話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あなたの未来を許さない

Syousa.

第七日:01【御堂小夜子】

第七日:01【御堂小夜子】

 時計を見る。表示は、「十月三十一日 土曜日 七時三十分」。

 二人が決めた待ち合わせ時間には、まだ早い。だがそれでも小夜子は手早く身支度を済ませると、玄関から外へ出る。待ち合わせ場所である、両家の中間点。既にそこでは、恵梨香が待っていた。
 足音か、気配か。歩いてくる小夜子の存在に気付き、

「おはよう、さっちゃん」

 と手をひらひらとさせながら微笑み、挨拶する恵梨香。
 その顔に、やつれた様子は無かった。肌の血色も良く、目の下のクマももうほとんど分からない。何より昨日とは違い、生気が感じられる。

 ……だが、小夜子は素直には喜べなかった。

(慣れてきたのね)

 自分でも、心当たりのある感覚である。

 恵梨香が。あの優しい恵梨香が。
 人としての枠を踏み外しつつあるのだと理解し……小夜子は自らの心臓が握り潰されるような痛みを感じていた。
 だがそれでも、それでも

「おはよう、えりちゃん!」

 無理矢理に笑顔を作り、挨拶を返す。

(いいの)

 そして恵梨香に歩み寄り、その腕にしがみついた。

(あなたが、今日もこうして生きていてくれるのだから)



 手を繋ぎ、指を絡め、並んで歩く二人。ゆっくりと。普段よりもゆっくりと。
 会話は無い。重なる手の温もりだけが、感じられる全てであった。
 何処となく楽しげな恵梨香の横顔を横目で眺めつつ、小夜子は溜め息を吐く。

(残った対戦者は、あと七人)

 六回戦開始前に十三人いた対戦者は、昨晩でほぼ半減していた。

 キョウカの予想通り不戦勝枠に入っていた【ハートブレイク】を除き、全ての対戦が引き分けなく決着をつけていたのである。
 対戦者が減っていく。それは小夜子にとり歓迎すべき状況ではあるが、そこに至るまでの経緯を想像すると、暗い気分にもなった。

(……もう「相手を殺す」対戦者しか残っていないのね。私や、えりちゃんを含め)

 もう一度息をつき、頭を振る。

(でも、そんなことよりも)

 思い出されるのは、対戦から戻った後に聞かされたキョウカの言葉だ。

『【ハウンドマスター】を倒したことにより、今夜の対戦相手は高確率で【ハートブレイク】になるだろう』

 未来妖精のアバターはそう語っていた。

 残った対戦者は七人なので、今夜は不戦勝枠が一つ発生する。だが【ハートブレイク】は既に昨晩不戦勝で六回戦を突破しているため、恐らく次にその枠が割り当てられるのは【ライトブレイド】になるだろう、というのがキョウカの予想であった。

『連中の今までのパターンから考えて、二回も不戦勝を同じ人物に割り当てるとは思えないからね』

【ハウンドマスター】を下しているとはいえ、小夜子が【能力無し】であることに変わりはない。ただの餌とは最早思われないにしても、七回戦まで勝ち抜いてきた他の強豪に比べれば、ずっと与し易い相手であるのは間違いなかった。

(そりゃあそうよね。誰だってそう思う。私だってそう思うわ)

【ハートブレイク】の担当監督者はヴァイオレット=ドゥヌエ。キョウカの話によるなら、三人娘のリーダー格だ。

『だから多分【ハートブレイク】の能力は、全対戦者の中でも特に強力なものが設定されているに違いない。いや間違いなく、最強のはずだ』

 というのが相棒の予想だった。何の能力も持たぬ小夜子が、それを打ち破らねばならないのである。

(好都合だけどね)

 そんな「最強の能力者」が、今夜は恵梨香に向かわずに済むのだ。かつ三人娘が擁する残りの【ライトブレイド】も、今夜は不戦勝枠の可能性が高い。そして【ハートブレイク】を倒せば、明日の晩はこれまた高確率で小夜子へ【ライトブレイド】がぶつけられてくるだろう。消化試合としてではなく、報復のために。
 恵梨香を守るという観点からすれば、これほど都合のいい展開はない。

(でもそんな「最強の能力者」相手に。しかも私には「能力が無い」ことを知っている相手に。勝てるのかしら)

 一瞬浮かんだ弱気な思考を、頭を振って打ち払う。

「……そうじゃない。やるのよ」

 決意が、思わず口からこぼれ出た。

「ん? どうしたの? 何するの?」

 それを聞いた恵梨香が、首を傾げて尋ねてくる。しまった、という顔で小夜子は、そっぽを向いて顔を隠した。
 が、すぐに。

「こうするんだよォォォッ!」

 と言い放ち素早く指をほどくと、恵梨香の胸を両手で思い切り揉みしだいたのだ。追加攻撃に親指で、突起があろうあたりをぐりぐりと蹂躙する。

 ずごん!

 かなり強いチョップ。その上で、思い切り耳を抓り上げられた。

「あだだだだだ。すんません、ごめんなさい。堪忍して下さい! もうあんまりしませんから!」

 許しを得るのに、三十秒程の制裁を要した。
 その後結局恵梨香は昨日と同じように、小夜子が手を放すのを認めず……学友たちに囲まれたまま、二人は今日も手繋ぎで下駄箱まで歩くこととなったのである。



 きーんこーんかーんこーん。

 土曜四限目の授業が終わり、終礼も済んだ。恵梨香からは「今日も一緒に帰ろう」と言われていたので、席を立たずに座ったまま待つことにした小夜子だが。

 ぴろりん。

 スマートフォンに、恵梨香からのSNSメッセージが入る。

《さっちゃん、ごめんね。吹田先輩と話があるので、ちょっと待っていてもらっていい?》

 生徒会の吹田先輩。恵梨香の彼氏。

(そういえば、彼のことはどうするのだろう)

 心配する小夜子ではあったものの、実際何もできることはない。彼女らは敗北と同時に死ぬこととなる上、もし勝ち抜いたとしても、この時代にはとどまれないのだから。どう足掻いても、交際を続けることなど不可能である。

(……辛いだろうな、えりちゃん)

 強い羨望と身を焦がすような嫉妬はあるものの、吹田の人格自体には悪い印象を持っていない。それ故に小夜子は、なおさら二人の境遇が不憫に思えた。

(私のことなんか放っておいて、一緒にいればいいのに)

 胸に痛みを覚えながらも、そう思う小夜子。
 だが恵梨香からのメッセージは「先に帰って」ではなく「待っていて」との御要望である。女神の信奉者として、その意向に逆らうつもりはない。

《終わったら教えてね》

 とだけ返し、小夜子はスマートフォンで資料漁りを始めた。

 ぽち、ぽち、ぽち。

 しばらく調べ物を続けるうちに級友たちはほとんどが帰宅し、教室内も閑散としてくる。
 その頃合いを見計らったのだろうか。中田姫子に加えてその取り巻き、佐藤と本田が小夜子の席までやって来たのだ。

「ミドブ、ちょっと付き合いなよ」

 顎に手を当て「ふむ」と考えこむ様子を見せる小夜子。しかし彼女はやがて姫子へ顔を向けると、その誘いに答えるのであった。

「いいわよ中田さん。でも私忙しいから、早めに済ませてね」

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く