話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

あなたの未来を許さない

Syousa.

第三夜:02【御堂小夜子】

第三夜:02【御堂小夜子】

「返事をして下さああい!」

 す、ぱぁん! と、またショットガンらしきものの射撃音。
 どうも今度は点いていない蛍光灯が犠牲になったらしい。先程とは違う天井で火花が散り、パリン! という破砕音をも響かせていた。

(警告射撃? 本当に戦う気はないの、かしら)

 相手は不戦を強調している。しているが、冗談ではない。返答なんかできるものか。そう小夜子は思った。
 あんな武器を持つ相手に声を上げて、自分の居場所を知らせるなど、あまりにもリスクが高すぎるのだ。
 確かに相手は〇勝であり、今まで誰も殺していない。しかしそれはあくまで昨晩までの話であり、今日のこれが罠でないという保証など、何処にも存在はしないのである。

「【能力内容確認】」

 小夜子は小さく呟き、相手の能力確認を試みる。
 おそらく相手の能力は、銃器生成もしくは召喚能力なのだと思われた。そこでキョウカから教わった機能を用いて、それを確認しようと考えたのだ。

(今まで得られた情報と推理だけでも、書き換えられるのかしら)

 そう思いながら右手側に表示された文字列を見ると、そこには、

 能力名【ガンスターヒロインズ】
・銃器を召喚する。

 と記されていた。他の能力や条件、制限はまだ何も分からないが……これだけでも、脅威に証明書がつけられたことになる。

(やっぱりだ!)

「【残り時間確認】」

 先程の文字列は消え、今度は算用数字で「五十分二十五秒」という残時間が表示される。

(まだ後、五十分も!)

 果たしてそんなにも長い時間、隠れ続けられるのだろうか?
 不安と焦り、恐怖が寄ってたかって、小夜子の胃を握り潰すべく爪を立てていた。



 あれからも【ガンスターヒロインズ】は、不定期に威嚇射撃を続けていた。そのため天井だけでなく、周囲の車の窓ガラスやサイドミラーといったものも粉砕されている。
 当初は打ち尽くせば相手が無力化されるのではないか……という希望的観測もしたが、どうもこの現状を鑑みると、弾切れはないのかもしれない。希望的観測は、希望のままで終わりそうだ。だがそれでも、時間は稼げている。

(これならこれで、いい)

 自身に言い聞かせるように心の中で呟き、車のボディへそっと背中を預ける小夜子。

 そしてそれから何分か、何十分か……息を潜めて様子を窺ううちに、【ガンスターヒロインズ】による警告射撃は、もう止んでいた。
 向こうもようやく、同じ場所で居場所を知らせ続ける危険に気付いたのだろう。位置を変えるため、動き始めたらしい。

 誰も動かなければ、何も物音がしない戦場である。散乱したガラス片やプラスチック片を踏みしめる、しゃり、しゃり、という音が小夜子の耳にも小さく入ってきた。

(ひょっとしたら、誘導灯の明かりで相手の姿が確認できるかもしれない)

 そう思ってバンの後ろに身を隠しつつ、頭だけを出して【ガンスターヒロインズ】がいるとおぼしき方向へ視線を向ける。
 相手が移動する音は、まだ微かに聞こえ続けていた。だが誘導灯の明かりの中には、【ガンスターヒロインズ】の姿は入ってこない。

(まあこの状況で明かりの下なんかに来ないわよね。常識的に考えて)

 再びバンの後ろへ小夜子が隠れようした瞬間に、「ごん」という音。
 そして直後に、

 ふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁん!!

 大音量で警告音が鳴り響き、一台の高級そうな乗用車のヘッドライトが点灯する。車内からも回転灯のような光が広がり、周囲を照らし出したのだ。
 おそらく【ガンスターヒロインズ】がうっかりと、身体か銃でもぶつけてしまったのだろう。それで、車の防犯装置が作動したに違いない。よりによって警報発動時は派手にライトまで付くような、そんなカスタマイズを加えた車輌の。

「きゃああっ!」

 絹を裂くような悲鳴を上げながら、【ガンスターヒロインズ】がよろけて歩み出た。突然のことに驚き、思わずの動作なのだろう。
 しかしそこは丁度非常灯の下であり、そして点灯した高級車のライトが、明るく照らす範囲でもあった。

(え?)

 ……何で?
 小夜子は自らの目を疑った。
 脳は理解を拒絶した。

 見覚えのある、紺色のセーラー。
 すらりと伸びた長身。長く綺麗な黒髪。
 麗しく、美しい顔。

 ありえない、と小夜子の意識は連呼する。
 だが見間違えるはずがない。
 見紛うはずもない。

 どうして、声だけで気付かなかったのか?
 いくら極限状態とはいえ、何故分からなかったのか?

 予想もしなかったからだ。
 いるはずがない。彼女が選ばれるわけがない。
 彼女は、選ばれてしまった自分たちとは対極にある人間なのだから。
 だからその可能性は、始めから思考の埒外にあったのだ。

 自らの愚かさを呪う小夜子の目から、涙が筋となって伝う。
 声を必死に堪え、少女は自らの口蓋を押し潰さんばかりに押さえつける。

 瞳に映る【ガンスターヒロインズ】。
 彼女の名前を、小夜子はよく知っている。誰よりもよく知っている。

 その名を聞くだけで、小夜子の身体は温かいもので満たされ。
 その名を口にするだけで、心は躍った。

 親愛の情を込めて、何度呼んだことだろう。
 恋慕の情を込めて、幾度胸中で呟いたことだろう。

 ……彼女の名は、長野恵梨香。
 小夜子の想い人である。

「あなたの未来を許さない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く