リライト ・ ファンタジー

アオピーナ

二章 四話「犬猿」



    もはや、これが自分にとってはオーソドックスな陣形なのか、はたまた運命に近い偶然なのか。そんな一抹の疑問を抱きつつ、背中を預けた相棒が作り出す高速世界に振り回されながら、自身も防御と射撃に徹する。

「パターンはあんまり変わってないね……これなら、速さで掻き回して殲滅出来る」

「後ろも変わらねぇ。今んとこ、盾で充分だ」

    イェローズの持つ聖力──《スキップアウト》の効果によって、いくら聖力者に対抗するためのプログラミングが施されている《械獣》でさえも、彼女──いや、背中に接着しているフィソフも含め、視界に入れた時には既に残像にしか見えない程の速さで、飛行しながら襲いかかってくる猟犬達を斬り刻んでいる。
    一見、背後が手薄に見えるが、その点についてはこの陣形の立案者であるフィソフがインナーと自身の右腕を、《リライト》でそれぞれ巨大な盾と銃器に書き換えているため、防御と砲撃が可能だ。

『────』

    行動の指示や呻き声を上げるまもなく、猟犬達はその華奢な機体を真っ二つに切断され、墜落していく。
    例え、弾丸の雨が二人に襲いかかろうとも、前の少女はそれを速さで置き去りにし、後ろの少年は物理的にガードする。イェローズからしたら、積荷を背負っている状態に等しいが、フィソフの書き換えによる減量や自身の技術もあり、半ば阿吽の呼吸で撃墜の嵐を巻き起こしていくのだった。

『お二人のコンビネーション、実にお見事です。先程までの中だるみが嘘の様な戦力。ワタクシ、感動しました』

「別に中だるみしてねぇけど?    調子悪かっただけだけど?」

「きゃはっ!    それについては同感だね!   それで、そっちこそいいのかな?」

『……?    何がでしょうか』

    妖精の様な羽が淡い緑の粒子を振りまき、それに呼応してイェローズがツインテールを踊らせながら、目まぐるしい移動を繰り返し、その都度、剣撃の乱舞を繰り広げる。フィソフも、そんな彼女に負けんじと銃器と化した右腕の銃口を、まるでシューティングゲームでもプレイしているかのように、照準を定めては放ち、照準を定めては放つ動作を自然の数倍の速度で行っている。

    そんな中、《守護械獣統括プログラム》を自称する機械音声が、息ぴったりな二人の戦いぶりを見て感嘆の声を漏らす。そんな無機質なプログラム様に、イェローズが皮肉を込めて相手の劣勢さを指摘しようとするも、当の相手は意にも介していない様子で返事を返す。

「あんた、気付いてないの?    可愛い犬さん達の数は一向に減ってるままだよ?」

『その点についてはご心配なく──』

「──?」

    決して、心配している訳では無いが、先程の機械蛇との戦いでフィソフのデータは多少なりとも得た筈だ。
    イェローズの聖力に関しては、もしかすると同じ《機械都市》に存在していることから、こちらの方が対策は簡単に打てる筈だ。そういった点を踏まえて、敵の戦力を聞き出すことに徹していく。しかし、プログラムの態度は変わらず、それどころか──、


「ッ──!?」

    衝撃。それもいきなり複数で、威力もそれなりにあって──、

『「犬猿の仲」ということわざがあるでしょう?    この場には犬しか居ませんでしたが……それでは味気無いということで、猿も置いてみることにしてみました。ことわざに沿ってね』

「え、何?    猿がどうしたの?」

「気にすんな、野蛮なお猿さん達が乱入してきただけだ!」

「意味分かんないんだけど!?」

    盾に走った衝撃の正体は、プログラムが言っていた通り、「猿」によるものだった。猟犬に気を取られていたからか、それとも、単純に猿の速さが常軌を逸していたのか。どちらにせよ、敵が増えたことは事実だ。
    
