話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あなたの未来を許さない

Syousa.

第七夜:07【スカー】

第七夜:07【スカー】

【ハートブレイク】がトラックの運転席、そのすぐ脇へ来たところを見計らい……小夜子はポケットから小さなスパナを取り出し、投げつけた。

 ぴゅん。

 飛んでいく銀色の輝きはすぐに【ハートブレイク】の自動防御機能の対象となり、即座に分解され、運動エネルギーを奪われ単なる金属粉と化すだろう。
 だが小夜子の目的は、スパナを敵本体へぶつけることではない。【ハートブレイク】の自動防御機能を、作動させることが目的だったのである。

 ぱっ。

 小夜子の目論見通りだ。作動圏内へと飛び込んだスパナは、【ハートブレイク】の自動防御を正常に作動させた。
 半径八十センチ程度の円周へ瞬間的に分解障壁が展開され、スパナを、周囲の地面を、周りの物を、一緒くたに塵へと変える。
 そしてその刹那。

 ぼんっ!

 とてつもなく大きな音とともに、【ハートブレイク】の全身が左側トラックの側面に叩きつけられたのだ。続けて両脇トラックの車体が「がくん」と音を立て、跪くように傾いて止まる。

 ……もうもうと埃が舞い散る中、過ぎる数秒の時。
 咄嗟に顔を背けていた小夜子が向き直ると、そこには無残な姿で横たわる【ハートブレイク】の姿。

 肉体にめぼしい外傷は無い。だが着衣は先の一瞬で下着までずたずたに引き裂かれ、半裸となっていた。そしてその身体は、もうぴくりとも動かない。

「はぁ……」

 小夜子は肺の中身を全て吐き出すように長く深い息をつき、その場へ座り込んだ。
 全身から力が抜けていく。気が抜けたことで右手の痛みが蘇り、少女の顔を歪ませた。

「……うまくいったわ」

 タイヤバースト。
 外傷や走行時の加熱、衝撃、老朽化といった様々な原因により、タイヤの構造体が内部の空気を抑えきれず、破裂する現象である。タイヤ内部には高圧の空気が充填されており、それが一度に解放されてしまえれば大変な破壊力を持つのだ。
 小型車両でも十分に危険な現象だが……大型車両用タイヤが破裂した場合、その威力は桁違いだといっていい。
 乗用車ならば、弾き飛ばされるホイールが主な死因となる。しかしトラックタイヤの場合、近くにいる人間はその衝撃波だけで死に至るのだ。

 つまり小夜子は【ハートブレイク】の自動防御を誘発し、すぐ両脇に位置していたトラックタイヤの構造体を、一度に分解させたのである。
 その結果【ハートブレイク】は至近距離から衝撃波を受け、内臓、脳、血管に致命的なダメージを負い即死した。
 トラックの側面に叩きつけられていたのは、既に破裂の時点で死亡していたため、自動防御がもう発動しなかったのだろう。

 対戦の舞台は、日常の社会生活が行われる空間を複製したものが多い。それに気付いていた小夜子は資料集めや調べ物の際に、労働災害の事例も多数調査しておいたのである。そしてそのことが今回、彼女を救ったのだ。

「くくく」と小夜子の口から笑いが溢れる。

 やってやった。
 やってやったわ。
 このイカサマ女め、いい気味よ。
 本当ならもっと後悔させて、もっと怯えさせてから殺してやりたかったけれど。
 即死っていうのは、残念だったわ。
 でもまあ状況的に、仕方ないわよね。

 息をつく小夜子。
 だが彼女はすぐにはっとした表情となり、左手で自分の顔を鷲掴む。ずれた眼鏡が顔へと食い込み、なおも強まる力に軋みを立てていた。

(私は今、何を考えた!?)

 胸の中の赤く、黒く、粘りを持った「何か」が急速に萎み、消え去っていく。
 自分の中に蠢いた、凶暴でおぞましい衝動。これは数々の夜が彼女の中に生み出したのか、それとも元々潜んでいたものなのか……慄いた小夜子は、頭を振って懸命に正気を取り戻そうとする。
 その耳には勝利を告げるファンファーレも、アナウンサーの声も、届いてはいなかった。



 どくん!

 鼓動と共に、小夜子の意識が復活する。

『サヨコ! 戻ってきたんだね!』

 飛びついてくるキョウカ。例によって小夜子の身体を貫通し、背後へと抜けていく。

「ええ、かなり危なかったけど。いやメチャメチャ危なかったけど。何とか勝ったわ」

 流石に疲れた顔で答える少女。
 肉体に対する損壊も疲労も、修復、回復されて実世界に送還される「対戦」だが……精神的な消耗というものは、取り戻せないのだ。

 本来であれば、今すぐにでもベッドへ倒れ込みたい。しかし小夜子には、絶対に確認しなければならないことがまだ残っている。

「【対戦成績確認】」

 小夜子の前に表示される一覧表。黒地に白文字が死亡者。白地に黒文字が生存者。

 震える指で、画面をスクロールさせる。
 もう、残っている白枠自体が少ないのだ。探すのに、苦労はしなかった。

 能力名【ガンスターヒロインズ】。戦績は、三勝〇敗四引き分け。

「えりちゃん……」

 小夜子の頬を、熱いものが流れ落ちる。
 恵梨香は今夜も生き延びていた。生き延びてくれていた。
 もう勝利数が増えていることには、何も言うまい。何も思うまい。

『エリ=チャンは生き残っているようだね』

 いつの間にか肩の上に乗っていたキョウカが、一覧を見て語りかけた。涙を拭いながら、小夜子が頷く。

(そしてもう一晩、生き残ってくれれば)

 残る対戦者は、あと四名。
【スカー】、対戦成績五勝〇敗二引き分け。
【ガンスターヒロインズ】、対戦成績三勝〇敗四引き分け。
【ペロリスト】、対戦成績二勝〇敗五引き分け。
【ライトブレイド】は対戦成績五勝〇敗一引き分け。一戦分少ないのは、今夜が不戦勝のためだ。

「あと一回」
『うん』

 おそらく、いや間違いなく。
 次の小夜子の対戦相手は【ライトブレイド】である。これを倒せば。これを殺せば。そして恵梨香が、【ペロリスト】戦を勝てば。

(いや引き分けに終わったとしても、私が次で【ペロリスト】を始末すればいいだけよ)

 そうすれば恵梨香は救われる。小夜子の戦いも、終わる。

「疲れた……」

 女神の生存を確認し安堵したことで、急激に眠気が押し寄せてきた。
 小夜子はその旨をキョウカに伝え、『今日は昼に三十分の面談時間を設けよう』と決めてからベッドへと倒れ込む。

『君は本当に頑張っているよ。ゆっくりお休み、サヨコ』

 キョウカの声を聞きながら……小夜子は、沈むように眠りへと飲まれていった。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く