話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あなたの未来を許さない

Syousa.

第四夜:07【御堂小夜子】

第四夜:07【御堂小夜子】

 上半身を炎に包まれた【モバイルアーマー】の様子は、すぐに変わった。
 鎧の上から、喉のあたりを掻きむしっている。ガリガリというのは、装甲同士が激しく擦れ合う音だろう。そしてひとしきり悶えた後に巨体は大きくのけぞり、

 どうっ。

 という音を立てて、背中から道路へ倒れこんだのだ。

(やった……かしら)

 塀越しに恐る恐ると、【モバイルアーマー】の姿を見る小夜子。
 残った灯油がまだ炎を大きく揺らめかせていたが、彼自身は微塵も動かない。少なくとも、無事なようには見えなかった。

 ……小夜子が使ったのは、火炎瓶だ。

 破壊された家で手に入れておいた、割って武器に使うための輸入酒瓶。それにファンヒーターの灯油を注ぎこみ台所の調味料でとろみをつけ、同じく家の中にあったシーツを用いて蓋をして、即席の火炎瓶を作ったのだ。投擲して命中すればデザイン偏重の輸入酒瓶は割れ、中の燃料が着火する。
 一発目は背面だったこともありうまく当てられなかったが……二発目以降は期待通りに命中したため、【モバイルアーマー】の顔周りを炎上させることに成功した。

【モバイルアーマー】が覆い被さってきた時、小夜子はその顔面装甲に呼吸孔があるのを見つけていた。声も息も、そこを直接通しているのを知っている。それが、彼への致命打に繋がったのだ。

 焼けた燃料が発生させた高温の燃焼ガスは、息を吸い込んだ【モバイルアーマー】の気道を焼き、肺をも焼いただろう。地獄の苦しみだ。人間がそのような目に遭えば、間違いなく死ぬ。

(死ぬはず、なのよ)

 燃え上がる【モバイルアーマー】を見つめながら、その時をじっと待つ小夜子。

 ぱんぱかぱぱぱぱーん。

 やがて鳴る、気の抜けたファンファーレ。

『Bサイド【モバイルアーマー】、死亡確認! 勝者はAサイド【スカー】! キョウカ=クリバヤシ監督者、おめでとうございます!』

「やった!」

 やっつけた!
 倒した!
 殺した!
 ……殺したんだ。

「私が」

 自分のしたことを改めて自覚した小夜子は膝をつき、塀にもたれかかる。そしてその口から、胃液を吐き出し始めた。

「おぅえぇえええええぇええええええ」

 吐く。

『五回戦は明日の午前二時から開始となります。監督者の方も、対戦者の方も、それまでゆっくりとお休み下さい。それではお疲れ様でした! また明日~!』

 止まる。また吐く。

「おうえええええええ」

 やがて小夜子の視界は暗転し、意識は闇の中へ消えていった。



 どくん!

 鼓動。小夜子の意識が復活する。
 彼女は部屋へ戻ってきたのだ。すぐ近くに、妖精姿のキョウカがふわふわと浮かんでいる。

『無事だったんだね、サヨ』
「おげえええええええええぇぇ」
『オオオゥ、シィィィット!?』

 四つん這いに倒れこみビチビチとフローリングへ嘔吐する小夜子の姿に、キョウカが驚いて飛び退いた。

『だ、大丈夫かいサヨコ』

 だが少女はキョウカへ返事をせず、

「【対戦成績確認】」

 と絞るように声を出す。すぐ小夜子の前へ投影される、対戦者の名簿一覧。彼女は血走った目でそれを一読すると、すぐに指でスクロールを開始。もう一度。また一度。そして目当ての欄を見つけ、深い息を吐くのであった。

 能力名【ガンスターヒロインズ】、監督者レジナルド=ステップニー。
 成績は、〇勝〇敗四分。白地に黒の文字。生存の証だ。
 それを確認した小夜子の目から、涙がつぅっと一筋頬を伝う。

 生きていた。
 生きていてくれた。
 生きていてくれたんだ!
 よかった。よかった。よかった!

 ああ、えりちゃん。
 大変だったでしょう?
 恐ろしかったでしょう?
 痛い目に遭わされなかった?
 泣かされなかった?

 ああ、でも偉いわ、えりちゃん。
 凄いわ、えりちゃん。
 ちゃんと、頑張ったのね。
 ちゃんと、生き延びたのね。
 嬉しい。嬉しいわ。
 私、心の底から、嬉しいわ。

「良かった。本当に、良かった」

 か細い声で、涙ながらに口にする小夜子だが。

「おうええぇえぇぇえええ」

 と再び吐き始めた。自らが焼き殺した少年のことを思い出し、胃と食道がポンプの如く内容物を排出していく。

(まだよ)

 まだだ。
 まだ折れるな、私の心。砕けるな、私の覚悟。
 これぐらいなんだ、彼女の苦しみに比べれば。
 これがどうした、彼女の悲しみに比べれば。

 大丈夫よ、えりちゃん。
 安心して、えりちゃん。
 私も、耐えてみせる。

 私は努力なんてできない。
 あなたと違って、努力の才能は無い。やりかたも知らない。
 でもね、私は耐えられる。
 あなたを想えば、耐えられる。
 努力の仕方は知らないけど、苦痛にならいくらでも耐えてみせるわ。

 えりちゃん。
 あなたのためなら私、何度地獄に落ちたって、平気よ。



『君は毎日吐くか漏らすかしているよな……おい、大丈夫か本当に』

 キョウカが心配そうに声を掛けるが、小夜子は倒れたまま反応がない。窒息と誤解した未来妖精が青くなり、少女の顔を覗き込むが。

『……寝てる』

 こうしてキョウカとの面談に確保した十五分は、結局無駄に終わることとなったのだ。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く