    不意打ちをくれた三匹──否、三体の「機械猿」をひとまず撃破し、慌てて辺りを見渡す。

「ここは動物園かよ……」

    呆れながらそう呟いてしまうのも無理はない。何せ、これで三種類目の動物をモチーフとした機械獣が出現し、その数は犬と同等かそれ以上なのだ。

    人の腕程の長さを持つ長く鋭い爪を持ち、機械犬と違って跳躍力や機動性も優れそうな全体図。猿はその四肢を駆使して、木や建物を伝っている動作で有名だ。それを表現するためか、驚くことに、機械犬に追加されていた「羽」のように、機械猿には「ワイヤー」が追加され、それを彼らは手のひらから放出し、壁にぶら下がっているのだった。いや、壁のみではなく、

『さあ、犬に負けない活躍をお見せして差し上げて下さい』

    突如天井や壁から出現した、大量の柱。次々と現れてくる猿達はそれにワイヤーを付け、臨戦態勢に入っていくのだった。
    しかし、何よりもフィソフとイェローズを驚愕させたのは──、

「あのさ……数、多くない?」

「確かに、これはちとやべぇ……」

    機械犬の数を優に超える程の大所帯。
    耳障りな甲高い鳴き声と、赤い光がつい先程までと比べて倍以上の数に変貌を遂げ、その事実に二人は戦慄する。

    ──だが、

「犬に猿が増えても関係ねぇな」

「だね」

「それに、犬猿の仲っていやぁ俺らも似たようなもんだし」

「犬猿っていうか、殺し屋とその標的?」

「俺殺されるじゃん!?」

    と、依然変わらない様子でお決まりのやり取りをする二人。別に、意にも介していないという訳ではない。ただ、一人血だまりの中、死を待つだけという状況でも無ければ、絶対の存在を前に無力に立ち尽くしている状況でも無い。今は頼れる「戦友」が居るという事実がフィソフに微かな余裕をもたらしているのだ。それは恐らく、イェローズも同じだろう。そう願いたい。

『キキキ──キィィィィィ!!』

    甲高い鳴き声を上げ、猿の群れが襲いかかってくる。

「な、め、ん──な!」

「おらぁぁぁぁぁっ!」

    それを、イェローズはリズム良く斬り刻んでいき、フィソフも同調して白いビームを放ちながら、猟犬諸共撃破していく。
    
『キ、キ、キルルルル──』

『アシ、ヒッパルナ、エモノ、ヨコドリスルナ』

    猿の群れによる集団攻撃に続き、猟犬達も弾丸の雨を止ませることはない。それも音速の回避と盾によって無意味と化すのだが。

「──なっ!?」


    ──そして、そう思った途端に足下はすくわれる。

「あ──ああああああああっっ!」

「イェロ──がっ!?    あがぁぁぁっ!」

『キキキ、デンキ、マネシテミター』

    ワイヤーの様な何かを身体に付けられ、それを認識した途端にそれはやってきた。
    世界が一瞬だけモノクロと化し、同時に訪れた、全身が針で刺されるかのような激痛。乾いた音と走る光を見て、肉体を侵食したのは極度の「電撃」だということを遅れて理解する。

「ぐっ──こ……んの!」

    五感と全身が電流に侵される中、出せる最大限の力を振り絞って、イェローズが付けられたワイヤーを切断する。しかし、電流は止まない。

「リ……ライ……ト──」

    フィソフも何とか消えかける意識を、唇を噛みちぎることで保ち、この状態の回復をイメージして具現化する。
    
「はぁ、はぁ……くっ」

    電撃が止み終わるや否や、イェローズが悔しげに奥歯を噛んで、まずは電撃攻撃を仕掛けてきた猿達を、そしてその周りに居る犬と猿達に、再び加速して斬撃を重ねていく。
    その間にも、数体の猿の電撃ワイヤーがこちらを捕えんとしている。

