話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

T.T.S.

沖 鴉者

FileNo.1 Welcome to T.T.S.  Chapter3-4




 人気を匂わせる闇の中を、ストレートフラッシュが駆け抜ける。
 和装の上に白衣を纏った二人は、前後で挟む様に人事不省に陥った有島を運んでいた。
 ちなみに担架の代わりとして、源が身を隠していた葭簀を勝手ながら拝借している。
 腹部を細い線状に貫かれた有島は青白くグッタリとしていて、生気を欠片も感じさせない。
 正に瀕死状態だが、帰還すれば全快の見込みがある。


 しかしながら、応急処置を行った源は有島の状態に驚いていた。
 縮んだ胃とくすんだ肝臓。
 その間に胆嚢を避ける形で引かれた創傷の線は、生体を完璧な時限装置に変えていた。
 太い血管を一本だけ切られた彼の身体は、出血量こそ多いものの、内臓諸器官には一切の損傷が見られなかったのだ。


「即死はしねぇが放っときゃ致命的になる状態だな。胃の縮み具合からして飯を食ってる様子もねぇ……体力減衰でタイムリミットの下拵えって訳かよ」


 処置を施した源は業腹な口調でそう言った。
 いずれにしろ、今優先すべきはこの場を離れる事だ。
 それは勿論、有島の容態が危険な為、と言うのもあるが、それ以上に、この時間に住む者達の関心が怖いからだ。
 蔵の所有者宅には麻酔をかけてあるが、他の人々は違う。
 彼等に事を悟られた瞬間、最も悪い想定か、それ以上の事が起こる可能性がある。


 そこで絵美が発案し、二人が実行に移したのが、白衣姿での移送だった。
 これは肉眼視認化拡張現実ナナフシと言う変装技術に頼った案で、視覚誤認情報を発する光学迷彩カメレオンに白衣のフィルターを重ねる事で成り立っており、これで二人は“患者を医局に移送の為に近所の葭簀を拝借した医者と看護婦”というシチュエーションを作ったのだ。
 川村マリヤを確保するまでの衣装もこれに由る物で、フィルターを外した二人の姿は、ライダースーツの様な繋ぎになっている。
 これにより、概ね二人の行動指針には障害がなくなった。
 しかし、有島の損傷具合は偽りなく危険だ。


「紫姫音、緊急時信号を発信しろ!時間がねぇから急げ!!」


「わかった!」


 D-28地点が視認出来る場所まで来て、先行する源がWPに向かって叫んだ。
 紫姫音も状況を理解しているのか、即応する。
 インジケーターが即座に開き、チャンネル検索を始めた。
 負けじと絵美も適材適所を模索する。


「源、マリヤの運搬は私よりアンタの方が向いている。エリちゃんとの通信は代わって!」


「あいよ、紙園に川村と同じ場所に葭簀置いといていぃか聞ぃといてくれ」


「分かった」


「源!緊急信号送ったよ!20秒後に返信来るって!」


「だとよ、紫姫音ごと渡すから、後ぁ頼んだぞ」


 WITを放った源は、そのまま有島を引き摺って民家に消える。
 乱回転するそれをキャッチし、絵美は頷く。


「じゃあ繋げ……大丈夫?」


「め……まわった」


「……頑張ろう紫姫音ちゃん」


 ウェッと嘔吐寸前の嘆息を吐き、紫姫音は固定化完了を宣言した。


「いけるよ」


 紙園エリの声が流れ出す。


「T.T.S.No.2かなはじめ源、何故貴方は毎回毎回緊急信号で通信されるのですか?軽挙は慎めと骨身に染みる様に教え込んだのに、何をやっているんですか貴方は?馬鹿ですか?愚図ですか?白痴ですか?死んで頂けませんか?」


「……えと、ごめんねエリちゃん。私、絵美なのだけど、本当に緊急事態なの。作業分担で源と代わっていて……」


「絵美さん?では、この通信は……」


「詳細は後で。ともかくTLJを早急に跳躍させて。重要参考人を確保したのだけど重傷を負っていて……このままでは命があ「ぶないよねえ」……え?」


「絵美!!」


 突然、自身の言葉に割り込んだ誰かと紫姫音の声を聞いた。


 直後。


 脇腹に受けた信じられない力に呼気と吸気を全て奪われ、絵美の身体が高々と飛んだ。
 これまで感じた事のない浮遊感。
 それはザラザラ巡る視界の中で肩に受けた別の衝撃により逆転。
 絶望的な落下感に変貌する。
 だが、それも刹那の事。
 すぐに焼ける様な痛みが背中に走り、風が止んだ。
 瞬く間に起こった出来事に、理解はおざなりにされたまま。
 漸く開けた目に、満天の星空が広がる。
 三半規管が狂ったか、未だに浮遊感が拭えない。
 呼吸の仕方が分からない。
 全てが一瞬だったのに、患部が熱に脈動し、現実なのだと糺す。


「ガハッ…………ゲホッ…………」


 咽返りで復活した心肺が、全身の鈍痛を際立たせる。


「…………ぐ……」


 奥歯を噛んで痛みに耐え、体を起こそうとする。
 だが。


「慌てないで」


 強い力で胸を押さえられ、絵美は再び仰向けに戻された。
 激痛が意識を揺さぶる。


『ヤバい……どこでもいいから、身体を動かさなきゃ……意識が、飛ぶ……』


 気合と根性で手を伸ばす。
 胸の強い圧力を掴み、それが何者かの脚だと分かった。


『誰だ……コノ!』


 怒りと共に瞼を開く。


 ソレを見た瞬間、脳裏に源の言葉がリフレインした。


“今回の相手はマジでヤバい!ヤバ過ぎる!!”


「はじめまして、だね。彼はどこだい?」


 そこに、金糸で刺繍をあしらった藍地の直垂を纏う翁面があった。

「T.T.S.」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く