に。
 悲しい程寂寥的に。


「周りの連中。お前のパートナーとかほざくアノ女からすれば、俺達は化物だ。化物の相棒は化物にしか勤まんねぇ。そぉだろ?」


 それは、まるで許しでも乞う様で。


「戻って来い。昔みてぇにまた組もぉぜ。俺達なら“神”だって殺せる。ニーチェよりも確かな形でだ」


 震える言葉を紡ぐ凸凹の顔を、特有の粘性で血が伝う。
 それを歯牙にも掛けず、目を逸らさない。
 瞬きを失念した様に、源へと手を伸ばし続ける。
 心の棘が、身体全体から剥き出しで見える。


『畜生、知りたかぁなかったよ』


 まるでサボテンだ、と源は思った。
 過酷な環境で生き伸びる為に瑞々しい外見を捨て、触れる者全てを傷付けずにはいられないカタチになった。
 植物と言う在り方そのものを変容させるしかなかった異質な存在。
 渇いて刺々しい癖に、誰よりも潤いを求めて傷付ける事しか出来ない血塗れの手を伸ばし、救いを求める。


『お前こそ、随分変わっちまったな』


 好々爺の面は、昔と変わぬ帷子ギルベルトとして接する為の仮面だったのだろう。
 喧しかった張り合いを欲し、煩わしかった触れ合いを求め、ギルバートはギルベルトを装った。
 そうして未来を潰し、現実から目を逸らし、時間跳躍してまで過去を求めた。
 かつての源に期待した。
 だが、それはある意味源も同じだった。
 記憶の中のギルベルト。
 強く優しく誇り高い、戦火を背負う立ち姿に、美しさすら感じさせる孤高の武器。
 源が憧れた唯一の存在。
 そんなギルベルトに勝ちたい一心で今日を迎えた。


『随分歪んだな、ギル』


 だが、今目の前にいるのは、そんな懐かしい存在ではない。
 源が過去を葬った代償に、ギルベルトはこんなにも醜く卑しいギルバートに変容してしまった。


『俺のせい、か……でもな』


 だからと言って、ギルバートを許す気はなかった。
 何故なら。


「ざけんな、お前は絵美を傷付け、辱しめ、殺そうとした。」


 キッパリと、ハッキリと、聞き逃しも聞き間違いも等出来ぬ様、源は告げる。


「それだけでも俺はお前が許せねぇんだよ。分かるか?お前を裁く理由なんざそんだけで十分なんだ。さぁ選べよ、どっちでぶちのめされたい?黒か?白か?」


 問い掛けに、答えはなかった。
 耳鳴りがしそうな程の静寂。
 誰も口を開けない。
 光速の攻防の直後からか、とろ火で炙る様な沈黙が蜿蜒と引き延ばされて行く様に感じた。


「そぉか……残念だ……残念だよ源」


 意識を繋ぎ合わせる様なギルバート言葉が、氷点下の冷たさで吐き出される。
 同時に、袂に伸びた彼の手が注射器を取り出す。


「じゃあもぉ、何もかんもいらねぇ。なくなっちまえ、こんな世界」


 ブスリと首筋に刺さった注射針の上で、不揃いな瞳が憎々しげに源を睨んだ。










 ふと、絵美が米神を押さえて表情を曇らせた。


「……そう……分かった。用意は出来ているのよね?……ええ……ええ……分かった。ありがとう。ええ、バイタルヤバそうならすぐに私に言って…………ええ、分かっているわ。ごめんなさいね、我儘ばっかり……はは……ええ、頼んだわ」


 通信を終え、尚項垂れたままのT.T.S.No.3。
 落胆を隠す気がないのか、そこまで気が廻らないのかは分からないが、肩を落とした絵美の姿が随分と弱々しく且つ無防備に、マリヤには見えた。


「……どーしたの?」


「何でもないわ」


 睨みながら返された言葉に辟易していると、耳障りな雑音が夜風を裂いた。
 スズメバチの羽音の様な電子音にも似たノイズ。
 その正体を、マリヤは知っている。


「ちょっとどーゆー事!?これタイムマシンの音よね?」


「そうよ、それがどうしたの?」


「どーしたの?じゃないでしょ!私達どーするのよ?」


「別便だから大丈夫よ」


「別便?それって」


「少し黙っていてくれる?……あと、そろそろ戻るわよ」


「戻る!?正気!?」


 苦々しい表情で、絵美は頷く。
 死ぬかもしれない場所に行くなんて死ぬ程嫌だが、機嫌の優れない監督役の指示では仕方がない。
 深く嘆息して、数歩おきに振り返る絵美の後に、マリヤは続いた。

「T.T.S.」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く