「させっかよ!」

    ワイヤーが自分とイェローズに届く刹那、すかさず《リライト》を発動する。その対象は、ワイヤーを放った五体の猿で、内容は標的のすり替えだ。
    神の悪戯でも受けたかのように、ワイヤーは纒わり付く相手の変更を余儀なくされ、直後、お互いがお互いに電撃を走らせる形になる。

「助かったよ」

「どういたしまして」

    フィソフのファインプレーに対しての短い感謝に、彼もまた短い返答で応じる。しかし、今はそのことに突っ込む余裕もない。なぜなら、先程機械猿が言っていたことが脳裏を過ぎったからだ。

「あの猿、電撃を真似してみたって言ってた。あれは、俺がさっき蛇に食らわせた攻撃に似てる……どうやら、物真似が上手いらしいぜ」

「ってことは、元を辿ればフィソフのせいってことになるね……後で殺そ」

「怖えぇよっ!」

    理不尽な結論に至られ、殺害予告を受けたことに対して身震いする。そして、その間にも効率的な、電撃ワイヤーの対抗策を練っていく。
    今やったみたいに、敵をすり替える方法、または、ワイヤー自体を書き換える方法だってある。しかし、猟犬の放つ銃撃や猿の単純な近接攻撃の脅威が消えた訳では無い。

「──とすると……」

「フィソフ、物理的な攻撃より無力化の方が効率がいいと思うんだけど」

「だよな。俺もそう思った……だとしたら、お前はスタルチスにやったみたいに消耗を加速させんのか?」

「そうなるけど……」

    アザミール邸での戦いで、イェローズは聖力をスタルチス──正しくは、自身のピクシー ・ フェザーを最初の対象とし、《スキップ アウト》によって起こる事象そのものが、《リライト》で模倣していたフィソフにもその効果が適用され、その結果スタルチスの《ヘヴンズ ・ フォトン》の消耗速度が一気に加速してガス欠になったというものだった。
    確かに、あの時の様な手法をとればこの空間に居る機械の犬と猿達は、恐らく無力化可能だろう。しかし、当然リスクは高く──、

「この数をお前一人にやらせんのは、流石にキツいだろ。だから、半分に分けよう」

「……なんか、ありがとう。んじゃあ、フィソフはもう半分?」

「そうだな。機能している状態を──って言いたいところだけど……」

    ワイヤーや弾丸を寄せ付けないように、音と敵を置き去りにしながら飛行し、斬撃を与え、大砲が火を噴く。そういった目まぐるしい攻防を繰り広げていく中で、背中合わせの作戦会議が行われている。
    イェローズの負担のことを考慮し、聖力を使った大規模な無力化は均等に分けるというフィソフの提案に、彼女は少し顔を赤らめて返すが、直後のフィソフの歯切れの悪い言い方に、今度は眉をひそめる。

「何か、問題あるの?」

「ああ……ちょっとな」

    ますます歯切れが悪くなるフィソフに、イェローズは潜めた眉をさらに寄せていく。

「はっきりしてよ!    びびってる場合じゃ──」

「プログラムさぁん!    トイレってどこですかぁ〜!!」

「──はぁぁッッ!?」

    一言で言えば、意味が分からない。それが今この瞬間、フィソフの奇行を目にしたイェローズの心情であった。たった今、真剣に対抗策の話し合いをしていた筈。確かに、ちょくちょくふざけたりする場面はあったが、それも適材適所を踏まえた上での行為であることは、この短時間の付き合いでも分かる。

『何と愚かな発言……場を弁えるべきでは──』

「いやぁ、悪い悪い。こうでもしないとさ……」

    だから、こういった場面において、全くの無関係な行動はしないと──、

『キ、キキ……?    スコシ、オカシイ──?』

「あんたの気を引くことが出来ないじゃん?」

    その無関係と思われる行動すら、戦いに取り入れるような性格だということをたった今、彼の悪戯に微笑む顔を見て理解した。
    そして──、


「敵が……落ちてく……」


    改めて、《リライト》という聖力の使い勝手の良さを理解した。





    



    

「リライト ・ ファンタジー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く