話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あなたの未来を許さない

Syousa.

第三夜:03【御堂小夜子】

第三夜:03【御堂小夜子】

 何故。
 何で?
 どうして?
 おかしいわ!

 混乱する意識をまとめようともせず、小夜子は涙と鼻水を垂れ流したまま、のたうち、這いずり、必死にそこから離れ始めた。

 恵梨香に自分の姿を、見られたくなかったから。
 恵梨香の姿を見たことを、知られたくなかったから。

 ぱぱぱぱぱぱぱぱっ!

 響く自動小銃の音。恵梨香がまた、威嚇射撃を行ったのだろう。

「戦いたくないの! お願いだから来ないで!」

 続けて聞こえてくる、悲痛な声。
 それに対し小夜子は身を震わせながらも、辛うじて叫びを絞り出す。

「わがっだがら! もうやめで! もういいがら! ごっぢごないで! ぜっだいにぐるなあ! ごっぢみるなあ!」

 動かぬ舌と詰まった喉で、懸命に言葉を吐き出した。うっぐ、うっぐ、と呼吸が乱れる。
 豚のように鼻を鳴らしつつ、それでも小夜子は這い続けた。

「は、はい!」

 という恵梨香の返事。
 その声を後ろにしながら、小夜子はなおもひたすらに手を動かし続ける。

 涙が止まらなかった。
 止められるはずもなかった。

 えりちゃん。
 私のえりちゃん。
 私の愛しいえりちゃん。
 可哀想なえりちゃん。

 どうしてあなたがこんなところにいるの。
 どうしてあなたがこんな目に遭うの。

 私みたいな、何もできない、何にもなれないクズとは違うでしょ?
 賢くて、優しくて、気高いあなたは、私とは違うでしょ?

 あなたは、何も悪いことなんかしてないじゃない。
 あなたは、何も謗られるようなことはしてないじゃない。

 辛かったよね? 怖かったよね?
 痛かったよね? 苦しかったよね?

 ごめんね、ずっと気付いてあげられなくて。
 ごめんね、何もしてあげられなくて。
 ごめんね。ごめんね。

 涙で小夜子の視界はゼロになっていた。
 鼻水と乱れた呼吸で、酸素供給もままならない。

 ごつん、と頭に当たる何か。
 おそらく車のバンパーだろう。だが今の彼女は見ることも叶わない。
 小夜子は手をついて上体を起こし、向きを変えるとそこに背中を預ける。
 これ以上動く気力は、もう少女に残っていなかった。

「うっ……ぐっ……ぐ」

 醜い声を上げながら堪えていたものが、とうとう溢れ出てしまう。
 必死に抑え付けていた感情が、ついに決壊した。

 もう我慢することなどできない。
 常識も、計算も、理性も。何もかもかなぐり捨てて、幼子のように啜り泣く。
 ずっと、ずっと、ずっと。
 時間切れが来て、対戦終了を告げるアナウンスが終わり、そして意識が闇に落とされるまで。

 小夜子の嗚咽は、ずっと続いていた。



 自室に戻されてからは、小夜子はもう泣かなかった。
 恵梨香との一枚を収めた写真立てを机から手に取り、ただ憔悴した顔で部屋の中央に座り込んで……ひたすらに虚空を見つめている。

 やがて時間が経ち、小鳥たちが囀り始めても、小夜子は動かなかった。
 新聞配達のオートバイの音が聞こえても、小夜子は動かなかった。
 窓の外が明るくなり始めた時になって、ようやく小夜子は立ち上がった。

 ……認めない。

 私のえりちゃんを、無価値だなんて。
 私の大好きなえりちゃんが、未来に繋がらないだなんて。
 私の愛するえりちゃんの、未来が無いなんて。

 えりちゃんが死ぬなんて。
 えりちゃんが殺されるなんて。
 認めない。絶対に認めない。

 未来人が何と言おうと、えりちゃんには未来があるべきなのよ。
 未来は作られるべきなのよ。

 だから認めない、許さない。

 えりちゃん、辛かったよね?
 えりちゃん、怖かったよね?

 可哀想なえりちゃん。
 一杯泣いたでしょうね。
 一杯悩んだでしょうね。

 でも大丈夫よえりちゃん。
 私がなんとかしてあげる。

 だからもうちょっとだけ、頑張ってね?
 苦しいでしょうけど。
 悲しいでしょうけど。

 私が他の対戦者を、全部殺してあげるから。
 全員私が、殺しておいてあげるから。
 あなたを、勝ち残らせてあげるから。

 だからね、もう泣かないで?
 もうちょっとだけ、我慢してね?

 未来人のクソどもが何と言おうと。
 たとえ歴史の流れがどうだろうと。
 それがあなたの未来だなんて、私は認めない。
 あなたが死ぬなんて許せない。

 私があなたを、終わらせない。
 あなたの終わりを、決めさせない。

 だから、私は。
 いいえ、私が。



 あなたの未来を許さない。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く