T.T.S.

沖 鴉者

FileNo.1 Welcome to T.T.S.  Chapter1-6




 淋しい口元を煙草で埋めて、源は歩く。
 未来から持ち込んだ煙草を平然と過去で吸う等、職業倫理上等の行動だが、生憎と言うか幸運にと言うか、お咎め役は不在だ。
 だが、決してもう一人がいなくなった訳ではない。
 虫達と共に鼻歌交じりの源の耳小骨を、マナーモードのインターフェイスが揺さぶった。


[ねえねえ、出現地点アライブマーカーとまだ50m離れてるけど、いいの?]


「お前俺と絵美の話聞ぃてなかったんか?あの書生だか何だかが相当粘ってんだよ。だから少し時間潰してたんだ」


 でもまぁ、と源はその場で爪先の向きを変える。


「どぉやら動きを固定出来たらしぃな、こっちも仕事すんぞ」


[りょーかい♪]


 出現までのカウントダウンは、もう5分を切っていた。
 源は絵美に万感の思いで礼を言いたくて仕方がなくなった。
 視界で、違法時間跳躍者クロック・スミス出現地点アライブマーカーが西院伽藍の敷地に隣接する婦人用厠をショッキングピンクに染め上げている。


「変態紳士なんてガラじゃねぇんだがなぁ……」


[ただのヘンタイだもんね]


「言いやがったな臍曲げ小娘が」


 そうは言っても、今は任務中だ。
 モラルは障害にならない。
 渇いた草の匂いと秋虫の合唱を掻き分ける様に、源は簾を捲った。
 視覚に上書きされていた厠全体の色が剥がれ落ちる。


「へぇ、やっぱマメだなぁ昔の日本人は」


 基本文化レベルが低いので、陰部を擦る縄や桶に溜まった汚物の臭いやそれに誘われた大小様々な蠅もいはしたが、それを差し引けば、厠は綺麗な使われ方をしていた。
 入ってすぐ右の手水場や、茣蓙を敷けば問題なく横になれそうな滑らかな土の地面は、強く文明化された社会を窺わせる。
 手水場は曲がり角に位置しており、そこを左に折れると、正面に小さな窓が、左壁際には三つ並んだ個室が、それぞれ確認出来た。
 どれも綺麗な木目の板で区切られている。
 そして、そんな個室群の一番奥にそれはあった。
 ショッキングピンクに明滅する奇妙な木目は切り替わったマーカーの証。
 違法時間跳躍者クロック・スミス出現地点アライブだ。


「流石は“東洋の紳士”の国ってとこだなぁ……婦人用だけど……」


 益体のない事を言っていると、カウントダウンの表示が赤く点滅を始め、同時にあの音が聞こえて来た。
 虫の羽音の様な、整体師の使う赤外線投射機の稼働音の様な、ブーンともジーとも聞こえる、不自然な音。
 それは、TLJ-4300SHという科学の結晶が人の空想を捉えた音。


『おいでなすった』


 カウントダウンが3分を切った。
 怪音を警戒した秋虫が一斉に凪いだ中、源は三つある個室の一番手前に忍び込み、紫姫音に指示を飛ばす。


ASIApplicationSoft Indexより破滅との握手シェイクハンズ・ウィズ・ダムネーションを実行」


[ASIよりShake Hands With Damnationを実行。これより展開します。表層の高圧電流にご注意下さい。…源はさわってもいいけど]


「よぉし、その喧嘩買った」


 骨伝導の返答に顔を引き攣らせると、左腕で変化が起こった。
 彼の手首。WITから先が、虹色の光に呑まれて消えている。
 まるでそこに次元の穴でも開いた様に、物理的にあるまじき光景が広がっていた。にも拘らず、源は眉一つ動かさずに腕を虹の中に突っ込んで行く。
 愈々肩口まで虹の渦に突っ込んだ彼は、今度は逆にそれを引き出しに掛かった。
 再顕現して行く腕に疑問は持たない。
 例え、再顕現していくそれが異様な色をしていたとしても、だ。
 腕を漂白し、血管のみを染色した様だった。
 白い下地に、動脈の様に蔓延る無数の赤黒いライン。
 左腕を完全に覆ったそれは、古風な着物との不和が違和感を越えて異常さを感じさせた。
 不気味なこのグローブは、高圧電流で咎人に罰を与え、断罪へと導く手。
 破滅との握手シェイクハンズ・ウィズ・ダムネーション
 源がT.T.S.に許可を取って使用する武器の一つだ。
 拳を固め、解いた源は、そこであるアイディアを思い付いた。
 悪戯を思い付いた子供の様な目で腕輪に告げる。


「なぁ紫姫音」


[ん?なあに?]


「お前ちょっと参加してみねぇか?」


[え?……でもそれってキヤクイハンになるでしょ?……いいの?]


「大丈夫だって、俺とお前と神さんの秘密って奴だ」


[なんかよくわかんないけど……オモシロそうだからやる♪]


「流っ石俺の亜生インターフェイスFIAI。そぉ来ると思ったぜ♪説明すっぞ、上手くやれよぉ」


 カウントダウンが30秒を切った。
 間もなく、愚かな違法時間跳躍者クロック・スミスが遣って来る。

「T.T.S.」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く