T.T.S.

沖 鴉者

FileNo.1 Welcome to T.T.S.  Chapter1-3-2

「ご用件は如何なもんで?」


 腫れ上がった患部を摩りながら見上げる源に、絵美は腕輪を指示した。


「WIT起動させて」


「はぁ?……紫姫音起動しちまうぞ?」


「仕方ないじゃない、こっちにはリハみたいな音声しか入っていないの。そっちに入っているのがどうだか確認しなきゃだし……」


「……面倒臭ぇなぁ、あの主将カピタン


 新リーダーに対する評価をアッサリ覆し、源は手首にある腕輪型のデバイス、通称WITのスイッチに手を伸ばす。
 一応念の為石橋を叩いて渡る精神で前もって手を止め、絵美に確認。


「ほ、本当に起動すんの?」


「う、うん。いいよ、大丈夫」


 冷静沈着さを取り戻しつつある様なので、源はスイッチを押した。
 来たるべきけたたましい罵詈雑言に備え、精神的耐ショック姿勢を……。


「……あれ?」


 予想した罵声が来ない……どころか、姿さえ見せない。
 拍子抜けして源を見ると、彼も彼で慌てていた。


「ん?あれ?紫姫音?……おぉい、紫姫音さぁん?」


「……なあに?」


 ようやく聞こえて来た声は、これまた随分不機嫌そうに響いた。
 ちょっとおっかないので、自然と絵美は身構える。


「んだよ起動してんならさっさと反応しろ」


「しらない。絵美となかよくしてればいいじゃん」


「何でもいぃから、早く本指令のデータ開け」


「ヤダ!」


「はぁ?お前俺の亜生インターフェイスFIAIだろ。仕事しろ」


「しらない!源なんて絵美とよろしくやってればいいんだ!」


「アホな事言ってねぇで早く開け。俺はユーザーだぞ」


「しらない!」


 どうにもご機嫌斜めな現音声のみの彼女の名は紫姫音。
 腕輪状になった情報端末の総合インターフェイスであり、機械らしさを捨てた生物に近い反応を返す新型のインターフェイスである。
 AI型の総合インターフェイスは2170年代では一般的であり、さして珍しいものではない。
 だが、紫姫音が通常規格かと言うと、それは違う。
 彼女は人間の脳を機械的に忠実に再現した新型のAI。
 亜生物型総界面人工知能。
 通称、亜生インターフェイスFIAI
 元来介護や教育の現場での利用が主として作成された為、可愛らしくデザインされた外見が多い亜生インターフェイスFIAIは、外見年齢が起動経過時間、つまりユーザーとの共有時間に反映される。
 それ故こうして臍を曲げてしまう事もあるのだが、そこはインターフェイス。
 ユーザーからの指示は絶対であり、刃向った場合にはユーザーがペナルティーを科すシステムがある。
 強制的に外部出力が為されて実体化した紫姫音に、源は薄い笑顔で告げた。


「……処罰信号パニッシュメントシグナルTickle」


「ひゃぇ!?うっひゃ!うっひゃひゃひゃひゃ、うひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!!!」


「どぉだ?止めて欲しけりゃさっさと本指令のデータを出せ」


「ひゃひゃひゃっはぇ…イヤ、うっひゃひゃ……イヤ…だぁ…うひゃ!うっひゃひゃ……」


「ほぉ、まだ言うか、だが身体は正直みたいだなぁ……いぃだろぉ嬢ちゃん。そんなに欲しけりゃくれてやるよ。追加信号……Strong」


「いひぃ!いやぁ、いやぁめぇ…て…うっひゃ!!うっひゃひゃひゃひゃひゃ…ゲホッ!ゴホッゴホ…はぇ!?ひゃひゃひゃひゃひゃ!!!!」


「おぉおぉ愉快な事んなってんなぁ、どぉだ?開く気になったかぁ?」


「……片付いたら教えて……」


 幼気な少女をくすぐり、あまつさえ悶える姿を楽しそうに笑って見ている成人男性という通報必至の光景を前に、そっと絵美は距離を取るのだった。


〈先程は馬鹿が失礼しました。I.T.C.紙園エリです。本件はOperation Code:G-3842。
 違法時間跳躍者クロック・スミスは川村マリヤ、カラカス国立科学大学卒の25歳です。
 身長173.2cm、体重52.3kg。
 AIのデザイナンやプログラミング等の技術職をしており、代表作は上海人工智能社製GS5628-Henry、及び同社のHSシリーズ。
 両製品共に幼い少年型のAIですが、これが本人の嗜好かは不明です。予断ですが、10年前に緋雅嵯紫音を中心に進められた亜生インターフェイスFIAI開発プロジェクトにも携わっています。
 SEとしての腕は確かな様ですね。
 目ぼしい情報は今の所以上ですが、武器や武術の使用、及び習得経歴は一切不明ですので、充分に注意して下さい。
 なお、ターゲットの出現予知座標は視覚挿入されるAR拡張現実をご参照下さい。
 確保後はポイントPRDG-28でダイヤル776にコールを、時間超越電波圏は予め確保しておきます。
 ではストレートフラッシュ両名の息災と成功、厳正なる時の改変阻止を祈ります。以上〉


 ジャズシンガーにはうってつけのハスキーな女性の声が、二人の聴覚野に流れ込んだ。
 直後、法隆寺近辺の地理情報や対象出現位置のARデータ、日の入り時刻等の気象情報がインストールされ、視界をコーティング。対象出現までのカウントダウンが出現した。
 情報は揃った。「状況開始」と行きたいが、取り敢えずストレートフラッシュは打ち合わせの為に顔を見合わせる。


「いい具合に毒舌ね、エリちゃん。ノッてる」


「もぉ主将カピタン尻に敷ぃたんかよ、まだ就任して一週間だぞ、流石だな裏主将カピタン


「それ、本人が聞いたら何されるか分かったものじゃないわよ……さて、どっちやる?」


「ん~じゃ、今回は確保の方で行こぉかねぇ」


「あら、珍しくヤル気?」


「誰かさんに労働意欲を燃やせとか言われたんでなぁ」


 あらそう、と絵美は源の手首を指示して付け加える。


「ついでに遵法精神にも目覚めて欲しんだけど、無理な相談?」


 すっかり沈黙した紫姫音は、処罰信号の効果でグッタリしていた。
 こうして疲労まで感知、蓄積するのが亜生インターフェイスFIAIの技術革新を感じさせる部分だが、あの場面を終えた後では救われない。
 しかしながら、そんなハイテク極まりない物を19世紀に持って来る無神経さに、絵美は改めて呆れた。
 ちなみに彼女のWITのOSは作戦開始前にAI化以前の型に換装している。


「本日の相談窓口は受付をしゅーりょーしましたぁ」


 今一度、秋空に鈍音が響いた。

「T.T.S.」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く